FC2ブログ
topimage

2020-05

街の中心地じゃないからこそいいこともある。 - 2017.08.09 Wed

いやはやそれにしても、


ローマは凄かったな。


有名な見所もあちらこちらにあるし、
バチカン市国も凄かったし、
美味し過ぎるパスタに出会うことも出来たし、


満足度150%で楽しむ事が出来たローマ観光。



ローマの後は本当はナポリに行こうかな?と考えていたのですが、なんかもうローマでの満足度が高すぎて、『都市的な所』はもういいかな・・となってしまった私達。



今私達が求めているのは、

『海岸沿いの美しい風景』だ!!



という訳で当初の予定にあったナポリをすっ飛ばし、


次に私達が向かった先は、、、





【アマルフィ】~女神の報酬~(←とても気になるサブタイトル。)


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村






織田裕二の映画で一躍有名になった(?)
アマルフィ海岸。
(もちろん映画は観てません。)



その長~い海岸沿いにはいくつもの美しい町が点在しており、世界遺産にも認定されています。



世界遺産・・。
イタリアに来てから一体何ヶ所目だろうか・・?
行くとこ行くとこ毎度毎度が世界遺産です。



しかし、アマルフィもまたイタリアの大人気観光地であり、世界中のセレブ達が別荘を建てちゃうぐらいの高級リゾート地でもあります。



念の為アマルフィ内のホテルの値段も調べてはみましたが・・

うん、お疲れっ!(;´∀`)

って感じの値段設定で、私達みたいな節約バックパッカーが泊まれるようなホテルは見当たりませんでしたとさ。



なのでアマルフィへはその周辺の、
【ソレント】もしくは【サレルノ】という町を拠点にして行く人が多いみたい。





【ソレント】は、青の洞窟のあるカプリ島への拠点にもなるということで、ここもまだ少し宿代がお高め。。。


カプリ島へは行く予定のない私達。


調べた結果この辺りでは一番宿代もリーズナブルだった【サレルノ】へと向かう事にしました!!




・ローマ→サレルノ
・バス、Flixbus社(サイトはコチラ)
・15:30pm発→19:15pm着(所要3時間45分)
・1人9.90ユーロ(約1290円)




そうしてやって来たサレルノの街。




青く広がるティレニア海に面した港町といった感じで、
程よく栄えてはいるけれど、都会のような騒がしさはなく、人々がのんびり穏やかに暮らしていそうな雰囲気が漂っています。


今まで訪れたイタリアの華やか過ぎる街達とは一味違う。


バスから降り立った瞬間に思いました。


「あ、この街好きかも(*´`*)」






海岸沿いでは何やらおじ様達が海に入って水浴び?魚取り?をしていたのですが、、、







揃いも揃って際どいブリーフ姿が気になります。


これがサレルノのおじ様達のスタンダード。


この姿と優しい笑顔で笑いかけて来てくれたりするのでちょっとキュンとします。


嗚呼、イタリアの田舎の方に来たなという実感(´▽`)
なかなかローマではこんなに可愛いおじ様達を見かける事はなかったな。





そうしてサレルノで泊まった宿は、Booking.comで最安だったこちら!

【Le ginestre】



・トリプルルームを2人で使わせてもらって一泊32ユーロ(約4170円)
・トイレ、シャワー共用(広くて清潔)
・wifiサクサク(部屋でも可)
・朝食付
・キッチンなし(冷蔵庫は使わせてもらえました)
・机やクローゼット、バフコニー付き





テラスからの眺めが綺麗!



昼間バージョン。





夕方バージョン。





夜景バージョン。



この景色を見ながら食べる朝食。



ちょっとした贅沢タイム。



ただこちらの宿なんですが、サレルノの中心地からはすこぶる遠い!ので、私達は中心地に行く事は諦めました。


いいのです。
私達の目的は明日行くアマルフィですから。


あと、宿は少し高台に建っているので、地獄の階段と地獄の坂道を登って行かなければなりません。


なので一番初めに大きな荷物を持ちながら歩いて宿へと向かった時は、途中でタオルを投げて負けを認めようかと思いました。




しかしいざたどり着いてみれば、

ここのオーナーさんはとてもいい人でした!!



英語はちょっとしか話せませんが、
宿が少し辺鄙な場所にあるというのもあってか、私達が困っていると何でも助けてくれましたよ!



まず到着した日の夜にご飯を食べに行こうと思い、

「この辺で何か食べれる所はありませんか?」

とオーナーさんに尋ねてみると、



「私がいつも行く安くて美味しいレストランがあるから良かったらどうだい?」



と言って、車でそのレストランまで連れて行ってくれました!!



まさかそれだけの為に自家用車を出してくれるなんて!!(゚Д゚;)



ちょっと申しわけない気もしましたが、
ありがたく甘えさせていただきました。。



そしてやって来たのがこちらのお店!

【Capri】

住所:Via Torrione, 38, 84100 Salerno SA, Italy




店内はあまり気取った雰囲気ではなく、
カジュアルで本当に地元の人達が集うお店といった雰囲気。





タイル張りの壁と床が可愛い!



店員さんもとても陽気で、日本人のお客さんが珍しいのか、言葉が通じないにも関わらず笑顔でガンガン絡んで来てくれる!!



なんだかみんな楽しそうに仕事しているなぁ~といった雰囲気で、見てるこっちも気分が良いです。



ここのメインは『ピザ』のようで、
大きなピザ釜もスタンバってます。




そして渡されたメニュー表を見てビックリ!
今まで行ったイタリアのレストランと比べてもお値段もとってもリーズナブルです!!
(が・・値段を忘れました・・ごめんなさい・・。)


さすが!


やっぱり地元の人は安くていいお店を知っているんですね!


って事でまずは、
イタリアに来てからすっかりハマってしまったスピリッツから。



あ~美味しい。
どこで飲んでも美味しいのに安いのが嬉しいです。


金輪際、「普段よく飲むお酒は?」と聞かれたら「スピリッツ」とかぶせ気味に答えることにしよう。

さぁ誰か聞いてきてください。




せっかくなんで今日のメインはピザです!!

ナポリターナ!



見た目の美しさもさることながら、
生地が薄いのにモチモチとしていてとっても美味しい!!

ミミの部分なんてもはやモチなのかな?と思うぐらい。

アンチョビの塩加減もいいぐらいに効いていて、相方さんはイタリアで食べたピザの中で一番美味しいと言っていました!



そしてもう一品。

宿のオーナーさんがオススメしていたムール貝。
イタリア語では『コッツェ』というそうです。



塩茹でしたムール貝にレモンを絞って食べるのですが、これがもう、、、めちゃくちゃ美味しかった!!


見ての通り青く透き通った美しいサレルノの海。
ここで採れるムール貝は臭みも全くなくて本当に美味しかったな。。


ヨーロッパに来てからすっかりムール貝が大好きになってしまいました。


日本に帰ってもまたこれ自分で作りたいなぁ~!!



こうなったらもう、、、

デザートも食べちゃう♡



スプーンにまでふんだんにココアパウダーがまぶされているサービス精神(?)
まず持つところから探さなくては・・。


イタリアのレストランでは毎回、メニュー表に載っているデザートもすこぶる美味しそうで、いつか食べてみたいと思ってたんですよね・・(//∇//)


アイスクリームの中から濃厚なチョコレートが溢れ出てきて、これもとっても美味しゅうございました!!



あぁ~大満足!!



サレルノの中心地からも離れていて本当に地元の人達しか来ないようなこんなお店、
宿のオーナーさんに連れて来てもらわなければ絶対に来ることはなかったやろうな。


ちょっと辺鄙な場所にある宿ですが、
その分こういうローカル感溢れる安くて美味しいレストランに出会う事が出来たので、むしろそういう所に泊まって良かったなって思います。


そういう意味でもオーナーさんには本当に感謝です。




しかもしかも・・



私達が食べ終わってさぁ帰ろう!としたぐらいで、


またもや車で迎えに来てくれたオーナーさん!!


えっ!どんだけ優しいの!?
ありがたすぎる~!!(´;ω;`)




「私達もご飯を食べるから15分ぐらいだけ待っててー!」


と言ってオーナーさんも奥さんと一緒にここでご飯を食べ始めました。



どうぞどうぞ!!
むしろ15分とは言わず、もっとごゆっくりと食べてください!!



なのでその待っている間、
ちょっとだけ近くの漁港まで散歩に行ってみることにした私達。



静かで綺麗で人も穏やかそうで、
ほんといいところやなサレルノ。




漁港からは美しい夜景と、
それをつまみにチュッチュする数多くのカップル達を見る事が出来ました。


昼間は海パンブリーフのおじ様達で溢れ、
夜は恋人達のデートスポットと化する漁港の風景。


様々な表情を見せてくれてどうもありがとう。




イタリアの都会では若干人の冷たさや無関心さを感じていた私ですが、
この街に来てなんだかイタリアの温かい部分も見れたような気がします。


そりゃそうですよね。
どこの国の人だって基本的にはみんな優しいんです。


環境によって、それが見えづらくなっているというだけの話で。


もっと自分から現地の人と深く関わる努力をすれば、また見え方も違っていたんやろな・・。


これは日本も同じやと思うし、仕方のない事だとは思いますが、


やっぱり田舎っていいな。



優しい宿のオーナーさん、
陽気に絡んでくれたレストランのスタッフさん達、

イタリア人の優しい部分を教えてくれてどうもありがとう!!




そして再び、オーナーさんの車に乗せられて、宿へと帰っていく私達なのでした。






今日も読んでくれてありがとうございます。

ブログランキングに参加しています!

最後に応援クリック!
押してもらえると嬉しいです(^^)
↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

現在6位!

皆様からの応援クリックが、
ブログを書くモチベーションになっています!

1日1回、上のバナーをクリックしていただくと、ポイントが入ってランキングが上がるシステムになっていますので、どうぞよろしくお願いします!!

コメントもお気軽にしていただけると嬉しいです(*^ω^*)



恥じらいのトレビの泉と終わらないローマ観光。 - 2017.08.07 Mon

「ローマは一日にして成らず」

だとは聞いていましたが、
どう考えても「二日にしても成らず」だなというぐらい、


見所が満載過ぎて見ても見ても終わらないローマ観光。




前回に引き続き今回もローマの観光名所を見て回りたいと思います!


もち徒歩で・・。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村







続いてパンテオン神殿から、
またまた8分ぐらい歩いてやって来たのは、、、


【トレビの泉】





これまた超有名スポットですね!


トレビの泉は、ローマにある最も巨大なバロック時代の人工の泉だそうで、


青い泉とその後ろに立ちはだかる美しいデザインの石像達とのコラボレーションがなんとも素敵です。


お陰様でここも・・



すんごい人!!

実はこの人達の視線の先ではエアロスミスがゲリラライブを行っている、とかいう訳ではありませんよ。


ただただそこにはがあるだけです。


世界中でこれだけ多くの人を引き寄せる泉が、他にもあるだろうか・・?


そしてこの泉の中をよく見てみると、、、



無数のコインが沈んでいます!


そうです。

この泉にコインを投げ入れることによって、様々な願い事が叶うというおまじないがあるのですが、その投げ入れるコインの枚数によって叶う願い事も変わってくるのです。


1枚投げればまたローマに来られる。

2枚だと好きな人と一生一緒にいられる。

3枚だと嫌いな夫や妻と別れられる。



というもの。

(3枚のやつがやたらと怖すぎる・・。)



せっかくなんで私達も投げ入れてみましたよ。






この後相方さんに、

「あーは何枚投げたん?」

と、サラッと聞かれたのですが、、、



「え・・・・・

1枚だけ・・・・(*´ェ`*)」




と、照れて嘘を言ったことは内緒です。
全くもって野暮な奴です。



ちなみに夜のトレビの泉もライトアップがされてとっても美しいんです。が・・







だから人の多さよ・・・


決してセリーヌディオンがあのタイタニックの名曲を久久に披露しているとかいう訳ではないですよ。

ただそこにはがあるだけです。





そして次の日。




再び地下鉄に乗ってまずやって来たのは、


【スペイン広場】



とうとう来ました!ローマと言えばここ!


『ローマの休日』でオードリー・ヘップバーンが階段に座ってジェラートを食べてるあの広場ですよ~!


ただ残念なことに、なんと今現在この階段で座ってジェラートを食べることは禁止されているんだそうです(´;ω;`)


え~そりゃないぜ~!



仕方ないのでジェラート無しでのヘップバーンごっこ。



※苦情は受け付けておりません。



広場の前で『犬』を作る人。



今や路上アーティストにも様々な人がいるもんですね。



夕暮れ時にこのスペイン広場の階段の一番上にある、教会の階段の一番上まで登っていくと、、、



ローマの街越しの美しい夕日を眺めることが出来ましたよ。


ただ、とても登り疲れました・・。




そしてこのスペイン広場の前から伸びている、

【コンドッティ通り】



この通りは有名ブランド店などが軒を連ねる、ローマで一番有名なショッピングストリート。

ブルガリやフェンディの本店などもあります。



そこから少し外れた通りにもオシャレで雰囲気の良さそうなカフェやレストランがいっぱい!











ここで私が目を付けていた、
ローマに来たら必ず来たいと思っていたお店がこちら!


ティラミスの老舗、

【POMPI】




日本人の観光客も多いのか、
看板が日本語でも書かれていたり、
日本語ペラペラなイタリア人の店員さんがいてビックリしました!



ティラミスのメニューは、



・普通のティラミス、
・苺が乗ったティラミス、
・クランベリー、ラズベリー等が乗ったティラミス、


から選べます!

(全て4ユーロ、約520円)



他にもジェラートやティラミス以外のデザートも売られていましたよ。





でもやっぱりここは、



王道のティラミスでしょ!


って事で、私は一番シンプルな普通のティラミスにしてみましたよ~。

こういうのはやっぱり一番王道が一番美味しいんだと、死んだおじいちゃんが言ってたとか言ってなかったとか。


そして気になるお味は、、、



美味しい~!!!

クリーミーやけど思ってた以上に甘さ控えめで、なかなかボリュームがあるのに一人でペロリと食べてしまいましたぁ!!


嗚呼、なんて・・

なんてイタリアは何を食べても美味しい国なの・・(*´Д`*)


出来れば明日また、苺味を食べに来たい・・。




ティラミスの老舗なのにジェラートを食べる無礼者。
でもこれもめちゃくちゃ美味しかったらしいです。




ローマの街歩きに疲れたら、
秘密のオススメ休憩スポットがこちら!


【三越ローマ】



あの日本の三越が、なんとローマにもあるんです!!


いや、決して休憩する所ではありません・・。
ショッピングを楽しむ所です・・。


でもさすが日本のデパート!
中に入るとそこは完全に、、、


日本です!!


店員さんはほとんどが日本人で、
「いらっしゃいませ~!」と言われるし、
商品は日本語で書かれているし、
短期旅行者も多いイタリアなので、こういうデパートがあってくれたら海外旅行に慣れていない日本人の人でも安心してお土産が買えると思います。



あと、これがここの最大の魅力と言ったら怒られると思いますが・・


トイレは無料で借りれます!!


公衆トイレに1.5ユーロ(約195円)も掛かるイタリア。
トイレが無料なだけで奇跡のように感じてしまうのです。


更に無料Wi-Fiが飛んでいて、電源コードもあり、美味しいお水もお湯も飲み放題の休憩スペースもあり!


この快適さ・・

住めるやん?( ゚д゚)

ってなりました。


お湯もあるしカップラーメンだけ買ってこれば・・・・。(←やめとけ!)



あと万が一、、、、


万が一ローマで真実の口に行き忘れた人がいたとしたら、

安心してください!!





ここで出来ますから!

ここなら1秒たりとも並ばずに即入れれます。





そんな、見所満載過ぎるローマ観光の最後はやはり、


美味しいイタリアンを食べて締めたいと思います!


そう思って事前にネットでローマの人気イタリアンのお店を調べていた私!


あまり観光客用のお店ではなく、
地元の人から愛されてる系のお店がいいなぁ~なんて思いながら探し、


ある一つのレストランに目星を付けていました。


本当は予約して行きたかったけど、
電話も持ってないし、持ってたとしてもイタリア語が話せないしって事で、
予約無しで入れたらラッキーぐらいの気持ちでそのお店へと向かった私達。


すると、、、


予約が無いと分かった瞬間、ため息混じりに無言で顔を横に振られ、物凄い冷たい態度で追い出されてしまいました~・・(´;ω;`)


いや、そんな高級なお店とかじゃないですよ・・?


やっぱりイタリア人怖い・・。


イタリアのレストランって、日本みたいにお客さんが来てくれてなんぼみたいな下から来る感じではなく、


「うちの店に予約無しで入れるとでも思ってんの?」


みたいな、かなり高いプライドを持ってやっている所が多いように思います・・。


にしてもあんなに冷たい態度取らなくても・・。




仕方無いので近くにあった別のお店に入る事にした私達。



ここでまず頼んだのが、
イタリアのあらゆる所で色んな人が飲んでいて気になっていたカクテル、



スピリッツ!

イタリア人に凄く親しまれているお酒みたいで、
程よい甘さに炭酸が効いており、飲みやすくて凄く美味しい!!


この後のイタリアでもこのスピリッツには何度もお世話になることになるのでした。



そして実はここローマは、

カルボナーラ発祥の地なんだそうですよ!



なのでローマでカルボナーラを食べるということは、幼き頃から心に決めておりました!



あとはこちらもずっと気になっていた、
ポルチーニ茸のリゾット!



ポルチーニとはイタリア語で『豚のような奴』という意味らしく、
香りがよく、とっても美味しい茸なんだそうです!

豚のような奴・・。笑




あともう一つ、

相方さんがずっと気になっていたというイタリア風コロッケ(?)
名前は分かりません。





中にチーズとかズッキーニが入っています。



1つ1つの料理はどれも、

とても美味しい(´▽`)


下調べなしに急遽入ったお店でしたが、
さすがイタリア、文句なしに美味しかったです!



ただ、

なんで注文する時に気付かなかったんだろう・・・?


全部チーズやないかい。


まだカルボナーラとリゾットだけならまだしも、最後のコロッケにとどめを刺されました。


最後らへんは重くて重くて・・
チーズが憎くてしかたありませんでした。




チーズを愛して止まないイタリア料理。



組み合わせだけは慎重にいかなければなりませんね・・。






今日も読んでくれてありがとうございます。

ブログランキングに参加しています!

最後に応援クリック!
押してもらえると嬉しいです(^^)
↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

現在7位!

皆様からの応援クリックが、
ブログを書くモチベーションになっています!

1日1回、上のバナーをクリックしていただくと、ポイントが入ってランキングが上がるシステムになっていますので、どうぞよろしくお願いします!!

コメントもお気軽にしていただけると嬉しいです(*^ω^*)



「ローマは一日にして成らず」。確かに!! - 2017.08.06 Sun

ローマと言えばやはり、


映画『ローマの休日』


この地球上で、オードリー・ヘップバーンに憧れない女子などいないと思います。



今回ローマに来るに当たり、

「ローマ用に新しく白いワンピースを購入したい。」

と相方さんにお願いしていたのですが、



ものの2秒で却下されてしまいました。



(´・_・`)




それでは行ってまいります!


有名観光スポットの宝庫!ローマ観光へ!!





にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村







泊まっているキャンプ場からバスと地下鉄を乗り継いで、まず最初にやって来たのは、、、



【コロッセオ】




地下鉄の駅から出た瞬間に、
この有名な姿が目に飛び込んできて、、、


即感動~!!(´;ω;`)


今まで幾度となく写真では見た事がありましたが、
間近で見る本物のコロッセオはもう、迫力が凄いです!!


この、欠けてるみたいな形が何ともカッコイイですね!!




コロッセオとは、古代ローマ時代の円形競技場で、世界遺産にも認定されています。

当時ここでは見世物としての死闘が行われており、数多くの剣闘士達が命を落としたんだとか。



今でも『闘牛』を行ってる国なんかはありますが、人間同士が戦って殺し合うのを観戦する時代があったなんて・・((((;゚Д゚))))

絶対見たくない・・。



その他にも公開処刑所としても使用されていたということもあり、
現在では『死刑制度廃止』を訴えるイベントの会場となることもあるんだとか。

なので他の国で新たに『死刑制度廃止』が決定すれば、それを記念してコロッセオがライトアップされるんだそうですよ。



収容人数4万5千~5万人というだけあって、間近で見ると凄いスケールの大きさ!!
(東京ドームで5万5千人)







古代ローマ時代にこれ程巨大な闘技場を造ったなんて、どれ程の労力を要したんだろうか・・?


コロッセオの中へ入ることも可能なんですが、
なかなかの入場料(12ユーロ、約1570円)と
なかなかの行列だったので私達は断念しちゃいました・・。







続いては、コロッセオから歩いて18分のところにあるあの名所!!


【真実の口】


そうです!

『ローマの休日』のあの名シーンの場所ですよ!



一瞬見過ごしてしまいそうになりますが、
『真実の口』はコチラの『サンタ・マリア・イン・コスメディン教会』の中にあります。



早速教会の中に入ってみると、、、



長蛇の列!!

ですよね~・・(;´∀`)

ローマに来て、あの口に手を入れずに帰る人なんて中々いませんよね~・・。



そこから並ぶこと約30分・・。



やりました!!!

ついに私もちょっとだけヘップバーンに近付く事が出来ました!!←?



一応解説しておくと、、、


元々は下水溝のマンホールの蓋だったという真実の口。(そうなんや!驚)
海神トリトーネの顔が刻まれています。
手を口に入れると、偽りの心がある者は、手を抜く時にその手首を切り落とされる、手を噛み切られる、あるいは手が抜けなくなるという伝説があります。



『ローマの休日』の中で、相手役の男性が手を噛み切られたフリをしてヘップバーンを驚かすシーン。
あの時のヘップバーン、可愛いですよね♡



奇跡的にも今のところまだ、過去に手を噛み切られた人は現れていないそうですよ。



この世は正直者ばかりという事で安心しました。


ここで売られていたお土産物もなかなかリアルです。



5ユーロぐらいだったら1つ買って帰りたいところでしたが、100ユーロ(約13000円)もしました。
100ユーロて・・。





お次は真実の口から更に12分歩いた所にある、


【ヴェネツィア広場】




こちらはその広場の中にあるヴィットーリオ・エマヌエーレ2世記念堂というらしいのですが、


ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世さんの事を全く知らなければ、って事は1世もいたんやなという事なども全く知らない私としてはあまりピンとはきませんが、


この記念堂もまた凄いスケールの大きさで物凄くカッコイイことだけは間違いありません!!


ほんとよくこんな物を作ったもんだな( ゚д゚)
あっぱれあっぱれ!




その国毎に1枚は国旗の写真を撮りたくなるあるある。

上手く風になびいてる時を撮るのがなかなか難しいのよね。これが。





この辺で一度ジェラート休憩を挟みます。



ふぅ~疲れた・・。


物凄く広い上に見所満載過ぎるローマ。


本当はそろそろ徒歩ではなくバスとかに乗って次の目的地に向かいたい気持ちは山々なんですが、
バスの路線も難しいし、微妙に歩ける距離だったら歩いてしまう悲しいバックパッカー魂・・。


ふぅ~疲れた・・。





やっぱりお次もヴェネツィア広場からまたまた10分ほど歩きますよ。
気持ちは前を向いていますが、そろそろ足は嫌がっております。


そうしてやって来たのが、


【パンテオン神殿】




お~これもなんか知ってる!



コロッセオと同じく、パンテオン神殿も2000年前の古代ローマ時代に造られた神殿なんだそうですよ。





今のイタリアではほとんどの人がカトリックを信仰していますが、ここではかつて信じられていたローマ神が奉られていたそうです。




こちらはパンテオン神殿の前で仮面を付けて動物愛護を訴える人達。



パソコンの画面には、人間の手によって無理矢理太らされたり、残酷な殺され方をしている食用の動物達の動画が流されています。


ヨーロッパを旅していて、
最近そういう動物愛護の思想からベジタリアンになったと言っているヨーロピアンにとてもよく出会います。


ついこの間も、アフリカのサファリで可愛い動物達を沢山見て、更にスキューバダイビングで美しい魚達の姿を見てから肉や魚が食べられなくなり、ベジタリアンになったというドイツ人女性に出会いました。


おそらく今欧米諸国ではそういった思想がどんどんどんどん増えていっているようですね。



ん~・・
こればっかりは難しいな・・。


確かにそうやって動物達が虐待を受けているのが真実なら酷い話だなと思うけど、
一生肉や魚を食べれなくなる方が私には辛いかな・・。
残酷ですけども・・。


これからも「いただかせてもらいます」と言う気持ちで食べていきたいと思います。





あと、更にこの後このパンテオン神殿の前で、、、



突然下半身を露出した男性が叫び声を上げながら暴れ出しました!!(°д°)



たぶん酔っ払ってたのか何なのか、
すぐに駆け付けてきた警察官に取り押さえられてはいましたが、
一時辺りは騒然となりました!!



私が見た時には既にその男性は取り押さえられ、警察官からパネルみたいなのでアソコ隠されていたので、残念ながらイタリア人男性のアソコを拝むチャンスは逃しましt・・いや、何でもありません・・。




昨日も書きましたがやっぱり・・



ローマの人はストレスが溜まっているんですね(´・_・`)



たぶん、あの時の草なぎ剛さんもストレスが溜まっていt・・いや、何でもありません・・。






そんな、既に見応え抜群だったローマ観光ですが、


この後もまだまだ続きます。
まさかのまだまだ歩く気です。



続きはまた次回!






今日も読んでくれてありがとうございます。

ブログランキングに参加しています!

最後に応援クリック!
押してもらえると嬉しいです(^^)
↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

現在8位!

皆様からの応援クリックが、
ブログを書くモチベーションになっています!

1日1回、上のバナーをクリックしていただくと、ポイントが入ってランキングが上がるシステムになっていますので、どうぞよろしくお願いします!!

コメントもお気軽にしていただけると嬉しいです(*^ω^*)



難しい・・。女子の荷物を運んでもらう事情・・。(※ローマ宿情報あり) - 2017.08.05 Sat

その街毎に雰囲気も全然違って見所も多過ぎるイタリア。


物価も高いし、ちょっとだけ見たらすぐに出ようなんて初めは話してたんですが、


この国に来てしまったら魅力が多過ぎてすぐに出るなんて不可能な事に気がつきました・・。



うぉ~!!イタリアが離してくれない!!



続いてはいよいよイタリアの首都!





【ローマ】へ!!


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村








フィレンツェからローマへはバスで4時間半程。





今回は『baltour』のバスで行く事にしましたよ。


・baltour社
・フィレンツェ、13:30pm発→ローマ、16:15pm着
・1人18ユーロ(約2345円)
・予約サイトはコチラ




シートが・・光ってる( ゚д゚)




リクライニングが壊れてるなんてことは、
この国ではおそらく皆無であろう。



前に乗ったFlixbusも良かったですが、
今回のbaltourのバスもさすがヨーロッパのバスといった感じ。
綺麗で乗り心地も申し分無しです。


何より乗客が私達を含めて8人ぐらいしかいなかったのがビックリ!
1人で2席どころか、5,6席は使えそうな勢いでした。いらんけど。




そうして到着したローマの街は、、、



さすがイタリアの首都。



とてつもなく広い!!


とてもじゃないけど徒歩で簡単に回れると言う感じではなく、街中をバスや地下鉄がしっかりと網羅しています。


ただやっぱりヨーロッパの都会のいいところは、都会なのに近代的な高層ビルなどが建ち並んでいるのではなく、


歴史的な建造物とかヨーロッパならではの美しい景観はしっかりと守られているという事。



どこを見渡しても美しいローマの街。


ちょっと歩けば「これ、世界遺産でもよくない?」レベルの建物とか教会とかがゴロゴロと建ち並んでいることに驚かされます。



それはそうと、、、


ここローマもイタリア屈指の大人気観光地。





人多いなっ!!


ヴェネツィアも大概人が多いと感じましたが、ここローマも負けてはおりません!


たぶん住んでいる人よりも観光客の方が多いのではなかろうか・・?


日本人を初め、アジア人の旅行者も沢山見かけます。


こんなにも観光客の数が多過ぎる国、
今までにもあっただろうか?


イタリア人気、本当に凄まじいですね。





とりあえずまずは、
地下鉄とバスを乗り継いで、予約している宿へと向かいたいと思います。




イタリアの首都な上にこれだけ観光客も多いということで、
ローマの地下鉄はなかなか混んでいますね。


電車の席も取り合いへし合い!


扉が開くと同時に電車に飛び乗って、
ダッシュで席を確保する大阪のおばちゃんみたいな人も見かけました。


するとそういう人を見て怪訝そうな顔をしながら陰口を言っている人。


何か不満があったのか、隣の人を睨みつけているおばさん。


なぜかため息をつきながらブツブツ一人で文句を呟いているおじさん。



ん~・・

たぶんローマの人・・



人の多さにストレスが溜まっていると思われます(´・_・`)




なんかみんな顔が疲れているよ。



人気があり過ぎるというのも楽ではありませんね。
って、完全に私個人の見解ですけども。
(もちろんそんな人ばかりではありません。)





そうして目的の駅へと到着し、電車を降りて下の階にある改札へ向かおうと思ったのですが、残念ながらこの駅にはエスカレーターやエレベーターなどはありませんでした。


でもこんな事は4年以上も海外にいれば慣れっこです。
お陰様で私の腕はムキムキなのです。


約20kgある自分のコロコロバッグを担いでなかなか長めの階段を降りようとしたその時でした。


「I can help you!」


突然後ろから男性の声が聞こえたかと思えば、そのままヒョイッと私のバッグを持ち上げて、少し色黒のおじさんが私のバッグを階段の下まで運んでくれました!



まぁ、なんたるジェントルマン♡



なんて思いながら、


「thank you very much!!」


と笑顔でお礼を言う私。



すると、、、



「2ユーロ。」



へ・・?( ゚д゚)



一瞬聞き間違いかと思いましたが、
その表情に笑顔はなく、真顔で私に向かって手の平を差し出しているジェントルマン・・。



あまりの予想外の展開に困惑した表情を浮かべる私。



するとそれを周りで見ていた通りすがりの女性に、



「この男性はあなたの荷物を運んだから、お礼にチップをくれと言ってるのよ!分かる?あなたも気を付けなきゃダメよ!」



みたいなことを言われました。



さすがに通りすがりの人からもそんな事を言われてしまうと、もう払わざるを得ない気持ちになった私・・。

仕方なく財布から2ユーロを取り出し、
その(元)ジェントルマンに手渡すと、、、



「NO!5ユーロ!」



なっ!?((((;゚Д゚))))



さすがにそれはふざけるなよ!?と思い、
「I don't have 5 euro!」と言って2ユーロだけを渡してそこから立ち去りました。。。




なんか・・

すんごい騙された感・・



確かに手伝ってもらって嬉しかったしありがたかったけど・・
とってもモヤモヤが残ったぜ・・



前に南米を旅してた時もこんな風に荷物を運ぶのを手伝ってくれた人は沢山いたけど、お金を請求される事は一度もなかったな・・。



もちろんその優しさに甘えていた自分も悪かったと思うけど、まさかこんなにも発展した国イタリアでお金を請求されるなんて・・。


無償の優しさという訳にはいかないんですね・・。



しかしその後、、、



また別の駅の階段で(今度は上り)、
また別の男性に荷物を運ぶのを手伝おうとされたので、


「いや、大丈夫です!自分で運べるから大丈夫!(;´∀`)」


と断ったのですが・・



その人は本当にただただいい人だったみたいで、私が断ったにも関わらず明らかに重そうにしながら運んでいるのが見ていられず、



「やっぱり手伝うよ!」

と言ってくれたのですが、



「いや、大丈夫です!」

とまたまた断ると、



「え、なんで・・?!」

みたいな感じで逆に気まずい感じになり、
最終的には結局運んでもらうというめちゃくちゃ変なやり取りとなってしまいました・・。



うー・・難しい・・(´;ω;`)



本当に親切で言ってくれてる人には、
あんまり頑なに断り続けるのも気持ちを踏みにじるようで逆に失礼な気がするし、
こういう時の対応がとても難しいです・・。



とりあえず、、、



この持ち過ぎている調味料達をちょっとでも減らすことから始めよう・・。

そうして階段を上るのもしんどくなさそうに見えるよう努力しよう・・。





そうやって途中色々とありながらもやって来た、ローマ滞在中にお世話になるお宿、、、



あっ・・お宿なんてカッコつけて言いましたが、実は今回のローマでも・・



キャンプ場泊です!!(再)



【Camping Village Roma】



そうです!
前回ヴェネツィアで泊まったキャンプ場、『camping village jolly』と同じ系列のキャンプ場ですよ!


ヴェネツィアでのテント泊が安い割になかなか快適だったので、ローマでもまたまたテント泊をすることにしたのです。


予約サイトはコチラ

(※私達が泊まった5月下旬は予約はガラガラだったのですが、今(8月上旬)確認するとかなり予約が埋まっていたので、夏に行かれる方は早めに予約をされた方が良さそうです!!)



今回も、前回と全く同じタイプのテント泊。



シングルベッド一台、2段ベッド一台があるだけというとってもシンプルな部屋ですが、充電コンセントもあるし電気も点きます。


この一室を2人で使えて一泊2人で20ユーロ!(約2600円)


・共同シャワー、トイレ(清潔)
・ランドリーあり(手洗い洗濯も可)
・レストラン併設
・ローマ市内へのシャトルバスあり(往復5ユーロ)
・キャンプ場の目の前に市バスも停まるので、市内へも簡単に自力で行けます。(シャトルバスよりも安い)
・目の前に大型スーパーやマクドナルドあり。
・wifiあり(ここはテント内でも普通に使えた!)
・他にもバンガローだったり、キャビンだったり、色んなタイプのお部屋がありますよ。



もちろんここにも、



入るタイミングが分からないプールもあります。
だからそんな暇ないってば。



イタリアに来てからすっかりキャンプ場泊にハマってしまった私達。



ただ一度だけ、

夜に突然遠くの方から打ち上げ花火の音が聞こえてきたので、宿泊者みんな花火を見ようと一斉にテントの外へ出ていた時があったのですが、

思った以上に全く花火が見えなかったのですぐにテントへと戻った私。

すると一人の怪しい黒人男性が私達のテントの中をのぞこうとしているのを目撃したので、

「エクスキューズミー?」

と声を掛けると、

「いや、ちょっと自分の部屋がどこか分からなくなっちゃって~・・(;´∀`)」

と言いながら慌てた様子で立ち去って行きました。

いや、思いっきりテントの前に私達の洗濯物も干していたし、絶対ここではないって分かるやろ!って感じだったので、

お部屋を空けられる時だけはお気を付けて!!




あ~今日のブログ、長~・・

最後まで読んでいただいてありがとうございました。






今日も読んでくれてありがとうございます。

ブログランキングに参加しています!

最後に応援クリック!
押してもらえると嬉しいです(^^)
↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

現在9位!

皆様からの応援クリックが、
ブログを書くモチベーションになっています!

1日1回、上のバナーをクリックしていただくと、ポイントが入ってランキングが上がるシステムになっていますので、どうぞよろしくお願いします!!

コメントもお気軽にしていただけると嬉しいです(*^ω^*)



ピサの斜塔を力いっぱい支えたい。 - 2017.08.04 Fri

今日はフィレンツェから日帰りで、
イタリアで有名なあの塔を、



力いっぱい“支えに”行きたいと思います!!



って事でやって来ました。



ピサ!!



にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村







フィレンツェからピサへは、
電車でたったの1時間。片道8.40ユーロ(約1092円)





ピサ駅に到着したら、“あの塔”へはバスでも行けるみたいなんですが、
2kmぐらいなのでのんびり歩いて行ってみることに。



ピサのメインストリート。





ピサもイタリアの超有名観光地なので、
もっと大きな街なのかと思っていましたが、
予想以上にこじんまりとしていて、徒歩でもすぐに歩けちゃいそうなぐらいの街だったんですね!



あと、『ピサ』と『ピザ』って名前が似てるけど、特にピザが有名な街という訳ではないということは、念の為お伝えさせて頂きます。



フィレンツェとも繋がっているアルノ川。





どおりでフィレンツェで見た川とそっくりだと思いました!

穏やかに流れる川と、その川沿いに建ち並ぶ家々の景観がとても綺麗で和まされます。



川を越えてもう少し歩いて行くと、



ついに見えました!!



ピサの斜塔!!


わわ!
傾いてる傾いてる!!
思ってた以上にガッツリと傾いてるんですねー!!

これは一刻も早く支えてあげなければ!!



ってかこの斜塔、、、



塔の上にも登れるんですってよ!
大丈夫なんでしょうが・・ちょっと不安・・。



というのもこのピサの斜塔、
建設中に地盤沈下が起こって傾き始めたにも関わらず、塔の中心軸を調節しながら気にせずそのまま建設しちゃったんだとか!

しかもその後はもう大丈夫なのかと思いきや、なんなら今も尚傾き続けているんだそうです!

一時傾斜の増大と倒壊の恐れがあったそうなんですが、その後の処置により当分は問題ないとされているそうです。


当分はてっ・・Σ(-∀-`;)


お願い・・ずっと倒れずに頑張って・・。




どうやら、ピサの斜塔が倒れてしまわないか心配しているのは私だけではないようで、、、




支えてます支えてます。





支えてます支えてます。





みんな必死で支えてます!!





中には摘んでる人もいます。なにかを。





完全にチョケてる人もいます。
その仕上がりがどうなってるのか、お願いだから教えて・・。




って事で、こうなったら私も!


えいっ!



って・・雑過ぎましたね・・。
失礼いたしました。



どやっ!!



って、えっ?!
もっと上の方?!



とりゃっ!



って、これ結構難しい~!!




続いて相方さんも、

おりゃっ!



うん、まぁ、そんなことよりも、
お腹がちょっと出ちゃってる事の方が気になりますね。
バレてもたよ~。




いやぁ~それにしても、
斜塔を支えるのもなかなか楽ではないですね。





何枚も何枚も取り直してたら、
なかなか体力使いました!!


って事でちょっと休憩~。





おっと・・
お見苦しい写真失礼いたしました。




実はこのピサの斜塔、
向かいに広がる【ドゥオーモ広場】も含めて世界遺産に登録されているそうですよ。



素晴らしい景観。




って、ちょっとちょっと・・!





それは別に支えなくていいんだよ!!





いや、それ摘むのとか別に流行ってないから!!





いや、もう逆に倒しにかかってるから!




ピサの斜塔、
いっぱい遊べてとても楽しかったです!




これでしばらくはまだ、
ピサの斜塔が倒れる日が訪れることはないでしょう。




おまけ。



お土産で売られた『ピサの斜塔アロマオイル』も、しっかり傾いていましたよ。







今日も読んでくれてありがとうございます。

ブログランキングに参加しています!

最後に応援クリック!
押してもらえると嬉しいです(^^)
↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

現在9位!

皆様からの応援クリックが、
ブログを書くモチベーションになっています!

1日1回、上のバナーをクリックしていただくと、ポイントが入ってランキングが上がるシステムになっていますので、どうぞよろしくお願いします!!

コメントもお気軽にしていただけると嬉しいです(*^ω^*)



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

AYUKA

Author:AYUKA
8年間の美容師経験を経て、2013年4月から夢の世界一周旅へ出発!!
各国の景色、食べ物、人などなどを見て回るのはもちろん、旅中に出会った人達のヘアデザインもしていけたらなと思ってます♪♪

ランキングバナー

ブログ村ランキングに参加しています!!

1日1回コチラのバナーをクリックしていただけると嬉しいです!!

カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (12)
私について (16)
準備 (22)
国内旅行 (3)
バリ島 (9)
上海(トランジット) (1)
タイ (31)
ラオス (10)
中国 (20)
東チベット (8)
バングラデシュ (12)
インド (39)
スペイン (20)
フランス (7)
アイスランド (8)
イギリス (6)
ドイツ (12)
フィリピン(語学留学) (16)
シンガポール (1)
オーストラリア(ワーホリ) (154)
西オーストラリアラウンド (33)
仕事(ファーム編) (18)
仕事(美容室編) (24)
タイ(2回目) (7)
マレーシア (5)
アルゼンチン (16)
パタゴニア (20)
チリ (20)
ボリビア (17)
パラグアイ (23)
ブラジル (14)
ペルー (24)
エクアドル (23)
コロンビア (23)
パナマ (3)
コスタリカ (12)
ニカラグア (6)
ホンジュラス・エルサルバドル (1)
グアテマラ (23)
メキシコ (24)
キューバ (16)
アメリカ (48)
オランダ (7)
ベルギー (5)
ポルトガル (2)
モロッコ (20)
イタリア (19)
バチカン市国 (1)
クロアチア (2)
ボスニア・ヘルツェゴビナ (5)
セルビア (3)
ハンガリー (4)
ルーマニア (4)
ウクライナ (12)
ポーランド (4)
イスラエル (9)
パレスチナ (2)
エジプト (3)
タイ(3回目) (0)
カンボジア (0)
ベトナム (0)

ルートマップ

今までのルート!

My Twitter

良かったらフォローして下さいね!!

リアルタイムでつぶやき中!!

ブログ村ランキング

今日は何位かな??

1位目指して頑張ります!!

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR