FC2ブログ
topimage

2019-12

バイバイ、愛すべきウザイ国。 - 2017.07.07 Fri

長かったモロッコ編もいよいよ最後!



これまでのモロッコ旅だけでももう既に迷宮疲れしている私達なので、
フェズの一番の売りである迷宮都市は申し訳ないですがご遠慮させていただきたい・・。



とか、カッコつけて言ってみましたが、、、



その迷宮都市の中に一箇所だけ見てみたい場所があったので、、、



結局・・

なんやかんやで迷宮都市にも足を踏み入れちゃうお茶目な私達なのでした。


はぁ~お茶目はつらいぜ(´▽`)


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村







フェズもモロッコ随一の観光都市というだけあってさすが、

活気がありますね!!



迷宮都市と呼ばれるメディナ(旧市街)の中に一歩足を踏み入れれば、たーくさんのお土産屋さんが軒を連ねていて、


あちこちから、

「ジャパーン!」
「コンニチワ~!!」
「ゲンキデスカ~?!」

と声を掛けられます。



モロッコに来たばっかりの時は、
このフレンドリーな声掛けがあんなにも新鮮で嬉しくもあったのに、
3週間もいればそろそろ面倒くさくもなってきている薄情者の私。

ヤダヤダ、人って怖い。




くどいようですが、やっぱりフェズももれなくニャンコパラダイス!





これこれ!
このキリッとした目とシュッとした顔立ちがモロッコ猫の特徴です!

この目・・たぶん本気で殺り合ったら負けると思います。




猫好きの私としては、モロッコはたまらん国やったなぁ~。




こちらのビン詰めにされてズラッと並べられている色とりどりの食べ物、これ何のお店だか分かりますか??



正解は、オリーブ屋さんです!



モロッコはオリーブの食べ方にもこだわっていて、ピリ辛チリ味のオリーブとか、塩に漬け込んだ塩っぱいオリーブとか、色んな味のオリーブが楽しめるんです!



よくレストランの付け合わせに出されるオリーブ。
このオリーブが美味しくて、元々あまりオリーブが得意でなかった私もモロッコのオリーブの“食べ出したら止まらない感”にはハマりそうになりましたよ。




そしてそして、今までのモロッコ旅中もずっと気になってはいたけど、なかなか手を出す勇気が出なかったあのモロッコ名物に、
最後の最後でようやくチャレンジしてみる決心が付きました。



モロッコ人がこぞって大好物だというあのモロッコ名物。



その名も、、、



『クスクス』



40DH(約400円)


パスタの原料と同じ『デュラム小麦』を粉にして水分を含ませ、それを粒状にしてから蒸して乾燥させて作られることから、

世界最小のパスタとも呼ばれているクスクス。



モロッコのどのレストランでも大概置かれているのでずっと気になってはいたのですが、

なんせ・・あまり美味しそうに見えない・・という事からなかなか頼む勇気が出なかったんです。。


でももう今日でモロッコも最後やし、
このまま食べなかったらきっと一生後悔する!!


って事で思い切って頼んでみました!



するとそのお味は・・!?




えーっと・・、

次の話題にいきましょうかね・・(;´∀`)




私にはちょっと合わなかったということで・・

次の話題、次の話題・・!





****




フェズのメディナ内を歩いていると、
動物の皮をなんやかんやしている人が沢山いたり、(←適当)





沢山の革を運んでいる人をよく見かけます。




そう。

革製品が有名なモロッコですが、
どうやらそんなモロッコの中でもフェズはとっても革産業が盛んなようですよ!



そして私達がフェズで唯一行きたかった場所というのもそれ!

タンネリという革なめし工場!



と言っても私達、フェズに来るまでそんな場所がある事を知らなかったんです。

しかし宿にいたモロッコ人に「フェズで面白い所はない?」と聞いてみると、そのタンネリを教えてくれ、しかも入場は無料だと言うので行ってみることにしたんです。



そうしてタンネリを目指して歩いていた私達。



すると、その場所に近付いて行くにつれ、
その辺にいるモロッコ人達から、


「君達タンネリに行くのかい?それならこっちだよ~!」


と言って何度も声を掛けられ、
勝手に道案内をしようとされます。



お~、お~、これはなんとも怪しいぞ・・(-∀-`; )



「いや、私達自分達で行くから大丈夫!ありがとう!」


と言って断わるも、


「なんでだい?!無料だよ!」


と言って、負けじと道案内をしようとしてくるモロッコ人達。



この強引さ・・・。
それに自ら「無料」だと言ってくる人程怪しい人はいませんからね。




そうやって、次々と現れる怪しい敵達をなんとか交わしながらようやくたどり着きました!



革なめし工場!





おぉ~~!!かっけぇ~~!!


この工場に併設されている革屋さんの2階から作業風景を眺めれるようになっているのですが、
めちゃめちゃでかい絵の具のパレットのような所で職人さん達が体を泥だらけにしながらも黙々と革をなめしている姿はなんともかっこいいです!







噂ではこの工場見学はかなり匂いがキツいと聞いていたのですが、私達が行った時は匂い控えめだったのかなんなのか、全然匂いは気にならなかったですよ。


ところで、“なめす”って何?(バカ)



そうしてこちらがこの職人さん達の努力の末に完成された革製品達です。



渋いバックが沢山並んでいましたよ。



そうやって、かっこいい職人さん達の仕事に見惚れていたその時でした。



一人の穏やかそうな顔のおじさんが、ニコニコしながら話し掛けてきました。


「君達どっから来たんだい?」

「日本からです。」

「モロッコは旅行でかい?」

「そうです。」

「そうか。私は日本人がとても好きなんだ。そうだ、ここの屋上からはフェズの街が一望出来るんだ。良かったら上がってみないかい?いい写真も撮れるよ。」

「え、いいんですか?」




そうしてその穏やかなニコニコおじさんに連れられて、屋上へと登ってきた私達。





確かにそこからはフェズの街並みと、
先程の革なめし工場を見渡す事が出来たので、数枚写真を撮らせてもらった私達。



「どうだい景色は?」

「はい、とても綺麗です!ありがとうございました!」



そうお礼を言って、下に降りようとした私達。



すると、、、。



「一人20DHで2人で40DH(約400円)だ!」



「はい・・?」



見ると、さっきまでのニコニコおじさんは幻だったのかなと思うぐらい、鬼の形相で私達を見ているそのおじさん!

べ、別人・・Σ(-∀-ノ)ノ



「いやいやおじさん、そういう事は先に言わないとダメよ。後から言うなんてフェアじゃないよ。じゃ~ね、バイバイ!」


と言って事無きを得ましたが、


(嘘です。本当は物凄い言い合いになって喧嘩になりました。相方さんに至っては「ユーアークレイジー!!」と怒鳴られていました・・。)




うん。やっぱりここは、世界三大ウザイ国の一つで間違いないのかもしれない。



ってゆーか、そんなことなら最初から入場料を取ってくれればいいのに・・。

あのかっこいい光景なら少々のお金を払ってでも観たいと思う人は沢山いると思うんやけどな・・。

あんなずるいやり方をするからこっちも気を悪くしてお金を払いたくなくなるということに早く気付いてもらいたいものです・・。




そうやって、とても後味の悪い最後を迎えたモロッコ旅。




その日の夕方、宿の人が呼んでくれたタクシーに乗って、いよいよモロッコ出国へ向けてフェズの空港へと向かう私達。



するとなんとこの日はたまたまモロッコの王様がフェズにやって来る日だったみたいで、


(この人)



空港へと向かっている途中でたまたま、


王様と車ですれ違うという奇跡!!


↑護衛車



王様!!(黒い車)




なんかよく分かりませんが・・


やりましたよ私達!!ρ(T^T)


モロッコ最後に王様に見送られるなんて。。




そうしてやって来たフェズ空港。(可愛い)




荷物検査の所にまで猫が。(癒し)





そうしていよいよ3週間もお世話になったモロッコを飛び立つ時がやって来ました。






残念ながら最後の最後はモロッコの売りである(?)ウザイ部分を見せつけられた形となってしまいましたが、


それでもやっぱり3週間過ごしたモロッコは、
見所も多いし、
お土産物も可愛いし、
物価も安いし、
何より人がとても温かかったです。



この3週間で沢山のモロッコ人と関わる事が出来て本当に楽しませてもらったな。



まぁ確かにウザイ所も多々あったけど、
ただ一言で『ウザイ国』だとはとてもじゃないけど思えない。



強いて言うなら、

愛すべきウザイ国。



どうかこれからもモロッコには、
人々の温かかさと、少々のウザさをいつまでも持ち続けていってもらいたいなと思います。





今日も読んでくれてありがとうございます。

ブログランキングに参加しています!

最後に応援クリック!
押してもらえると嬉しいです(^^)
↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

現在13位!

皆様からの応援クリックが、
ブログを書くモチベーションになっています!

1日1回、上のバナーをクリックしていただくと、ポイントが入ってランキングが上がるシステムになっていますので、どうぞよろしくお願いします!!

コメントもお気軽にしていただけると嬉しいです(*^ω^*)

オンライン予約業界を変える!格安航空券を探すなら【Skypicker】
スポンサーサイト



モロッコ人女性は“凄い♡”らしい。 - 2017.07.06 Thu

見所満載過ぎてトータル3週間も滞在したモロッコですが、


いよいよ最後の町【フェズ】へ!



・バス、CTM社
・シャウエン13:15発→フェズ18:00着(所要約4時間半)
・75DH(約750円)+荷物代5DH(約50円)


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村







モロッコの主要な観光都市の中でも、
マラケシュと同じぐらい【フェズ】もよく聞く名前。





なんでも世界遺産に認定されているフェズのメディナ内(旧市街)は道が迷路みたいに複雑で、通称迷宮都市とも呼ばれているんだとか。








でも正直・・

モロッコのメディナなんてもはやどの街でも迷宮じゃね?( ゚д゚)

今までのモロッコ旅だけでも嫌という程メディナには迷わされてきたし、もうこれ以上迷路みたいな道に四苦八苦するのはごめんだぜ!



って事で残念ながらフェズでの滞在は1泊だけです。




それにしても・・

暑っついなぁ~フェズ・・(-_-;)



山岳地帯で涼しかったシャウエンに比べて、5月中旬でも40度近くまで気温の上がるフェズは地獄のように暑く感じました。



でもモロッコを旅中、宿の人とか色んな人から聞いたのですが、
モロッコに来る日本人の旅人はほとんどみんなスペインのトマティーナ(7月下旬)の前後に来る人が多いみたいで、
その頃は一年の中でも特に暑いモロッコの一番過酷な時期なんだそうですよ。



モロッコのベストシーズンと呼ばれる4月~5月に来た私達の時ですら場所によってはなかなか暑かったし、モロッコの安宿はエアコンもファンもないところが多かったので、そんな過酷な時期にするモロッコ旅はかなり大変なんじゃないかと想像します・・。



トマティーナからのモロッコという黄金ルート・・。



考え直すなら今ですよ!!(お節介)





今回フェズで私達が泊まった宿は、

【BackHome Fez】



・ダブルルーム1泊200DH(約2000円)
・トイレ、シャワー共同
・朝食付(パン、バター、モロッコティー)
・Wifiあり(部屋でも可)
・ファンもエアコンもなく、ちっちゃい小窓があるだけなのでちょっと暑い。
・共同冷蔵庫あり



設備的な面で言えば、今までのモロッコの宿の中では一番コスパが悪かったかも・・(;´∀`)

あと、ダニ・・?南京虫・・?どっちか分かりませんが私も相方さんも久しぶりに安宿の洗礼を受けることとなりました。
1ヶ月以上経ったリアルタイムの今もまだ咬まれた跡が治らないというしぶとさ。
お陰様で旅に出て初めてバックパックを丸洗いすることになったので、とてもバックが綺麗になった事だけは良かったことにしときましょう。



と、このままではとても良くない宿みたいな印象になってしまいますが、そうではありません!



ここの宿のオーナーのワジさんは日本に住んでいた事もあるらしく、日本語ペラペラでとても親切!



ちょっと離れた所にあるカルフールまで歩いて行こうとしたら車で送ってくれたり、
どんな事でも日本語で詳しく教えてくれるので、モロッコの事をより深く知りたい人にはオススメですよ!



あと、この時はワジさんの友達のモロッコ人男性2人が宿に遊びに来ていて、
とってもフレンドリーだった彼らとも色々とお喋りをしたのですが、



とりあえず、、、



モロッコ人女性は凄い♡らしいです。(急に下ネタ)



てっきりイスラム教の女性って普段から頭にストールを巻いて髪の毛も隠してるし、
出来るだけ手足も隠れる露出の少ない服をお召になられているので、
“夜の営み”も結婚をするまでは致しません!みたいな堅い感じなのかなぁ?と思っていたのですが、



実は、全然そんなことはないらしく・・



むしろ・・

毎晩欲しがる欲しがり屋さんなんだとか♡(※個人差あり)



あぁ見えて、かなり性欲が強めな女性が多いらしく、旦那や彼氏の前ではかなり積極的な女豹へと豹変するそうですよ!



なので、彼らもガールフレンドが出来た時には、
毎晩、毎晩、それはもう...毎晩のように休まず頑張るんだとか!!(何の話や!)




「えっ?日本人は毎晩しないの?」

と聞かれたので、



「いや、ほとんどの日本人は毎晩はしないと思う・・。」

と答えると、



「日本人は働き過ぎて家に帰ってくるともうその元気がなくなってしまっているんだ。」

と言われました。



う~む。。。
まぁ確かに・・この少子化な日本の現状を考えたらそれも一理あるのかもしれない。
(だから何の話?)



それにしても・・
アッパレだぜモロッコ男子・・。(そして女子)





と、

彼らとはそんな下ネタばかりを話していた訳ではなく・・



彼らのうちの一人(22歳)は、もうすぐアジアの国々を色々旅すると言っていました。



もちろん観光するのも目的でしょうが、
それよりも、自分の国とは違う人々の考え方、文化、言葉、宗教等を色々と見て学びたいんだと言っていました。
そういった経験は自分にとってとても重要な財産になるんだと。



自分の今いる世界が全てだとは思わず、
もっと広い世界に目を向けている彼。



2年間オーストラリアでワーホリをしていた私達よりも断然英語もペラペラで、
初対面の外国人である私達にも積極的にコミュニケーションを取ろうとする社交性もある。



その上下ネタユーモラスな話で楽しませてくれるだけではなく、しっかりと自分の考えを真面目に話す事も出来る。



この時、モロッコの若者に、

圧倒的なかっこ良さを感じました。



たぶん旅に出ていなかったら、
まさかモロッコにこんなにもしっかりとした考えを持つ若者がいるなんて思ってもみなかったと思う。



旅に出る前の自分は、豊かで裕福な国日本に生まれたというだけで、
“必然的に日本人は優れているんだ”という、どこか勘違いをした考え方を持っていたように思います。



モロッコの若者から凄く刺激を与えられて学ばされた宿。



虫の洗礼は受けたけどこの宿に来て良かったなと、しみじみと感じたのでした。








今日も読んでくれてありがとうございます。

ブログランキングに参加しています!

最後に応援クリック!
押してもらえると嬉しいです(^^)
↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

現在13位!

皆様からの応援クリックが、
ブログを書くモチベーションになっています!

1日1回、上のバナーをクリックしていただくと、ポイントが入ってランキングが上がるシステムになっていますので、どうぞよろしくお願いします!!

コメントもお気軽にしていただけると嬉しいです(*^ω^*)



モロッコの裏切り。 - 2017.07.03 Mon

世界三大うざい国の中の1つという、
不名誉な称号を与えられてしまっているモロッコ。


でも実際に来てみると、
人は優しくてフレンドリーやし、
雑貨は安くて可愛いし、
その町によって雰囲気も違って見所満載やし、


全くもってうざくない。


それどころか、モロッコめっちゃいい国やなぁ~という印象が私の心の大半を占めています(´▽`)


そんなモロッコ旅もそろそろ終盤に差し掛かってきたシャウエンという青い町で・・・





モロッコに裏切られる・・。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村






昨日は夜ご飯に『菅野美穂さん』をたしなませてもらったぐらいで、
全くと言っていい程まだシャウエンの青い町具合を堪能していない私達。



なので今日は存分に、

シャウエンの青さを堪能しに行きたいと思います!




と、その前に、、、


相方さんがアメリカのフリーマーケットで買ったけど電池切れで動かないアンティーク腕時計に新しい電池を入れ換えたいということで、

町中の路面でやっている、こじんまりとしているけどやけに貫禄のある時計屋のおじいさんに電池交換を頼んでみる事にしました。




なかなか古そうな時計なので、電池を入れ換えた所でちゃんと動くかどうかは怪しいところ。
もしかしたらすでに壊れている可能性だってあります。



そんなひと株の不安を抱いている私達をよそに、
手際良く新しい電池を入れ換えてくれたおじいさん。


さぁ、果たしてこれで時計は無事動き出すのか!?と目を見張る一同。


しかし時計は、、、



動かず・・!!



残念・・。やっぱりこの時計、もう壊れてたんやな・・。
と、すぐに諦めモードになった私達。



しかしそんな私達をよそに、おじいさんは突然、、


その時計を日当たりのいい場所に置いて、太陽の光を当て始めました!



「え、えっと・・おじいさん?それは一体何を・・?」

「今この時計は長い間使っていなかった事によって眠っているんじゃ。なので太陽の光を当てて起こしてあげるんじゃ。」

「ほ、ほぅ・・。」



時計が眠ってる・・?
だから太陽の光を当てて起こす・・?
ちょっと何言ってるのかよく分かりません(´・_・`)
とばかりに全くもっておじいさんの事を信用してはいない様子の相方さん。



しかしそこから数分間、しっかりと太陽光に当てた後、
「グッドモーニング♪」と言いながら指でコンコンコンッ!と軽く時計を叩いたおじいさん。



すると、、、



カチッ、カチッ、カチッ・・



う・・動いたーー!!(°д°)



す、すげー!!
今まさに、時計が長い眠りから目覚める瞬間を目撃しました!



あまりにも驚いている私達をよそに、
得意気に時計をはめてくれるおじいさん。
その優しそうな表情は、先程までよりもやけにカッコ良く、そして眩しく見えたのでした。


完全に疑っていてごめんなさい。


まさか時計が太陽の光によって目覚めるなんて・・。


これぞ長年時計と共に歩んできたプロの知恵を見せ付けられたなという感じです。




そうやって、見事時計も動き出したということで、気を取直してシャウエンのブルーシティー内を歩きますよ!



誰かあのおじさんにも太陽の光を当てて起こしてあげてください。




そうして歩き出したブルーシティー内はと言うと、、、












どこもかしこも真っ青でとってもキレイ!


思わず「わぁ~!」と声を上げてしまいそうな、想像を裏切らない程のしっかりとしたブルーシティー。


旧市街の中はとても入り組んでいて迷路のようにややこしいのですが、
1つ角を曲がる度にいちいち青くて美しい光景が広がっているので、ついつい何枚も何枚も写真を撮りたくなってなかなか先へ進めません。




町中の装飾もオシャレで可愛い!





心なしか、青いジェラバを着ている人も多いように感じます。





青い歯医者さん。可愛い。
こんな歯医者さんになら私も削られてみたいです。




シャウエンの町中では“色粉屋さん”を沢山見かけるのですが、







青い町にカラフルな色粉が映えて、それだけでもう絵になる光景!






壁+陶器類はテッパンで綺麗。





壁+ジェラバもテッパンで綺麗。




町の至る所にある公衆洗濯所。





トドラ渓谷周辺に住んでいる人達は川で洗濯をしていたけれど、ここでは公衆洗濯所にお洗濯をしに来ている人々を沢山見かけましたよ。

モロッコではまだまだ家に洗濯機がある家庭は少ないのかもしれません。




モロッコの他の町同様、
ここももれなくニャンコパラダイス!







町が青いと心なしか猫もオシャレに見える。
この町の猫はお得ですね。





あ、この子はただ普通に飼われていた犬です。
可愛くて載せたいだけ。




そしてここはおそらく、

シャウエン一美しい通り!






カラフルな植木鉢の配置具合が絶妙ですね!
インスタにはここの写真を使っておけば間違いなしです。




ブルーシティーと言えば、
以前インドの【ジョードプル】という町にも訪れた事がある私達ですが、


こちらのシャウエンの方が、
オシャレで洗練された青い町。

ジョードプルの方は、
ちょっと汚いけど味のある青い町。


といった印象です。



青さ対決だけで言うと、、、



シャウエンの勝ち!!だと私は思いましたよ!
まぁ正直あまりもうジョードプルを覚えていませんが・・。




そうやって存分にシャウエンの青さ具合を堪能したという事で、
最後は町から15分ぐらい登った所にある、あの山の上の教会を目指したいと思います!



あの教会の前からは、この美しきシャウエンの青い町を一望する事が出来るんだそうですよ!




って事で教会を目指して歩き出した私達。




すると途中の道端で、一人の現地の女の子から声を掛けられました。



「ねぇねぇ、写真撮って?」



海外でカメラをぶら下げながら歩いていると、よく現地の人から「私の写真を撮って!」と声を掛けられる事があります。


国によってはカメラなんてそんなに簡単に買えるものではなかったりもするので、
こちらが写真を撮って見せてあげると凄く喜んでもらえることもあります。


特に普段写真を撮られることに馴染みのない子供達が、好奇心から「撮って撮って!」と言ってくることはよくあるので、当然喜んで撮ってあげたいって思います。


しかし私達ももうそれなりの期間海外を旅してきているので、中には純粋に写真を撮ってもらいたくて声を掛けてきている訳ではない人もいるという事だって知っています。


でもその人がどういう気持ちで撮って欲しがっているかなんてその瞬間に100%判断は出来ないし、
それだったら疑うよりはまず喜んでもらえることを優先したいなと思うのですが・・。




やけに色んなポーズを指定してきて、とてもレパートリーが豊富なその女の子。




明らかに撮り慣れているなというその感じから、薄々そんな気はしていましたが、



写真を撮り終えた途端、案の定・・



「マネー。」



ハァ・・
テンション下がるわその言葉・・。



もちろんマネーなんてすぐに払いませんよ。何代やねん!って言う。

「ノー、ノー。」

と言ってお金を払うことを拒否する私達。




すると今度は、

「じゃ~これ買って!」

と言って、隣にあった商店で売られているお菓子の中で一番高いであろうプリングルスを指さしてねだってくるその女の子。



もちろんそれも「ノー、ノー。」と言って断っていると、
今度はその商店の店員の男(おそらく女の子の父親)が出てきて、


「写真撮ったんだったら買うのが当たり前だろ!」


みたいな事を言ってきました。



ここです。私が一番腹が立ったのは。

おそらくこの大人が指示を出して子供にこういう事をやらせているという事!!



正直、この親子の家庭環境とか生活背景とかは何も知りませんよ。
もしかしたら、生まれた国も育った環境も全然違う私には想像が出来ないような相当お金に困っている何か事情があるのかもしれない。



だとしても!

人を騙してお金を稼ぐようなやり方を、
こんな幼い子供にさせるようなやり方は、とても私には賛成出来ないな。



しかしそこからしばらくその親子との押し問答が続き、結局はもう面倒くさくなってそのプリングルスを買ってあげることにした私達。。。



今考えたら、

「いや、なんで買ったんや!」

と、とても後悔しています・・。




その後予定通り山の上の教会へとやって来た私達。



しかしそこから見える景色は、、、





・・全くもって綺麗じゃない。


いや、正確にはとても綺麗だったんですよ・・。
綺麗だったんですけどやっぱり・・


気持ちが沈んでると綺麗な景色も綺麗には見えなくなるもんなんですね・・。



そんなに大した事件ではなかったはずやのに、
なんかこの時凄くショックやったなぁ。



プリングルスの値段がどうとかではなく、
気持ちを裏切られたのが凄くショックでした。



もう4年以上も海外にいて、こんな風に騙される事には慣れていると思っていたけど、
実は全然慣れていなかったみたいです。。。



それに何よりも、今までずっといい国やなって好きになっていってたモロッコの終盤で裏切られたのが悲しかった・・。



でもそうやって落ち込んでても仕方ないので、無理矢理笑って写真を撮る私・・。





ま、その後しばらくは、、、



ずっとご機嫌ナナメでしたけどね。



あ~、もう一度癒されに、
菅野美穂ちゃんの写真でも拝みに行こうかな・・?





今日も読んでくれてありがとうございます。

ブログランキングに参加しています!

最後に応援クリック!
押してもらえると嬉しいです(^^)
↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

現在12位!

皆様からの応援クリックが、
ブログを書くモチベーションになっています!

1日1回、上のバナーをクリックしていただくと、ポイントが入ってランキングが上がるシステムになっていますので、どうぞよろしくお願いします!!

コメントもお気軽にしていただけると嬉しいです(*^ω^*)



ハシラビートからシャウエンへ!オススメは菅野美穂さん♡(宿情報もあり) - 2017.06.30 Fri

楽しかったサハラ砂漠ツアーを終え、
ハシラビートの町へと戻ってきた私達。


しかしそのままその日のうちに次の町、
【シャウエン】へと移動します!



「もう1泊ぐらいゆっくりしていったらどうですか??」

「今ならまだ部屋も空いてるし、バスもキャンセル出来ますよ?」




と、バス乗り場まで見送りに来てくれながらも、出発の直前まで私達をひたすら引き止め続けてくれたタカさん。



「いやいやいや、砂漠はもう十分です!お腹いっぱい!」



なんて言いながらも、その気持ち、とても嬉しかったです(´▽`)

イタリア行きのチケットさえ取ってなかったら、もうちょっとだけゆっくりしたかったなぁ~。



タカさんのお陰で楽しきハシラビート滞在となりました!!
またいつか日本で会いましょうね!!
トイレットペーパーは流しちゃダメですよ~!笑


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村







という訳で、タカさんとの笑いと涙のお別れの余韻に浸りながらも、夜行バスへと乗り込んだ私達。






ハシラビートからシャウエンへは直通のバスは出ていない為、まずは経由地の【フェズ】を目指します!



・国営バス、Supratours社
・ハシラビート19:00発→フェズ翌朝5時半着(所要約10時間半)
・180DH(約1800円)+荷物代5DH(約500円)



モロッコに来て初の夜行バス移動だったのですが、乗り心地がどうだったかなどは全くもって記憶にないあたり、たぶんそこそこ良かったんだと思われます。



一度朝方4時ぐらいに、

「フェズ着いたで!!」

と突然相方さんに叩き起されたので、慌ててバスから飛び降りたものの、まさかのそこはまだフェズではなく、『メケネス』という手前の町だということに気付き、慌ててもう一度バスに乗り直すという謎のハプニングがあったこと以外は何も覚えておりません。

なぜあの時相方さんはあそこがフェズだと言い切ったのか・・?
謎過ぎて今年一番怖かった出来事です。





そうして早朝5時半頃、フェズの列車駅の近くに到着したバス。



しかしまだ辺りは薄暗いし、次のシェウエン行きのバスもまだ出ていないだろうという事で、一旦駅の中のベンチで仮眠をとることにした私達。



と言ってもこういう状況でもどこでも寝れちゃう私と、気が張って寝れない相方さん。
なので必然的にいつも荷物の見張り番をしてくれてどうもあざす!




そこから1時間半ぐらい寝て(私だけ)、
7:00amぐらいにタクシー(10DH、約100円)に乗ってCTM社のバスターミナルへと向かった私達。


(CTMバスターミナル場所)



しかし朝8:00にそこから出ると聞いていたシャウエン行きのバスはまさかの満席!
次のバスは12:00pmまでないとのこと・・。



え~、まだあと5時間ぐらいある~・・
どうしよう~・・



と困っていると、

「旧市街のバスターミナルに行けばそこからシャウエン行きの民間バスが沢山出てるよ!」

とCTMのお姉さんが教えてくれました。



なので再びタクシー(20DH、約200円)に乗って旧市街バスターミナルへ!


(旧市街バスターミナル場所)



ここからはおそらく沢山の民間バス会社がシャウエン行きのバスを走らせているみたいなので、
タクシーで到着すると同時にバスの呼び込みの人に「シャウエン?」と声を掛けられて、すぐにバスに乗り込むことができました。



・民間バス、ABDOU VOYAGE社
・フェズ8:00amぐらい発→シャウエン13:00ぐらい着(曖昧・・)
・50DH(約500円)




今までモロッコではずっと国営のCTMやSpuratoursのバスに乗って移動していたので、民間バスに乗るのはこれが初めて!



国営バスに比べて民間バスはやっぱり値段が安い!


のはいいのですが・・


やっぱり車体自体はなかなかボロめで、
しょっちゅう色んな所で停車して人を乗せたりするのでかなり時間もかかりましたよ。


あと、サハラ砂漠の砂嵐の時にはそこまでくしゃみが出ていなかった相方さんですが、このバスに乗った途端くしゃみが止まらなくなっていました。

まさかの砂嵐越えのダスティーさ・・。
そんなバスなのでした。





そうしてハシラビートを出発してから約18時間後!



ようやくやって来ました!!

シャウエン!



この、城壁をくぐったシャウエン旧市街の中に入るとそこは、、、






青、





青、





青、、、



美しいブルーシティーが広がっているのです!



この街を走っているタクシーも青!
抜かりない。





広大な砂漠もあれば、
マラケシュやティネリールのようなピンクシティーもあったり、
エッサウィラのようなホワイトシティーもある。


そして更にこのシャウエンのブルーシティーと、、、


モロッコの絵変わり具合がハンパないですね!!



ブルーシティーと言えば、
前にインドのジョードプルにも訪れた事のある私達ですが、
果たしてどちらが青いのか!?


シャウエンVSジョードプルの、
世紀の青さ対決も見ものですね。





そんなシャウエンで泊まった宿は、

【HOTEL BAB EL AIN】



『朝陽と夕陽』さんのブログを観て真似させてもらいました♡



(場所はこちら)



・ツインルーム1泊150DH(約1500円)
・トイレ、シャワー部屋付き(ホットシャワー)
・Wi-Fiあり(部屋でも可)
・朝食付





パンにバターとジャム、
生絞りオレンジジュースと熱いミルクコーヒーという、お腹ちゃぷちゃぷになるけど美味しかった朝食。



ちなみにこの朝食時に毎回、
テレビでサウジアラビアにあるイスラム教の聖地メッカでの礼拝の様子が生中継されていて、
なかなか日本のテレビでは目にすることはないであろう神聖な映像を観る事が出来たのも貴重でした。



そして宿の屋上からは、、、





とても綺麗なシャウエンの青い町並みが見渡せます!
めっちゃ綺麗~!!

ここで洗濯物も干せちゃうよ!


朝陽と夕陽さん、素敵な宿情報を載せてくれてありがとう!!


とても素敵なお宿でした。




そんな素敵宿にも無事チェックイン出来たということで、一先ず得意の昼寝を挟み、
夜ご飯だけ食べに外へと繰り出しました~。



そうしてやって来たのは、宿の人からオススメされたレストラン、

【バブスール】





日本語で店名が書かれているあたり、
日本人にも人気のレストランなのかな?



そう思って店内に入ってみると、、、



あっ!!



こんなところに!!!((((;゚Д゚))))




菅野美穂!!さん!!


まさかの菅野美穂さんがここを訪れた時の写真が飾られていました~!!


菅野美穂さんも旅好きな女優さんだとは聞いた事がありましたが、まさかこんなモロッコの山奥にあるような町にも訪れていたなんて!


元々好きですが、更に好感度アップ~!



ってか、めっちゃ可愛い~!( ゚д゚)
天使やん。


あまりにも可愛すぎて、
この写真だけで体全身から癒された私!


あまりにも可愛すぎて、
無駄に3回ぐらい見に行った私!!




もちろん料理もとても美味しくて大満足だったのですが、





それを差し置いてでもこのお店の一番のオススメは、、、



菅野美穂!!さんです!!






今日も読んでくれてありがとうございます。

ブログランキングに参加しています!

最後に応援クリック!
押してもらえると嬉しいです(^^)
↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

現在12位!

皆様からの応援クリックが、
ブログを書くモチベーションになっています!

1日1回、上のバナーをクリックしていただくと、ポイントが入ってランキングが上がるシステムになっていますので、どうぞよろしくお願いします!!

コメントもお気軽にしていただけると嬉しいです(*^ω^*)



敏腕ガイド達の七変化。 - 2017.06.28 Wed

思ってた以上に盛り沢山な内容のサハラ砂漠ツアーにて、


この先の人生で、サンドボーディングだけはもう2度とやらないでおこうと強く心に誓った後は、、、



お待ちかね!


砂漠ツアーのハイライトと言っても過言でないであろう、


サンセットタイムです!



って事でもう一度、頑張って砂丘の上へと登ります。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村







先ほどのサンドボーディングにて、
「砂丘登りはもうこりごり!」なんて思ってた傍から早速再び登る事になり、
足が重過ぎてなかなか一歩一歩が進まなかった私ですが、


なんとか最後の力を振り絞って頑張って砂丘の頂上までやってきました。




するとそこから見えた景色が、、、





物凄い絶景!!

生クリームみたいに滑らかで、
これぞ地球の芸術やん!



砂が真っさら過ぎて足跡を付けたくないけど付けてやりたい!!



あ~~もったいない!!




私達をここまで連れてきてくれたラクダ達が、大人しく座って待機しているのが見えますよ。



しかも正座して。律儀。




そうしているうちに徐々に沈んできた太陽。





すると、さっきまで黄土色だった砂漠が、
徐々にオレンジ色に染まっていき、











更に真っ赤に変化していきます。







キレーーー!!!



そして更に日が沈むと今度は、





空と共に可愛いピンク色に!







この瞬間の色が一番好きやったな。




そして完全に日が沈みきると最終的には、





ダークな紫色!





これはこれでかっこいい!!



太陽が沈むにつれて様々な色に変化して、
想像以上に素晴らしかった、

砂漠のサンセットショー!



この砂丘の頂上から見渡しても、
地平線の向こう側までずーっとずーっと続いていく美しい砂の景色。

これが国を跨いでエジプトの方まで続いてると思ったら本当に広大で偉大すぎる。




おそらく明日には消えてしまうでしょうが、一応ここに来た証も残しておきましたよ。



ブログのタイムラグもバレてしまいましたね。



砂漠の砂って風に吹かれて毎日移動しているけど、不思議な事に砂丘の山の形って全然変わらないらしいですよ。


(自称)一年以上砂漠の町に住んでいるタカさんも、毎日ホステルオアシスのテラスから砂丘を眺めているけど、一年前から全く砂丘の形は変わっていないと言っていました。


だから砂漠ツアーのガイドさんも、
砂丘の形を見ればどっちに進めばいいか分かるみたいです。


砂で出来た山なのに、形が変わらないなんて不思議。




ラクダ使い兼ガイドもこなし、
更には私達のご飯まで作ってくれる敏腕ガイドさんなんですが、
サンセットタイム中はなんと、

敏腕カメラマンにも変身してくれました!!


とにかくレパートリーの引き出しが豊富で、様々な指示を出しながらお茶目な写真を沢山撮ってくれましたよ!



①定番のジャンプ写真



「ピョーーン!」という効果音が聴こえてきそうなぐらい華麗に飛ぶ相方さん。




顔が服に埋もれてマヌケな私。
砂も散らかしぎみ。



2人でも。



やっぱりマヌケな私。




②小道具も使います。



ベルベル人が巻くスカーフは実はめちゃくちゃ長かった!
それを使ってとても幻想的でいい感じに仕上げてくれました。




③砂でハート♡



これも上手に仕上げる相方さん。



一方私は・・



・・・?



2人でも。



どうやらこれが私達の愛の形のようです・・。




④最後は全員で!


まさか韓国人のみなさんと、、、





トリック写真を撮るなんて!

あれ?ここウユニかな?


2002年の日韓ワールドカップ以来の感動が再び!
お陰様で、と~ってもいい思い出となりました(´▽`)





そんな、楽しきサンセットタイムの後は、
またしてもガイドさんが作ってくれていた夜ご飯!



カレーみたいなのに、




野菜とチキンのタジン鍋!


更にこれにモロッカンラーメン(激辛)と、
デザートにスイカとメロンとヨーグルトまで付いて、

めっちゃ美味しかったしめっちゃお腹いっぱい!!


まさか砂漠でのご飯がこんなにも豪華だとは思いませんでした!!





そんな、時にラクダ使い。
時にガイドさん。
時にシェフ。
時に敏腕カメラマンへと変化を遂げてくれた我らが砂漠ツアーのガイドさん達なんですが、


なんと最終的には、、、



ミュージシャンと化しました!!


伝統的な太鼓を叩き、大きな声で歌いながら陽気なベルベルミュージックを奏でてくれる彼ら!


一体彼らだけで何役こなすつもりなんだ!!


この時既に夜の22時ぐらい!
朝からずっと動きっ放しだというのに物凄いサービス精神!


さらに踊りだしました!!(たぶんやけくそ笑)



サハラ砂漠のツアーと言えば、
砂漠で観る満天の星空が醍醐味だったりするようですが、残念ながら私達が参加した時は満月であまり星が観れなかったんです。

でもその代わり、月夜の下で踊る彼らの姿が、とても美しく見えたのでした。




そうしてこちらが今晩の寝床。



って、ベッドあるやん!!
しかも個室!!



私てっきり砂漠のキャンプって、
でっかいテントの中でみんなで雑魚寝みたいな感じなのかと思っていたら、
まさかの相方さんと2人部屋のテントを用意してもらえててめちゃくちゃビックリしました!


お陰様で朝までぐっすりでしたよ!ありがとう!





そして朝。



「おはよー♪」



6時ぐらいに起こされて、
またまた砂丘の上へ朝日を見に行ったのですが、眠過ぎて記憶にないので割愛します。





ただ、朝のう〇こタイムが長引き、
残念ながら朝日に間に合わなかった相方さんがベルベル人達に急がされて遅れて砂丘に登って来たのですが、、、





なぜかベルベル人のリーダーみたいになってて面白かったです。笑




朝一の砂漠は、何者もまだ立ち入ったことのないような、まるで汚れを知らないと言わんばかりにツルッとしててこれまた綺麗。





風で出来た波紋も幻想的。




という訳で盛り沢山だった砂漠ツアーですが、いよいよ町に向かって帰りますよ!





昨日来た時は太陽が真上にあったので見れませんでしたが、帰りはまだ登りきっていない太陽がラクダに乗っている私達の影を作ってくれました。







シルエットで見るラクダも素敵。



一泊二日も共にしたので、そろそろラクダとも心で会話が出来るようになってきたなとしみじみ感じ出した時ぐらいで、


ついに町の姿が見えてきましたよ!




いやぁ、楽しかったな砂漠ツアー。



広大で美しい砂漠が見れたのも当然良かったし、
韓国人の人達と沢山話す事が出来たのも良かったし、
ツアーの内容もずっと楽しかった!(サンドボーディング以外。笑)



でもやっぱり何が一番凄いかって、
これから私達が町に帰った後すぐに、、、



ガイドさん達は再び次のツアー客達と砂漠へ出発するということ!



この一泊二日で行った一連の流れを、
これからまた繰り返すということが凄すぎる!!



それなのにあのサービス精神とテンションの高さ・・。



ベルベル人を尊敬して止みません。






今日も読んでくれてありがとうございます。

ブログランキングに参加しています!

最後に応援クリック!
押してもらえると嬉しいです(^^)
↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

現在12位!

皆様からの応援クリックが、
ブログを書くモチベーションになっています!

1日1回、上のバナーをクリックしていただくと、ポイントが入ってランキングが上がるシステムになっていますので、どうぞよろしくお願いします!!

コメントもお気軽にしていただけると嬉しいです(*^ω^*)



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

AYUKA

Author:AYUKA
8年間の美容師経験を経て、2013年4月から夢の世界一周旅へ出発!!
各国の景色、食べ物、人などなどを見て回るのはもちろん、旅中に出会った人達のヘアデザインもしていけたらなと思ってます♪♪

ランキングバナー

ブログ村ランキングに参加しています!!

1日1回コチラのバナーをクリックしていただけると嬉しいです!!

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (12)
私について (16)
準備 (22)
国内旅行 (3)
バリ島 (9)
上海(トランジット) (1)
タイ (31)
ラオス (10)
中国 (20)
東チベット (8)
バングラデシュ (12)
インド (39)
スペイン (20)
フランス (7)
アイスランド (8)
イギリス (6)
ドイツ (12)
フィリピン(語学留学) (16)
シンガポール (1)
オーストラリア(ワーホリ) (154)
西オーストラリアラウンド (33)
仕事(ファーム編) (18)
仕事(美容室編) (24)
タイ(2回目) (7)
マレーシア (5)
アルゼンチン (16)
パタゴニア (20)
チリ (20)
ボリビア (17)
パラグアイ (23)
ブラジル (14)
ペルー (24)
エクアドル (23)
コロンビア (23)
パナマ (3)
コスタリカ (12)
ニカラグア (6)
ホンジュラス・エルサルバドル (1)
グアテマラ (23)
メキシコ (24)
キューバ (16)
アメリカ (48)
オランダ (7)
ベルギー (5)
ポルトガル (2)
モロッコ (20)
イタリア (19)
バチカン市国 (1)
クロアチア (2)
ボスニア・ヘルツェゴビナ (5)
セルビア (3)
ハンガリー (4)
ルーマニア (4)
ウクライナ (12)
ポーランド (4)
イスラエル (9)
パレスチナ (2)
エジプト (3)
タイ(3回目) (0)
カンボジア (0)
ベトナム (0)

ルートマップ

今までのルート!

My Twitter

良かったらフォローして下さいね!!

リアルタイムでつぶやき中!!

ブログ村ランキング

今日は何位かな??

1位目指して頑張ります!!

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR