FC2ブログ
topimage

2018-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エイラットからダハブへの道中で出会ったムスリム男性。 - 2017.12.15 Fri

滞在中、毎日のようにパレスチナ問題について頭を悩まされ、
重い重い思い出いっぱいのイスラエルをついに脱出し、



続いて私達が向かうのは、、、



世界を旅する旅人の中では超有名な、
世界屈指の沈没スポット!



エジプト、【ダハブ】





本当はイスラエルの後はヨルダンにも行きたかったのですが、


ヨルダンで唯一行きたい場所といえばペトラ遺跡。


でもペトラ遺跡って今、
入場料1万円ぐらいするんですってよ!


更にヨルダンからダハブに行こうと思ったら、
フェリー代がこれまた9000円ぐらい・・。


もはやヨルダンに行くことは私達にとってセレブの遊びやん!ってことで泣く泣く諦めたのでした。。。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村








ではまずは、

エイラットのバスターミナルから15番の市内バス(4.2シェケル、約120円)に乗って、
イスラエルとエジプトの国境へと向かいます!



バスはエイラットの街中をグルグル回ってから国境に向かうので、
30~40分ぐらいかかりましたよ。



なかなか綺麗な紅海の海を眺めながら。。。



向こう岸にうっすらと見えてるのはヨルダンかな?

ヨルダン・・またいつか・・・。




そうして到着しました!

イスラエル側イミグレーション!



ふぅ~~。(深呼吸)



さて、果たして無事スムーズに出国することは出来るのでしょうか??



というのも、、、



実は私達よりも3、4日前に、
エルサレムの宿で知り会った日本人の男性がここの出国審査に引っかかり、
別室送りで荷物検査などをくまなくされて、出国するのに2時間ぐらいかかったと言っていたのです。。。

ちなみにその人、
入国審査の時も4時間ぐらいかかったんだとか。。。



そんな話を聞いていたもんだから若干ビビりながらイミグレへと向かう私達。



まず、建物の前に立っていた係員にパスポートをチェックされます。



中のスタンプを隅々までチェックしたら、

「よし、中に入っていいぞ。」



中に入ったらお次は出国税のお支払い。
両替所のようなところで出国税100シェケル(約3000円)+手数料5シェケル(約150円)を支払い、領収書をもらいます。
ついでにここで余ったシェケルをUSドルに両替もしてもらいました。
コインも替えてくれましたよ!



そしていよいよその領収書を持って出国審査へ。



全く並んではいなかったのですぐに私達の番が回ってきました。



ドキドキドキドキ・・・・・



ペラペラ~とパスポートに押されている私達の今まで集めてきた愛おしいスタンプ達に一通り目を通したら、、、



「センキュ~。」



と言って、とてもすんなりとイスラエルからの出国を許されました。。。



10秒・・。
その間10秒程の出来事。



え・・・



なんで!?
なんであの人これに2時間も要したん!?Σ( ̄□ ̄ノ)ノ




同じ日本人やのに・・。
短期旅行者で1ヵ月ぐらいの旅行で来てただけやのに・・。



相方さんと考え抜いた結果、
たぶん・・顔やな。という結論に至りました。
(※いや、本当はイランへの渡航歴があったからと思われます。)



アメリカなどもそうですが、
結局出入国審査で引っかかるかどうかは、
見た目で判断される部分が大きいというのはよく聞く話。
清潔感とか。怪しさとか。



なので新しい国へ行く時などは、
出来るだけ引っかからなさそうな顔を心掛けることをおすすめします。
(このアドバイス、いる・・?)




それにしても・・・



やった~!!
ついにイスラエル脱出~!!\(^o^)/
(失礼)



小躍りしながら、
続いてはエジプト側のイミグレへとやって来ました。



すると早速、、、
建物の前に座っていた係りの人っぽいおっちゃんに、


「おー!おー!日本人かい?ようこそエジプトへ!!あれだろ?日本語でサンキューはアリガトって言うんだろ??ちなみにアラビア語のサンキューはなんて言うか知ってるかい?シュクラーンだからね!覚えておきなよ!あとそれからそれから・・・・」


と、、、

  
めちゃめちゃフレンドリー!!



まだイミグレにすら入っていないんですけど!



来たね。
完全にアラブだここは。




ちなみにエジプトへの入国にはビザが必要なんですが、
ここでアライバルビザがもらえます。(25USドル※2017年7月現在)


ただ、空港でのアライバルビザと違って、
ここでは大使館からのレター(20USドル)という、
なんのお手紙?みたいなのも必要なので少々お金がかかります。


手続き方法は全て省略しますが、
イミグレに行けばその辺の人が全部誘導してくれるので大丈夫ですよ。
自信を持って行ってください。




そうして入国の手続きが全て完了するのをイミグレの中の椅子に座って待っていた私達。



するとその時、、、



外から一人のアラブ系の男性が、
もの凄く興奮した様子でイミグレの建物の中に入ってきました!!



「あぁ~!!ようやくあの酷い国から出て来れたぜ!!エジプトは最高だ!!我がホームだ!!」


入ってくるなり速攻でその辺のエジプト人の係員達に握手をし、フレンドリーに話しかけだすその男性。



一瞬知り合いなのかな?と思いましたが、
知り合いではなかったみたい。これがアラブです。



あまりの大きな声にイミグレの中にいた人達全員から注目の的になっていました。



余程イスラエルで何か嫌な思いをしたのか、
ずーっと係員に何かイスラエルでの不満をぶつけています。



そしてしばらくその男性の話を聞いてあげていた係員に、

「とりあえず先にこの子達と一緒に入国手続きを済ませなさい。」

と促され、私達の隣の席に座らされたその男性。




(「え・・私達と一緒に・・?」)←心の声




するとすかさず私達にも、



「君達もイスラエルからここに来たのかい?じゃ~君達も見たかい?あのパレスチナ人達の酷い扱いを?」


と話しかけてかけてきました。



「う、うん・・。」



と、やや怯え気味に答える私達。



「俺は今回初めてイスラエルに行ったんだけど、実際にあの現状を目の当たりにしたらもう・・涙が出てきたんだ。」



聞くところによると、彼はフランスに住んでいるアルジェリア人で、
今回イスラエルには旅行で行ったんだとか。



「俺はムスリムだからイスラエルに入国する時は別室に連れて行かれて8時間も掛かったんだぜ!だから出国の時はムスリムだと思われないようにこんな格好をしているんだ。」



なるほど。。。
確かに肩の露出したちょっとチャラめの服装で、
一見ムスリム男性だとは思いませんでした。



でもそこまでしなければならないなんて、
やっぱりイスラエルでのムスリムの人達の扱いって、
私達とは全然違うものがあるんやろうな・・。




そうやってしばらく彼の話を聞いていると、
一人のエジプト人の係員がやって来て、



「君の気持ちはよく分かるよ。ただ、ここはまだすぐ隣はイスラエルだ。なのでここでその話はあまりしない方がいい。誰が聞いているか分からないからね。」




と、その男性に注意をしていきました。



なんだか、
子供の喧嘩とは訳が違うような、
もの凄く重たい空気を感じた私。



それにしても・・



日本人の私達ですら、
実際に目の当たりにしたパレスチナ問題には辛い気持ちにさせられたんだから、


同じムスリムの人から見たパレスチナ問題は、
もっともっと思うことが沢山あったんやろうな・・・。





「ところで君達これからダハブに行くんだって?ダハブ行きのローカルバスが出ている場所は知ってるのかい?」


「いや、知らないよ。」


「よし!じゃ~俺も同じバスに乗るからバスターミナルまで連れて行ってあげるよ!」

「え!いいの?ありがと~!!」




という訳で、

無事エジプトの入国審査を終えた私達は、
イミグレから15分ぐらい歩いて、
そのアルジェリア人の男性にダハブ行きのバスが出ているバスターミナルまで連れてきてもらいました!



もの凄く人気が少なく、
ほとんどのお店も閉まっている殺風景なバスターミナル。


なんせここももれなく気温40度ですからね・・。
人のやる気も起こらないはずです。



で、それはいいのですが、、、



「なになに?ダハブ行きのバスは1日1本で出るのは15時ですって?


で、今の時刻が13時なのであと・・・2時間後!?



・・・(=∀=;)



気温40度の中での2時間・・・。

周りにエアコンの効いたカフェなども無し・・・。

なかなか面白いではないか・・・。



仕方ないのでその辺の段差に腰を掛け、
何もしていないのにダラダラと汗が噴き出す程の暑さに耐えながらも2時間待つことにしました。



あ~暑い・・・。
飲んでも飲んでも喉が渇く・・・。
お願い早く時よ経て・・・。




しかし、その状態で1時間ぐらい待った時に、、、




ゾッとするような悲しい事実に気付いた私・・!!!



「待って・・・。エジプトって・・・イスラエルより・・・




時差が1時間遅れてるやん!!!Σ(ω |||)



ってことは・・もうあと1時間ぐらい待てばいいと思ってたのが・・・
更にあともう2時間・・・。



噓でしょ・・・。
お願い嘘だと言って・・・。



このことに気付いてしまった時はもう、
この私の頬をつたうものは汗なのか涙なのか分からない状態でした。




でもそうやって地獄の暑さに苦しみながら待っている間、



例のアルジェリア人の男性が冷たいコーラを買ってきてくれて私達にご馳走してくれました!!


わぁ~!!優しい!!ありがとう(´;ω;`)



更に彼は、このうだるような暑さなんて全く気にしていないのかな?というぐらい、
待っている間中ずっと私達に明るく陽気に話しかけてくれ、


今までの旅の話とか、
イスラム教の話とか、
今付き合っている彼女と結婚したいという話とか、


色んな話を沢山してくれました。



お陰で凄く楽しかったし、
彼がいなかったらこの待ち時間ももっと辛い時間だったと思います。



私達のことを、


「君達みたいに世界中を旅している人を初めて見たよ!!写真を撮らせてくれ!!」


と言って写真に撮った割に、
逆に彼の写真は「今日はヘアースタイルが乱れているから。」と言って撮らせてくれませんでした。
意外と恥ずかしがり屋さん。笑



初め見た時は、
ちょっと厄介そうな変わり者なのかと思いましたが、


実は凄く真面目で優しくて、
(途中イスラムのお祈りの時間にはちゃんと着替えて絨毯も敷いてメッカの方向向いてお祈りもしてた。)


何よりこのコミュニケーション能力の高さは本当に凄いなって思います。



今までの旅中でも、ムスリム?というかアラブ系の人?って、
本当に明るくてフレンドリーな人が多いなって感じてきたんですが、
これはなんでなんでしょう??

宗教上?それとも血がそうさせるのか??



とにかく、


彼のお陰でこの辛い待ち時間も凄く楽しい時間に変えてもらえて、
とても感謝の気持ちでいっぱいです!!
本当にありがと~!!





そうしてこのバスターミナルで待ち始めてから3時間後、
ようやくダハブ行きのバスがやって来ました!



・ターバ(エジプト国境)→ダハブ
・所要3時間(予定)
・50ポンド(約300円)

やす~~い!!\(^o^)/



中は、少々古くはありますが、
意外とエアコンも付いていて300円なら全然ありです!

肝心のエアコンの効き具合は、
扇風機と同等ぐらいでした。



バスに乗り込んだらすぐに、
ドライバーからエジプトの入国税(120ポンド、約720円)を徴収されます。



ビザ代とレター代も払ったのに入国税まで・・・。
でもその後の物価は驚くべき安さなのでまぁまぁまぁまぁ・・といった感じ。




バスから見える風景は、



アカバ湾の美しき海!




石で作られた「WELCOME TO EGYPT」。
こういうの嬉しい♪




イスラム教の国に来たという実感。




所々にある検問所。


ダハブなどがあるエジプトのシナイ半島では度々ISなどのテロが起こっており、
警戒レベルは3。(ダハブからシャルム・エル・シェイクまでのアカバ湾沿岸は除く)


今私が乗っているバスのルートでも2014年に爆破テロが起こり、
韓国人2人、エジプト人1人が亡くなったんだとか。


なので一抹の不安はありつつも、
もうこればっかりは祈るしかない。




そんな事を、
ちょうど考えていた時ぐらいでした。



キキキキキキキーーーッ!!!



突然バスが急停車しました!!



なに!?
何事!?
テロ!?



なんて思いながら窓の外を見てみると、、、



反対車線で交通事故!!!


それを見た瞬間、運転手を始め、
バスの乗客のエジプト人達も慌てて外へ駆け出し、
みんなで一斉に救助へ向かいました!!



どうやら2人の男性が車の下敷きになっているようで、
意識はあるようなんですが、
救急車が来るまでの間、みんなで声を掛けたりしてなんとか助けようとしていました。



数十分後、
無事に救急車が到着して2人は運ばれて行きましたが、



なんだか凄く、
エジプト人の熱い人情みたいなものを見たなという気になった出来事なのでした。





そんなこんなで、なんだか凄く濃~いぃ移動だったなと感じながらも、
ようやく到着しました!!

夢のダハブ!!




そしてここで、例のアルジェリア人の彼とはお別れです。



彼はこの先のシャルム・エル・シェイクまで向かうようで、


「君達もダハブなんてやめて俺と一緒に行こう!!」


と誘ってくれましたが、
やっぱりダハブはずっとずっと行きたかった場所。
気持ちだけありがたく受け取らせてもらいました。


でも彼と出会えて本当に楽しかった!!


アルジェリアという国には治安的になかなか行くことは出来ないけど、
たぶん素敵な人は沢山いるんだろうな~という印象になりました。




ダハブのバスターミナルから町の中心地までは少し距離があるので、
たまたま同じバスに乗ってきていたイギリス人とタクシーをシェアして向かいましたよ。

1人10ポンド。(約60円)

やす~い!!



タクシーと言っても、
まさかの荷台。笑

でもこういうの嫌いじゃないですよ♪




という訳でこれから、



ダハブでのダラダラスローライフの始まりです!!(´▽`)





今日も読んでくれてありがとうございます。

ブログランキングに参加しています!

最後に応援クリック!
押してもらえると嬉しいです(^^)
↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

現在21位!

皆様からの応援クリックが、
ブログを書くモチベーションになっています!

1日1回、上のバナーをクリックしていただくと、ポイントが入ってランキングが上がるシステムになっていますので、どうぞよろしくお願いします!!

コメントもお気軽にしていただけると嬉しいです(*^ω^*)




スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chibichii.blog.fc2.com/tb.php/839-a0c2790c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

あけましておめでとうございます。 «  | BLOG TOP |  » 死海のお湯で浮く。

プロフィール

AYUKA

Author:AYUKA
8年間の美容師経験を経て、2013年4月から夢の世界一周旅へ出発!!
各国の景色、食べ物、人などなどを見て回るのはもちろん、旅中に出会った人達のヘアデザインもしていけたらなと思ってます♪♪

ランキングバナー

ブログ村ランキングに参加しています!!

1日1回コチラのバナーをクリックしていただけると嬉しいです!!

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (12)
私について (16)
準備 (22)
国内旅行 (3)
バリ島 (9)
上海(トランジット) (1)
タイ (31)
ラオス (10)
中国 (20)
東チベット (8)
バングラデシュ (12)
インド (39)
スペイン (20)
フランス (7)
アイスランド (8)
イギリス (6)
ドイツ (12)
フィリピン(語学留学) (16)
シンガポール (1)
オーストラリア(ワーホリ) (154)
西オーストラリアラウンド (33)
仕事(ファーム編) (18)
仕事(美容室編) (24)
タイ(2回目) (7)
マレーシア (5)
アルゼンチン (16)
パタゴニア (20)
チリ (20)
ボリビア (17)
パラグアイ (23)
ブラジル (14)
ペルー (24)
エクアドル (23)
コロンビア (23)
パナマ (3)
コスタリカ (12)
ニカラグア (6)
ホンジュラス・エルサルバドル (1)
グアテマラ (23)
メキシコ (24)
キューバ (16)
アメリカ (48)
オランダ (7)
ベルギー (5)
ポルトガル (2)
モロッコ (20)
イタリア (19)
バチカン市国 (1)
クロアチア (2)
ボスニア・ヘルツェゴビナ (5)
セルビア (3)
ハンガリー (4)
ルーマニア (4)
ウクライナ (12)
ポーランド (4)
イスラエル (9)
パレスチナ (2)
エジプト (3)
タイ(3回目) (0)
カンボジア (0)
ベトナム (0)

ルートマップ

今までのルート!

My Twitter

良かったらフォローして下さいね!!

リアルタイムでつぶやき中!!

ブログ村ランキング

今日は何位かな??

1位目指して頑張ります!!

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。