FC2ブログ
topimage

2019-08

相方さんの性格って実は.... - 2016.06.21 Tue

一足早く私のお母さんが日本へと帰国し、


私、相方さん、相方さんのお母さんと、
3人になりましたので宿の方も、、、

あ、失礼いたしました、、、

ホテルの方もお引越ししましたよ!



『宿』とか言うのはバックパッカーぐらいですからね!



今はまだ私達、こっち側の旅行者なんでした!




今回のホテルは素敵な中庭付き!



当たり前のようにウォーターサーバーも装備されていて、
高山病にかかった人用の酸素マスクまで準備されていましたよ!



さすが。



心置きなく高山病にもかかれますね。




でもそんな素敵ホテルに泊まれるのも今日で最後!




明日には相方さんのお母さんも日本に帰られてしまいます(;_;)


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村







相方さんのお母さんのペルー滞在最終日。



今更もう高山病にかかる事もなく、
素敵ホテルの酸素マスクを使用するチャンスにも恵まれないまま、

泣く泣くチェックアウトを済ませた私達。




でも相方さんのお母さんのフライト時間まではまだまだ時間があったので、
そのままホテルに荷物を預かっていてもらい、




クリストブランコの丘というところにやってきました!



アルマス広場からタクシーで往復30ソル(約1000円)



白いキリスト様がクスコの町を優しく見守るこちらの丘。



このキリスト様、下のクスコの町からもいつも見えていて、実は前々から気になる存在ではありました。





そんなクリストブランコの丘からは、

素晴らしきクスコのパノラマ絶景が見渡せます!!



やっぱりクスコに来たら、
この赤茶屋根の景色だけは絶対に見ておくべき景色だと思います!!




私達の勝手かもしれませんが、
お母さん達にも絶対にこの景色だけは見ておいてほしかった!



そして親子ショットも撮れて満足です!(私が)




このクリストブランコの横にはちょっとしたインカ遺跡もありましたよ!






たぶんサクサイワマンとかいう遺跡かな?
知らん!



なんせもうこの時の私達は、
“マチュピチュ済”ですからね。

ちょっとやそっとの遺跡では驚きません。




あとはたまに、その辺の道端にアルパカがいる。






それがクスコという町です。




クリストブランコの丘に行った後は、
アルマス広場のスタバへ行き、
店員さんの適当っぷりやトイレの汚れっぷりに、

「スタバの社長が怒ってくんで!」

などといちゃもんを付け、




いよいよ最後のクスコ観光を終えました。




そしてフライト時間よりは少し早めにクスコの空港へ行き、
その足で私達が向った先は、、、



クスコの空港ラウンジ!



なんと、相方さんのお母さんもこの旅行に合わせてプライオリティカードを作ってきていたみたいで、3人で飛行機の時間までラウンジでゆったりと過ごします。




実は昨日私のお母さんを見送った後もここでお茶して帰ったので、
私と相方さんにいたってはここへ来るのは3回目!



何度も言います。

プライオリティカードだけは本当に作っておいて良かったぜ!





そんなこんなでいよいよ相方さんのお母さんが日本へと向けて飛び立つ時間も迫ってきてしまいました!




今まで相方さんの実家には何度もお邪魔させてもらっていたので、相方さんの御家族とも何度もお会いした事はありました。




でもこれまでは実家にお邪魔させてもらうということで、いつも緊張していた私。




でも今回相方さんのお母さんとも一緒に旅行させてもらえて、

いつもニコニコされてて優しいお母さんの人柄のお陰で、全く緊張することなく楽しませてもらえました!(*^^*)




色んな話も聞かせてもらえて楽しかった~!!




むしろもっと気使えよ!って感じてしたよねきっと...(;´∀`)

電車の中で寝たりとか....
お腹痛いとぐずったりとか....
私が買ったお土産持って帰ってもらったりとか....





あと、今回の旅行で一番思ったのが、



相方さんの性格は、お母さんそっくりだということ!



私も人の事を言えませんが、
ホント二人を見ていると、
親子やなぁ~!って思いました!笑




すいません。見てて、面白かったです!笑





そして私のお母さんと同様、
相方さんのお母さんもこれから一人で、

クスコ→リマ→ロスアンゼルス→関空と、

3回も乗り継ぎをして帰らないといけません!




昨日私が自分のお母さんのことをかなり心配しているのを見て、

「大丈夫やって!なんとかなるよ!」

とか言ってた相方さんですが、




いざ自分のお母さんを見送った後は、

「大丈夫かな....?めっちゃ心配なもんやな....。」

って、めちゃくちゃ心配していましたよ!!




そしてそこから約30時間後、
私のLINEに相方さんのお母さんから、

「帰ってきたよ~!」

とメッセージが来た時は、
(相方さんのLINE IDは諸事情により消滅したため。)




「ふ~ん。」

とか言って平然を装っていましたが、
内心めちゃくちゃ安心していたと思います!(o´艸`)




そんなこんなでお二人共、
無事に日本に帰れて本当に良かったです!!




という訳でこれにて、




お母さん達と行くマチュピチュへの旅、


完!




あ~楽しかった~!!
お母様達、どうもお疲れ様でしたm(_ _)m










今日も読んでくれてありがとうございます。


ブログランキングに参加しています!


最後に応援クリック!
押してもらえると嬉しいです(^^)
↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



現在23位!

皆様からの応援クリックが、
ブログを書くモチベーションになっています!



1日1回、上のバナーをクリックしていただくと、ポイントが入ってランキングが上がるシステムになっていますので、どうぞよろしくお願いします!!


コメントもお気軽にしていただけると嬉しいです(*^ω^*)



母との旅、クライマックス!! - 2016.06.20 Mon

小学生の時以来、久々の母との登山に懐かしさと喜びを感じ、



その圧倒的な知名度に劣ることのないぐらい素晴らしい景観を見せてくれたマチュピチュに大満足した次の日、



再びペルーレイルの電車に乗ってクスコへと帰ります!



帰りはビスタドームではなく、
一番下のランクの電車にしたんですが、
それでも天上にも窓があってかなり快適な電車でしたよ!



もはやビスタドームとどう違うのかもあんまり分からないぐらい。



電車の壁に描かれたインカっぽい絵もなんか可愛かったですしね!



うん。私好きやな。
インカっぽい絵。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村









さてさて、

行きはクスコのポロイ駅からマチュピチュ村へと向かった私達ですが、

帰りはポロイ駅までは戻らず、
もっと手前のオリャンタンタイボという変な名前の町に降り立った私達。





というのも実は、
オリャンタンタイボ~クスコの間にも、
様々な遺跡や見所があるということで、




せっかくだったら4人で車をチャーターして、

色んなスポットに寄り道しながらクスコまで帰ろうという作戦です!!




せっかくお母さん達にペルーまで来てもらっている訳ですからね!

この短い期間の間でも、マチュピチュだけじゃなくて出来るだけ色んな所に行って、ちょっとでもペルーを満喫してもらいたいですもんね(*^^*)




そんな訳で私達は、

・オリャンタンタイボ遺跡
・モライ遺跡
・マラス塩田


の3ヶ所に寄ってからクスコに帰ってもらえるように、チャーターの車と交渉開始です!




すると1人目のドライバーは初め4人で180ソル(約6000円)と言ってきたのですが、

それは少し高いと交渉してみると、
一気に140ソル(約4600円)に値下げしてくれました!




140ソルならまぁまぁ許容範囲かな....?
と思い、それで行こうかと思った瞬間、

別のタクシードライバーがボソッと「120ソル....」と声を掛けてきました。




え!120ソル?!Σ(・ω・ノ)ノ

当然安い方がいいので、そちらのドライバーの方に行こうとした瞬間、




「おいおい!ちょっとお前何言ってんだ?!俺達が先に見つけた客だぞ!!」

と言わんばかりに喧嘩をしだしたドライバー達!!




周りで見ていた仲間のドライバー達も駆け寄ってきて言い争いが始まってしまいました!




「さぁさぁ君達!早くこっちの車に乗りたまえ!さぁ行くよ!!」

とばかりに一番初めに交渉したドライバーが私達の荷物を持って運ぼうとしたので、




「いや、向こうの方が120ソルで安いし向こうの車で行くよ!!」

と、そこは強気に出た私達。




すると慌てて、一番初めに交渉したドライバーの仲間が、

「よし!100ソル(約3300円)だ!100ソルでいいよ!」

と言ってきました!!





交渉成立です。




一番初めに180ソルと言われていたのに、
最終的に100ソルまで下がりましたよ。
ほぼ半額です。




しかしてっきり一番初めに交渉したドライバーの運転で行くのかと思いきや、
途中から「100ソルだ!」と言ってきた仲間のおっちゃんの車に乗せられた私達。




まぁ100ソルで行ってくれると言ってるし、安全運転で行ってくれれば誰でもいいんですが。




ところが....

車が発進してしばらく走っても、
初めの目的地であるはずのオリャンタンタイボ遺跡になかなか到着しません。




オリャンタンタイボ駅から遺跡まではそんなに遠くないはずなので、そろそろ到着してもいいはずなのに....?




嫌な予感がして、ドライバーに、

「オリャンタンタイボ遺跡はまだ着かないんですか??」

と尋ねてみると、、、




「へ?オリャンタンタイボ遺跡?そんなのもう通り過ぎたよ?(・∀・)」

と言われました。




「え?!通り過ぎた?!じゃ~今はどこに向かってるの!?」




「へ?クスコだよ?(・∀・)」





いや....

ちょっと待て待て待て!!!Σ(-∀-ノ)ノ



このオッサン!途中から急に話に割り込んできたと思ったら、どうやら私達の行き先をちゃんと把握せずに勝手にクスコにそのまま帰ると思い込んでいたようです!!




危ない危ない!!
危うくこのまま真っ直ぐクスコに帰らされる所でした!!




なので慌てて本来私達は色々寄りながらクスコに帰るつもりで話を進めていた旨を伝えると、、、




「何?!それだったら料金は140ソルだ!それにもうオリャンタンタイボ遺跡は通り過ぎたので戻れない!」

と言い出しました!!




はぁ?!(╬ ಠ 益ಠ)

何言ってんやこのオッサン!!
140やったら初めっからこの車には乗らんかったし!
しかもアンタの勘違いで勝手にクスコに帰ろうとしてただけで、私達は初めからオリャンタンタイボ遺跡他、色んな場所に寄りながら帰りたいっていう話で進めてたし!!!




もうそこからは車内でオッサンとの本気の口喧嘩の幕開けです!!




車内には自分達の母親も乗っているという事を忘れて、母親の前で本気で切れまくる私と相方さん!!




その結果....



おっちゃんちょっと涙目になってた....。



あれ....?ごめん....。
ちょっと言い過ぎた....?(;´д`)



なので結局、料金は130ソル(約4300円)にしてもらい、オリャンタンタイボ遺跡にも戻ってもらう事になりました。





ちょっともう....

こういう旅人っぽいやり取り、今は全然必要ないんですけど....。

お陰でお母さん達もめっちゃ不安そうにしていましたよ。






そんな、ひと悶着ありながらもなんとかやってきました!

オリャンタンタイボ遺跡!




しかし来てみてビックリ!
なんとこちら、入場料1人70ソル!(約2300円)



た....高っ!!!



しかも外から見たこの感じ....



マチュピチュで散々見てきたあの感じと似てる....。



「どうする....?入る....?」

「....。」



って事で....
あれだけドライバーのおっちゃんに引き返せと怒鳴っておいたくせに....



オリャンタンタイボ遺跡には入らないっていうね!(;´∀`)



ドライバーのおっちゃんとは1時間後に再び落ち合う約束をしていたので、
それまでゆっくり茶をしばいて過ごすっていうね!



それでもおっちゃんにはいかにも遺跡を堪能してきたかの如く、

「ソービューティフル!(;´∀`)」

とか言いながら再び車に乗り込みましたよ!
あ~怖い怖い。





では次行きましょう!




続いて私達が目指すのは、

モライ遺跡という場所なんですが、



そこへ向かう迄の道がもう....



超絶絶景続き!


断崖絶壁の山道をグングングングン登って行っていたんですが、

そこから見える景色が美しすぎて、
アンデスの自然の雄大さを思う存分感じる事が出来ました!!




これだけでも帰りは車で帰る方法を選択して良かったなって思えます!




時には雪を被った6000m級の山も拝めたり。




この時は冷静を装っているように見せかけて、後から聞いたら私のお母さんはこの時に見えた絶景の数々が、今回の旅行の中でも上位に感動したと言っていましたよ!





そうしてたどり着いたモライ遺跡の姿がこちら!



ここもインカ時代の遺跡で、
『モライ』とはケチュア語で『丸くへこんだ所』という意味なんだそうです。

そのまんまやないかです!



ここも入場料がいくらか掛かりましたが、外から見るだけでも十分楽しめたのでここも中には入りませんでした(;´∀`)




でもこのモライ遺跡、
実際に来るまではそんなに大した事ないんじゃないかと思っていましたが、



現物を見てみるとなかなかかっこいいー!



凄く綺麗な円で、マチュピチュもそうでしたが、インカ時代の人が造る建造物って、かなりの大昔の筈なのに凄く几帳面に造られているなって思います。




ちなみにこのモライ遺跡がインカ時代、
何に使われていたと思いますか??



それは実は、

円形の棚田だそうです!



こうやって棚田を円形にする事によって、
棚田の最上部と最下部で5~10℃ぐらいの温度差が出来るらしく、その温度差を利用して異なる環境で育つ作物を育てていたんだそうです!



頭いい~!!




遺跡の周りにはゆる~い雰囲気のお土産屋さんもチラホラ出ていましたよ!





羊飼いのおばちゃん。



ペルーの田舎の風景といい、
おばちゃんの民族衣装といい、
そこにいてくれるだけで絵になりますね。






そしてそして、
次に私達がやって来ましたのは、

マラス塩田!



私と相方さんにとっては2回目のマラス塩田。


でもここも素晴らしい風景だったので、
お母さん達にも見てもらいたいと思ってもう一度やって来ました!



2回目でも素晴らしい景色!





今回はドライバーのおっちゃんが、
遠目からでも綺麗に見える展望スポットにも連れて行ってくれましたよ!



こうして見るとめちゃくちゃ広い塩田ですね!!


前回来た時はこの塩田沿いをずーっとトレッキングさせられて相方さんが拗ねていたのを思い出します(o´艸`)


今回は行きも帰りも車で送ってもらえて良かったね~。笑







そんなこんなで、
沢山の見所を押さえることも出来たし、
途中に見えたアンデスの風景も絶景続きで素晴らしかったし、



大満足でクスコまで帰って来ることが出来ました!(*^^*)



なので頑張ってくれたドライバーのおっちゃんには、初めの言い値通り140ソルを払いましたよ!

おっちゃんも嬉しそうでした!
泣かせてごめんよ~....。






そうやって3日ぶりに帰ってきましたクスコ。



相変わらずの美しさ健在。




マチュピチュ村から色んな所に寄りながら帰ってきたので、疲れてはいたと思うんですが、

今晩がお母さんとクスコで過ごす最後の夜です!!



仕事の都合で相方さんのお母さんよりも1日早く日本に帰らなければならないお母さん。

もう明日帰るんかぁ~。
なんかめちゃくちゃ早かったな。。。





なので最後に2人で夜のクスコ散歩に行ってきました。






心なしか、来たばっかりの時よりもお母さんの表情が弾けているように見えます。





初めての海外で32時間も飛行機に乗って遥々ペルーまでやって来てくれたお母さん。



今まで外国になんてあまり興味がなさそうやったし、これを期に海外の楽しさとか色んな事を感じてくれたらいいなと思って、私も相方さんも色んなプランを練ってきましたが、



お母さんにとってこの旅行は楽しかったかな??



たぶん日本のホテルとのクオリティーの差とか、
食事事情とか、
トイレットペーパーを流せない事とか、
レストランの店員さんの対応とか、



色々と疲れた事も多かったと思います(^_^;)



でもそれも含めて、

お母さんにとっていい思い出になっていたら嬉しいな。



もう二度と海外なんて行くもんか!
って思ってたらどうしよう....?((((;゚Д゚))))笑






そして次の日、

いよいよお母さんが日本へと帰る時がやって来ました!



これから、

クスコ→リマ→ロスアンゼルス→関空と、

3回も乗り継ぎをしなければなりません!!((((;゚Д゚))))

しかも今回は1人で!!((((;゚Д゚))))




何度も書きますが、、、

心配でしかない!!



初海外でペルーから日本まで一人で帰らせるとか、わたしゃ鬼か!




お母さんを見送った後の30時間程は、


「今リマから飛行機乗った頃かな....?」

「今ロサンゼルスの空港で一人で6時間ぐらい待機してるんやろな....(;_;)」

「空港で迷子になってないかな....?」

「ちゃんと預け荷物受け取れたかな....?」

「今私は寝て起きたけど、お母さんはまだ飛行機に乗ってるのか....」


などなど....

ずーっと心配で
ずーっとソワソワしていた私。





なのでお母さんから、



このLINEが来た時は、

どれだけホッとしたことか!!




初めにマチュピチュへ誘った時は、
たぶん来ないんじゃないかと思ってたけど、

こんな風に一緒にいい思い出を作る事が出来で本当に良かった!




お母さん、
またいつか一緒に海外旅行行きましょう!!




その時は今度はお姉ちゃんも一緒に!









今日も読んでくれてありがとうございます。


ブログランキングに参加しています!


最後に応援クリック!
押してもらえると嬉しいです(^^)
↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



現在31位!

皆様からの応援クリックが、
ブログを書くモチベーションになっています!



1日1回、上のバナーをクリックしていただくと、ポイントが入ってランキングが上がるシステムになっていますので、どうぞよろしくお願いします!!


コメントもお気軽にしていただけると嬉しいです(*^ω^*)



私達のマチュピチュでの運命はいかに?! - 2016.06.18 Sat

標高2400mに位置し、
麓からはその姿を確認することは出来ず、
空中からでしかその存在を確認する事が出来ない事から“空中都市”と呼ばれる所以となった、

インカ帝国幻の都、マチュピチュ。




16世紀前半、スペイン軍によるインカ帝国の支配が始まり、それまで発展していたインカの都市はスペイン軍によってことごとく破壊し尽くされたそうです。




しかし標高2400mの尾根の上に位置するマチュピチュは、スペイン軍から見つかる事無く、奇跡的にほぼ無傷のまま破壊されずに済んだんだとか。




そしてインカ帝国の滅亡から約400年余りが経った1911年、今から約100年程前に、

草に埋もれた廃墟となって、その姿は再び発見される事となったのでした。


P5176560.jpg


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村









そんな神秘的な空中都市マチュピチュに、

いよいよ登る日がやって来ました!!






って事で早朝6時。

前日に買っておいたマチュピチュへのシャトルバスチケット(往復24ドルだったかな?)を握り締め、

駅前のバス乗り場へとやって来た私達一行。




すると、、、

P5176482.jpg

あらまぁまぁ!Σ(・ω・ノ)ノ

朝も早いというのにすでに凄い行列!!
皆様早起きですね!




実はマチュピチュには入場制限なるものがありまして、
1日に入場出来る人数が限られています。 (2500人)




その為入場チケットは事前予約が必須で、予約の時に日にちも指定しなければならず、その指定した日以外に入る事は不可能なんです。



なので、

「あ、今日天気悪いしマチュピチュ行くの明日にしよ~。」

みたいな事は出来ないって訳なんですねぇ~。




その上私達はマチュピチュ+マチュピチュ山(マチュピチュを上から見下ろせる隣の山)のセットチケットを買っていて、

マチュピチュ山の入場制限は1日400人な上に時間指定までされていて、

私達は朝の7:00~8:00の間にマチュピチュ山登山を開始しなければなりません。
(下山は何時でもOK!)




本当はマチュピチュ+ワイナピチュ山(入場制限400人)のセットチケットを買いたかったのですが、

こちらの方が人気があって、1ヶ月前には既に予約がいっぱいで買う事が出来なかったんです....(´;ω;`)

なのでワイナピチュに登りたいとお考えの人は、ご予約は出来るだけお早めにお願いいたします。←誰?






ってかこの行列....

7:00~8:00に間に合う!?((((;゚Д゚))))

と、一瞬心配しましたが、
思いの外バスはバンバン出てくれていたので、意外とスムーズに順番が回ってきましたよ!



まさかの入場に間に合わなくて母親と共に泣くハメにならなくて良かったです。





そして約20分程掛けてバスは夢の空中都市へと向けてグネグネ山道をグネグネ登って行き、



(でもゆっくりだったので酔いはしなかったですよ!)






到着しました!

マチュピチュ入口!!



そこでチケットとパスポートを提示し、
焦る気持ちを抑えながらも入場ゲートをくぐり、




ようやく見えた夢の景色は!!!




ハゥァッ!!!(;´Д`)


P5176484.jpg

し....白い!!!



真っ白!!!




これでもか!って言うぐらい、
ガッツリと霧が掛かっていて、もはや....

P5176486.jpg

何も見えねぇ....。



確かここに『マチュピチュ』という有名な遺跡があると聞いて来たんですけども....

どこですか....?




あれ....?なんかこういうの....、
ドイツのノイシュバンシュタイン城に行った時にも同じような経験をしたような....?

デジャヴ?





ってか、私達が一ヶ月以上も前から予約をし、楽しみにしていたマチュピチュへ登る日が、

まさかの....

超絶悪天候とは....!(ノД`ll)

神様の意地悪....。

お母さん達に至っては、地球の裏側の日本から遥々やって来てんだぜ?!

なんなら雨も降ってるぜ?!





でももう私達がマチュピチュへと向かう日は、just todayと決まっている訳で....

この霧がかった魔界の様な道を進むしかありません。

P5176485.jpg




という訳でとりあえずまずは、
7:00~8:00の間に登り始めないといけないと決まっているマチュピチュ山の方へと向かいますよ!

P5176487.jpg


なんとかギリギリ8:00を過ぎて、
8:10分ぐらいになっていましたけど受付の人には何も言われませんでした(^_^;)

ホッ....




この、マチュピチュ遺跡の隣にそびえ立つマチュピチュ山に登れば、

マチュピチュ遺跡を上から綺麗に見下ろせるということで、せっかくなんでセットチケットを買った訳なんですが、




このマチュピチュ山の登山道ったら....

P5176489.jpg

なっかなか険しいです!!((((;゚Д゚))))


ひたすら階段!
ひたすら上り!
しかも頂上までそれが約2時間!



しかもだんだん雨の勢いも増してきて、
霧も晴れないしこのまま頂上まで登った所でマチュピチュが綺麗に見れるかなんて分からない....。



ということで、残念ながらここで相方さんと相方さんのお母さんは登るのを断念する事にしました。。。

確かにこのまま登り続けるのもリスクが高すぎですもんね。。。




なのでここからは、
元々登山が趣味の私のお母さんと、
登山が趣味という訳ではないですが、せっかく来たからには頂上がどんなものか拝みたい私の2人だけで頂上を目指してみることにしました!



なんとか頂上に着くまでには晴れてくれる事を願います!!(>人<;)




「なんとか綺麗なマチュピチュを上から眺めたい!!」

その願いだけを胸に、
降りしきる雨の中、険しい山道を登り続ける母と子。




でもさすが普段からよく登山に行っているお母さん。

下手したら私よりも体力があるんではないか?!ってぐらいペースも速く、黙々と険しい階段を登っていきます!!




それにしても、お母さんと山に登るのはホント久しぶりやなぁ(*´ω`*)




子供の頃はよく、行きたくもない登山に無理矢理連れて行かれて、泣きながら日本の数々の山に登らされたなぁ。



お陰様で私、小学4年生で富士山登頂を経験していますからね。

あの時はもはや辛さしかなかったな....。




でも中学生ぐらいからはもうめっきり母の登山にも着いて行かなくなって、それ以降はもう一度も一緒に山なんて登っていないので、

今回の登山は本当に久しぶりで、なんだか凄く懐かしくもありました。




でもあの頃は泣きながら必死でお母さんに着いて行ってたのに、

今は私がお母さんに「大丈夫?」と声を掛けながら登っている。




そうやって大人になった今、もう一度お母さんの大好きな趣味である登山を一緒に出来て嬉しかったな(*^^*)




しかもまさかのマチュピチュで....。





そんな感じで色んな事を考えながらも、ついに!!!



頂上に到着しましたーー!

P5176491.jpg

いやぁ~、よく頑張ったぞ私達!


疲れたけどやっぱり頂上に到達した時の達成感は気持ちいいもんですね!!




ってかマチュピチュ山って標高2690mもあるんですね!!

頂上に着くまでそんな事も知らず、
ただひたすら適当に登っていました!
山をナメてはいけません。




そしてその頃にはなんとか雨も止んでくれ、




気になるここから眺めるマチュピチュの風景はといいますと、、、




コチラ!!!

バーーーーーーーン!!

P5176492.jpg

真っ白...._| ̄|○ il||li



おい、まだ私達一度もマチュピチュの姿見てないぞ。
一体どこにあるんだね....?




しかもマチュピチュと反対側の景色はこの通り!

P5176493.jpg

いい感じに霧も晴れて綺麗な風景を見せてくれています。




すると早速お母さんは、、、

「ほな降りよか(・∀・)」

と言いました。




えーーーー!?
いやちょっと待って!!
もう?!Σ(-∀-ノ)ノ





まだ頂上に着いて5分ぐらいしか経っていませんよ!?

しかもまだマチュピチュの姿だってチラリともお目にかかってない!!




もしかしてお母さん....
マチュピチュが見たいとかではなく、
ただ単に山に登りたかっただけ....?




でもそこはなんとか、もう少しだけ霧が晴れるのを待ってみようと提案する私!(;´∀`)

めっちゃ頑張ってここまで登ってきましたからね!

私はそういうんじゃないですからね!






すると!

待ち初めて30分ぐらいが経った頃でしょうか?!





あっ!

P5176494.jpg

ちょっとずつ....




P5176495.jpg

ちょっとずつ....




P5176496.jpg


マチュピチュが姿を現してくれました!!!



これには周りで待っていた他のツーリスト達からも、

「ワーーーー!!!」

と凄い歓声が上がっていました!!




マチュピチュって、結構有名過ぎて色んな所で何度も写真とかを目にしていたので、実際に見た時はそんなに感動しなかったっていう声もチラホラ聞いていたんです。




でも私達の時は、

もしかしたら今日は見れないんじゃないか....?

っていう不安もありながら待ち望んでいたので、これだけ見れただけでも凄く感動しました!!



あぁ....あのマチュピチュが....(´;ω;`)




でもその後、再びすぐに姿を消してしまったマチュピチュさん!

P5176497.jpg

クソっ!もうちょっと見たかったぜ!!!



本日のマチュピチュ、非常にもったいぶっております。




でももう下ではずーっと相方さんと相方さんのお母さんが待ってくれてるし、
いつまでもここで晴れるのを待つ訳にはいかない!




って事で、下山する決心をした私達!というか私!
お母さんはおそらく登山がしたかっただけですのでね。笑

P5176502.jpg




すると下山している途中に、

どんどん霧が晴れてきてくれました!

P5176499.jpg

ヤッター!!絶対にいつか晴れると信じてた!!ヽ(*´∀`)ノ



これには私も(たぶんお母さんも)、
嬉しくてかなりテンション上がりましたよ!!




なので下山途中の道からも何度もマチュピチュの姿を確認することが出来ました!

P5176507.jpg



P5176511.jpg




そしてようやくマチュピチュ遺跡の所まで降りてきた頃には、、、


P5176514.jpg

快晴~!!


これぞ今まで夢見たマチュピチュの姿。。。


早朝までのあの魔界のような天気が嘘のようです!!




その辺にいたリャマとも。

P5176518.jpg

いい所にいてくれてありがとう。




これにはさすがのお母さんも、

P5176527.jpg

感慨深気。


一体何を思ってるんやろう??





それにしても凄いですね。
こんなに立派な遺跡が、400年間も誰にも見つからずにひっそりと残っていたなんて。

P5176520.jpg


P5176521.jpg

400年前までは、こんな所に一つの都市があったんですもんね。。。




少々崩れているところもありますが、
それでもかなりの状態の良さ!

P5176522.jpg



もちろん遺跡の中も歩いてみましたが、
私マチュピチュ遺跡の部分部分の意味とか役割に関しては何一つ調べてなかったので、その辺全くわかりません。

P5176528.jpg



あ、でもどうやらこちらはなんか凄いありがたい岩みたいで、みんな写真撮ってたんで私も撮りました。

P5176534.jpg

うん。こんなこと書いてたらバチ当たるな。





大人気のワイナピチュ山も綺麗に見えています。

P5176533.jpg




そして、、、、


あっ!

P5176537.jpg

いた!!

相方さんとお母さん!!



長い時間、遺跡の中でずーっと待たせてしまって本当にすみません。。。

さぞかしもうマチュピチュはお腹いっぱいってぐらい堪能し過ぎたことと思います。。。





私がカメラを持って行ってたばっかりに、

「オレのマチュピチュでの写真が全然ない!!」

と言って、この後散々彼のカメラマンとして頑張りましたよ私。

P5176538.jpg


P5176544.jpg


P5176553.jpg


P5176563.jpg



お陰でマチュピチュ山登山の後に、
広い遺跡内もいーっぱい歩かされ、
めっちゃくちゃ疲れましたわたくし....。



マジで足がガクガク震えてた。






めちゃくちゃ疲れたけど、
その分思ってた以上に感動もできたし、
マチュピチュ、本当に行ってよかったな!





それにこの写真だけは、、、


P5176525.jpg


永久保存版ですね!



実は後から見直して、
なんだか感極まって何回も泣きそうになりました。



まさかお母さんと一緒にマチュピチュに行ける日が来るとは思ってもみなかった。



ホント、よくペルーまで来てくれたな。。。



ありがとうお母さん。










今日も読んでくれてありがとうございます。


ブログランキングに参加しています!


最後に応援クリック!
押してもらえると嬉しいです(^^)
↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



現在39位!

皆様からの応援クリックが、
ブログを書くモチベーションになっています!



1日1回、上のバナーをクリックしていただくと、ポイントが入ってランキングが上がるシステムになっていますので、どうぞよろしくお願いします!!


コメントもお気軽にしていただけると嬉しいです(*^ω^*)



バックパッカーなのに電車でマチュピチュに行ってすみません。 - 2016.06.15 Wed

朝起きて、



ホステルではなくホテルの朝食バイキングを優雅にいただく。



昨日までのパンにバターとコーヒーだけという質素な朝食とは違い、



ウインナーやスクランブルエッグ、
ヨーグルトに果物まで選びたい放題!




お母様達が来てくれたことにより、
私達、、、貧乏バックパッカーを卒業し、



こっち側の旅行者となりましたので(-ω☆)
(ひと時の....)


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村









という訳で今日は早速!
クスコからマチュピチュの麓にある村、

通称マチュピチュ村へと向かいますよ!
(本名、アグアスカリエンテ)




マチュピチュって実は結構、
行くだけでめちゃくちゃお金が掛かるんです。




なのでバックパッカーの人達は出来るだけ安く抑えるために、クスコからマチュピチュ村へは行ける所まではバスで行き、
そこから2,3時間かけて線路沿いを歩いてトレッキングして向かう、

俗に言う『スタンドバイミーコース』で行く人がほとんどだと思います。




昨日までの私達なら絶対にそれで行っていました。




でも今は私達、こっち側の旅行者となりましたので、




優雅に電車で向かわせていただきたいと思います(´∀`*)








って事でまずはクスコからタクシーで20分ぐらいかけてやって来ました!


ポロイ駅!

P5166446.jpg

ここからマチュピチュ村行きの列車が毎日何本も出ているんです!



もちろんチケットは事前にネットで予約していましたよ!



中の様子はなんだか空港ラウンジのような上品な雰囲気に仕上がってます!

P5166447.jpg

ここで出発までは優雅にコーヒーをたしなむ乗客の皆様。(余裕あり)

乗客は年配のヨーロピアンっぽい人が多いですね!



こんな所、私達には無縁の場所だと思っていましたが、まさか電車で優雅にマチュピチュへ向かえる日が来るなんて、、、

お母さん達の力は偉大です。

P5166449.jpg

一晩寝て、お母さん達の体調もなんとか良くなってくれたみたいで良かったです(*^^*)




そして私達が乗り込む電車は、

ペルーレイル
ビスタドームという電車です!

P5166467.jpg

天井にも窓が付いていて、アンデスの風景をパノラマで楽しみながら行けるという素敵電車!




ペルーレイルの電車はランクが3段階ぐらいに分かれていて、
一番上のランクの超豪華高級列車は片道なんと4万円超え!Σ(-∀-ノ)ノ

一体どんなセレブが乗っているのかお目にかかり、どうやってそんなにもセレブになれたのか秘訣を教えてもらいたいものです。




ちなみに私達が乗ったビスタドームは上から2番目のランクで片道10000円ぐらい!

一番下のランクの電車でさえも片道6000円ぐらいと、

確かに電車はめちゃくちゃ高いですよね(T^T)




これにマチュピチュ入場料も5000円ぐらい掛かるので、マチュピチュへ行くのってホント....
セレブの遊びですよね....。

そりゃみんな頑張って歩いて行きますよ。







でもせっかくの機会なので、
この素敵列車を存分に楽しみたいと思います!!

出発~~!!ヽ(*^^*)ノ

P5166451.jpg

表情から眩しさがめちゃめちゃ伝わってくるの図。





出発してすぐは、
ペルーの田舎町の風景から始まります。

P5166456.jpg


P5166457.jpg

簡素なトタン屋根の家を見たり、
牛やロバなどの動物を見たり、
農作業を手伝う地元の子供を見ては、


「わぁ~凄いね~!」
「わぁ~!何あれ~?!」



と言いながら、日本とは違う色々な光景に楽しそうにしているお母さん達(*^^*)



たぶん外の風景をゆったりと眺めれて、
写真も撮りやすいように敢えてゆっくりゆっくりと進んでいく電車。



外の景色に釘付けのになってず~っとず~っと眺めているお母さん達を見ていると、

この電車で行く事にして良かったなって思えます。






そしてすぐに登場した車内食!

P5166459.jpg

なんだかちゃんとペルーっぽいテーブルクロスまで敷いてくれて雰囲気を演出してくれていましたよ!



そんなにガッツリした食事というよりは、ちょっとした朝食という感じでした。



でもホテルでガッツリ朝食を食べてきた私達にはこれで十分!





それよりも、彼にとってはお母さんが持ってきてくれたこちらの方が楽しみだったみたい!

P5166466.jpg

出た!!キャベツ太郎!!


相方さんの好物ということで、
実家に帰るといつも必ずお母さんが用意してくれている物と言ったらキャベツ太郎なんだそうです!


さすがお母さん!
しっかりペルーにも持ってきてくれていましたよ!

この幸せ者めっ!





そうして景色はだんだんとアンデスの山岳地帯っぽくなってきましたよ!

P5166468.jpg


P5166469.jpg

中には雪を被った6000m級の山も見えたりして、圧巻の自然の景色です!!



この景色には、普段から登山が趣味の私のお母さんは大興奮!



よく行く長野県の景色を引き合いに出しては、

「実は長野にもこういう景色はあんねんよ!」とか、

「長野だったらどうのこうの」とか、

『長野』というワードを7000回ぐらい発していました。



まさかペルーでこんなに話題に上げられるとは、当の長野も思っていなかったと思います。



母の愛する長野県。
日本に帰ったら行ってみよう。






すると、

ん?なんだあれは!?

P5166461.jpg

山の断崖に楕円形の何かがくっついています!!



ズームで見てみると、なんと!!!

P5166464.jpg

ホテル!!((((;゚Д゚))))



なんちゅー恐ろしい所にあるホテルなんや!!

一体どうやってあの中に入るんや!?

さぞかし景色は綺麗なんでしょうが、
一体どんな根性の持ち主が泊まるんや!?



と、この話題だけでこの後30分はトークが広がりました。




世界にはまだまだ色んな珍ホテルがあるもんなんですね!






と、そうやって誰もが、滅多に乗れる訳ではないであろうビスタドームでの列車の旅を心ゆくまで楽しんでいる中、

あれ?!私....?!

P5166471.jpg

いや、違う!
寝てる訳ではないですよ!

考え事です!!



この時確か、舛添知事の公私混同問題について深く考え込んでいたような....?

あいつめ....。






そんなこんな色んなドラマがありつつも、
約3時間半の列車での旅の末、ついに到着しました!!

P5166475.jpg

マチュピチュ村!!



夢のマチュピチュまではもう目と鼻の先ですよ!




そんなマチュピチュ村の風景はと言うと、、、

P5166477.jpg



P5166478.jpg



P5166480.jpg


確かに噂通り、日本の温泉街を彷彿とさせる様な風情ある風景です。



というのもこの村の本名『アグアスカリエンテ』とは、スペイン語で『温泉』という意味らしく、実際にこの村では温泉が湧いているんですよ!



後日入りに行きましたが、
日本の温泉のようなものを想像していたお母さんにとっては、それはそれは残念そうな表情を浮かべていましたが....。

たぶんお湯の温度35度ぐらいしかないんではなかろうか....?




そんな、一見のどかな温泉地なのかと思いきや、
そこはやっぱり一大観光地マチュピチュの麓と言うことで、



お土産屋にレストランにマッサージ屋さんの勧誘等、色んな人達にガンガン声を掛けられます!!



たぶん今まで旅してきた南米の町の中で、
ここが一番日本語が話せる人率が高いと思います!!





とりあえず今日はのんびりお土産巡りでもしまして、

P5166481.jpg




いよいよ明日!!

マチュピチュに登ります!!!









今日も読んでくれてありがとうございます。


ブログランキングに参加しています!


最後に応援クリック!
押してもらえると嬉しいです(^^)
↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



現在35位!

皆様からの応援クリックが、
ブログを書くモチベーションになっています!



1日1回、上のバナーをクリックしていただくと、ポイントが入ってランキングが上がるシステムになっていますので、どうぞよろしくお願いします!!


コメントもお気軽にしていただけると嬉しいです(*^ω^*)



クスコにお母さんがやって来た!! - 2016.06.11 Sat

早朝5:30、



クスコの空港のラウンジで優雅に朝食をいただく私達。






ピザサンドにフルーツヨーグルトにカプチーノ。






こんなに豪華な朝食をフカフカのソファーに座って、サクサクのWi-Fiを使いながら無料でいただけるなんて、

プライオリティーカード様様ですね。



このカードだけは本当に旅前に作っておいて良かったものNO.1です!



そしてクスコの空港のラウンジが、
アライバルゲートの横に位置していてくれて本当に良かった!



飛行機に乗らなくたって入れちゃう!



来ようと思えば毎日ここに来て、
タダ飯食べて帰る事だって出来ますからね。

「あ、あのタダ飯の人また来てる」

といった感じで、ラウンジの人から顔を覚えられる勇気さえあればですが。





ところでこの後私達はこの空港からどこかへ飛び立つのかってですか??




いえいえ、違うんです。




実はもうすぐ、




母がクスコへとやって来るんです!!!


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村









少し前にリアルタイムでも書きましたが、



クスコと言えばあの大人気観光地、
マチュピチュへの拠点となる町です。



せっかくマチュピチュへ行くんだったら、お互いのお母さん達も誘ってみない?
という事になった私達!




それがきっかけで、

私のお母さんと相方さんのお母さんも一緒にマチュピチュに行くことになったんです(・∀・)




まさかあのマチュピチュに自分のお母さんと一緒に行く日が来るとは思ってもみなかったな....(ジーン)




ただ一つ気掛かりだったのが、
私のお母さんにとって今回の旅行が、
初海外だということ!



関空→ロスアンゼルス→リマ→クスコ

と、3回も飛行機を乗り継がなければならなかったのですが....




ちゃんと乗り継ぎ出来るかな....?


荷物の受け取りもちゃんと出来るかな....?


厳しいと言われるLAでの入国検査、ちゃんと英語で答えれるかな....?




と、心配は尽きないばかり....。



まぁ、何度も海外経験のある相方さんのお母さんも一緒なので途中まではたぶん大丈夫だろうとは思ってましたが、



リマ→クスコの便だけ、、、

相方さんのお母さんと同じ便が取れなかったんです(´;ω;`)



なのでこの飛行機だけは2人別々....。
と言っても20分ぐらいの差だけなんですけど....。




それでも実際に到着するまでは気が気じゃない私。。。

最近スマホに変えたばかりでWi-Fiの使い方なんて知るはずもない母と、途中で連絡だって取れないし....。




待ってる間ラウンジで優雅に朝ごはんとか書きましたが、本当は

心配で心配で仕方ありませんでした!!




初海外で60代のお母さんをペルーまで来させるなんて....鬼か私は!!





しかもこんな時に限って、

母が乗るはずの飛行機が遅れるっていうね....( ̄◇ ̄;)



ちょっとちょっと大丈夫!?
ちゃんとうちのお母さん乗っけて来てくれてるんでしょうね?!



そうやって到着ゲートでハラハラしながら待っていた私達!





すると、、、




あっ!!!



母発見!!!


良かった~!!!
無事にたどり着けた!!(´;ω;`)


この時はほんと、初めてのお使いを見守る母親張りにホッとしましたよ!!
もう一体誰が母なのか分かりません!




そんな、安心感で胸いっぱいになっていた私とは裏腹に、
およそ32時間にも及ぶフライトで、
すでに疲れ顔のお母さん(^_^;)

そりゃしんどいですよね。。。
お疲れ様。。。




そしてそこから15分後ぐらいには、

相方さんのお母さんも無事に到着しましたヽ(*´∀`)ノ

良かった良かったお二人とも無事に来れて!!




これにて全員集合です!!






そしてお迎えに来てくれていたホテルの送迎車に乗って、本日宿泊するホテルへと向かった私達!



そうです。
送迎車が迎えに来てくれる。
すなわち今日からは、、、



ホステルではなくホテルに泊まれるんですよ~ヽ(*´∀`)ノ

世にも素敵なお母さんマジック♡





こんなにもフワフワしたベッドで寝れるなんて、セレブか私達ぐらいやん!



って、しまった。
また既に散らかし後の写真しかないや。




しかも、こんなに素晴らしき沢山の救援物資まで!!!



ヒャ~♡

これでしばらくは日本の味で生きていけると思ったら幸せすぎる!!!



早速相方さんとあられおかき食べてとりあえず泣きました。






しかし初日の今日は、日本からいきなり標高3400mのクスコに降り立ったということで、相方さんのお母さんが恐れていた高山病に見舞われてしまい、ホテルでゆっくり休んでいてもらうことに....(´;ω;`)




なので私のお母さんと相方さんと3人で少しだけクスコ観光をしてきましたよ!



アルマス広場に、





『カミソリの刃すら通さない』と言われるインカ建築に、





アルパカに民族のおばちゃんまで!






嗚呼...今お母さんがクスコの町を歩いてる....



今まで海外になんて全く興味がなさそうやったし、
このまま一生日本から出るつもりはないんじゃないかって思ってた。

そんなお母さんが今クスコの町を歩いてるなんて、なんかめっちゃ変な感じ!




私が初めて海外旅行に行った時、

見る物全てが新鮮で、
見る物全てが日本とは違って、
その場所にいるだけでワクワクした!
看板の文字が日本語じゃないってだけで刺激的だった!
外国って実はこんなにも面白いんやなって事に気が付いた!





今お母さんはこの景色を見てどんな風に感じてるんかな??

あの時の私みたいにワクワクしてくれてるんかな??




終始自分の事よりも、
お母さんの心の中が気になってその事にワクワクする私(´∀`*)



なんかこっちまで新鮮な気分を思い出させてもらえます!





ただね、実はこの時、、、




猛烈な時差ボケに見舞われていたお母さん。



10分に一回は無意識に「眠い」という言葉を口走ってしまう状態にまで追い込まれ、
正直楽しいよりも眠い気持ちの方が勝っているのではないかな?という様子でした。。。



そりゃそうですよね。
日本とペルーの時差は14時間。
本当なら今日本は真夜中の時間帯ですからね。




普段仕事で超規則正しい生活をしているお母さんが、いきなり昼夜逆転させられたら、それはそれはキツかったと思います。




それでも今寝てしまえば夜寝れなくなってしまうということで、頑張って観光を続けた私達!





そしてここにもやって来ましたよ!



クスコの町を一望出来る絶景レストラン!
というか私達が昨日まで泊まっていた宿。









この景色にはお母さんもかなり感動した様子で、写真もバンバン撮っていましたよ(*^^*)

それを見てこっそり喜ぶ私。




しかしその直後、



ついに!!!




母、尽きる....。




という訳で、さすがに限界が来たようで、ホテルに戻ってお母さんにはゆっくりとお休みになっていただきました。





そして今度はそれとは逆に、

相方さんのお母さんの体調が少し良くなってくれたみたいなので、
うちのお母さんとバトンタッチして、

3人で夜のクスコ観光です!



今度は私がカメラ係!

なんかいいですね親子ショットって( *´艸`)



ライトアップされた夜のアルマス広場を見て、

「わぁ~キレイやねぇ~!」

と、相方さんのお母さんも喜んでくれてるみたいで嬉しかったです!




それでもまだ体調が万全ではなさそうだったので、初日の夜はクスコにあるうどん屋さん、

BOJOSANに行ってきましたよ!



クスコにも、日本の優しい食べ物を代表と言っても過言ではないであろううどんの店があってくれて本当の良かった。



日本を彷彿とさせる綺麗な店内。



メニューも日本語でが書かれてます!



なのでてっきりオーナーは日本人なのかと思いきや、
日本が大好きなフランス人なんだそうです!


なんとなく複雑な感じですね。



そして気になるお味の方は、、



日本から短期で来た人からすると、
「やっぱ日本のうどんの方が美味しいな~」と思い、


私達のような長期旅行者からすると、
「日本のうどんや!うまー!!」
ってなる感じのお味です!!





まだお母さん達と行くペルー旅行は始まったばかりですからね!!

これから徐々にペルー料理もたしなんでいただければと思います。




という訳で初日の夜はゆっくりと休んで、




いよいよ次回!!

マチュピチュへと向かいます!!ヽ(*^^*)ノ










今日も読んでくれてありがとうございます。


ブログランキングに参加しています!


最後に応援クリック!
押してもらえると嬉しいです(^^)
↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



現在37位!

皆様からの応援クリックが、
ブログを書くモチベーションになっています!



1日1回、上のバナーをクリックしていただくと、ポイントが入ってランキングが上がるシステムになっていますので、どうぞよろしくお願いします!!


コメントもお気軽にしていただけると嬉しいです(*^ω^*)



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

AYUKA

Author:AYUKA
8年間の美容師経験を経て、2013年4月から夢の世界一周旅へ出発!!
各国の景色、食べ物、人などなどを見て回るのはもちろん、旅中に出会った人達のヘアデザインもしていけたらなと思ってます♪♪

ランキングバナー

ブログ村ランキングに参加しています!!

1日1回コチラのバナーをクリックしていただけると嬉しいです!!

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (12)
私について (16)
準備 (22)
国内旅行 (3)
バリ島 (9)
上海(トランジット) (1)
タイ (31)
ラオス (10)
中国 (20)
東チベット (8)
バングラデシュ (12)
インド (39)
スペイン (20)
フランス (7)
アイスランド (8)
イギリス (6)
ドイツ (12)
フィリピン(語学留学) (16)
シンガポール (1)
オーストラリア(ワーホリ) (154)
西オーストラリアラウンド (33)
仕事(ファーム編) (18)
仕事(美容室編) (24)
タイ(2回目) (7)
マレーシア (5)
アルゼンチン (16)
パタゴニア (20)
チリ (20)
ボリビア (17)
パラグアイ (23)
ブラジル (14)
ペルー (24)
エクアドル (23)
コロンビア (23)
パナマ (3)
コスタリカ (12)
ニカラグア (6)
ホンジュラス・エルサルバドル (1)
グアテマラ (23)
メキシコ (24)
キューバ (16)
アメリカ (48)
オランダ (7)
ベルギー (5)
ポルトガル (2)
モロッコ (20)
イタリア (19)
バチカン市国 (1)
クロアチア (2)
ボスニア・ヘルツェゴビナ (5)
セルビア (3)
ハンガリー (4)
ルーマニア (4)
ウクライナ (12)
ポーランド (4)
イスラエル (9)
パレスチナ (2)
エジプト (3)
タイ(3回目) (0)
カンボジア (0)
ベトナム (0)

ルートマップ

今までのルート!

My Twitter

良かったらフォローして下さいね!!

リアルタイムでつぶやき中!!

ブログ村ランキング

今日は何位かな??

1位目指して頑張ります!!

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR