FC2ブログ
topimage

2020-02

今日は元気がありません。 - 2015.08.27 Thu

こんにちは。





タイトルにも書いたように、
今日はちょっとだけ元気のない私です。






はぁ~....

やっぱり、海外で働くというのもなかなか楽ではないですね....(´-ω-`)肩ポンポン







私ぶっちゃけ、今働いてる美容室の他のスタッフから、あまり美容の知識がないと思われてると思います。

カラーの知識とか、パーマの知識とか。






というのも今私が働いてるお店のスタッフは、
私以外全員マレーシア人で、日本人は私一人だけ。





何度かブログでも書いているように、

働き方も、接客の仕方も、施術の仕方も、
使用する道具や薬剤も、
可愛いとかかっこいいと思うヘアスタイルのセンスも、

日本とは違う事がたっくさんあります。

それはもう、星の数に匹敵するぐらい。






でも今は完全に私が海外のサロンにお邪魔させてもらってる立場やし、むしろ英語もろくに話せなかった私を長い間雇ってくれてるだけでも本当にありがたいので、

私がその違いに合わせていかなければならない

のは当然の事だと思います。






なので今までたくさん他のスタッフから、

「ここはもっとこうした方がいいよ!」

と言われる事があったら、どんな事でも言い返さずに受け入れてきたし、






逆に、

「もっとこうした方がいいんじゃないか?」

って思う事があっても、それをわざわざ指摘したりもしませんでした。






なぜなら、その国にはその国に合ったやり方があるし、
そこに無理矢理日本のやり方とか価値観を押し付けるのもどうかと思っているからです。





なのでシャンプーの時にどんだけお客さんの耳がビショビショになってようが、

いくらカラー剤の1液と2液の割合が目分量であろうが、そっと見過ごしてきました。

だって、それがこのお店ではごく普通の事だから。






逆に私が日本で当たり前にやっていたようなやり方でしていると、

「なんでそんなやり方でするの?!」

と指摘される事もあります。





私がマレーシア人のやり方に疑問を抱くことがあるように、
マレーシア人も私のやり方に疑問を抱くことが沢山あるようなので、

何がおかしくて、何が正しいとかはないんだと思います。







というかむしろ、この店で一番おかしいと思われてるのは....
きっと私!((((;゚Д゚))))






日本では日本の常識こそが常識ですが、
海外では必ずしもそうではないように、
私のやり方こそが、ここではおかしいと思われている場合がほとんどだと思います。

そうです。残念ながら完全なる弱者です。







なので今まで色んな事を注意されたりして、自分の中ではあまり納得のいってなかったことでも、それを口に出す事はしなかったし、

日本との違いを説明した事もありませんでした。





だって、

「日本はこうだから自分はこうした」

なんて事を言ったところで、それはなんの意味もないと思ってるからです。

だってここは日本じゃないんですから。






それよりも、

「わかった!じゃ~次からはそうするね!」

と素直に言って、徹底的にこっちのやり方に合わせるべきだと思っています。







それにやっぱり私は他のスタッフと比べて、まだまだ圧倒的に英語が話せません。

なので今でも、複雑なカラーやパーマをするお客さんには担当させてもらえないんです。




なぜなら英語でカウンセリングをするのが私には難しいからです。

もし言葉に詰まってうまく説明できなかったら、お客さんを不安にさせてしまう恐れがあるので....。






なので、そんな立場の私が、
偉そうに他のスタッフに指摘したりとか、口ごたえなんてするべきではないと思っています。





だから誰も、この店と日本の美容室で色んな違いがあるなんて事も、

私が心の中でいろいろな事を思っている事も知りません。






なので私はここで働き出してから、
気付けばずっと、

自分のやり方や考えを押し殺してきていました。





そのせいでスタッフからは、私はあまりカラーやパーマの知識がないと思われてると思うんです。





でも別にそれでいいと思ってました。
そうやってこっちのやり方に完全に合わせる事が、ここで一番うまくやっていける方法だと思ってたからです....。









でも今日なぜか突然....
今まで全く口には出さなかった色んな想いが....






爆発してしまいました!!(|||´Д`)







それ程大した事を言われた訳ではなかったんですが、
仕事の事で指摘された事が、ここのやり方だから合わせないといけないと分かっていても、

どうしても自分の中では納得出来なかった。





なので初めて....

言い返してしまいました....。






なんか....

この店の中で、自分にしか分からない色んな想いとか、
出したくても出せない色んなやり方とか、
本当は出来るはずなのに英語の壁によって出来ないと思われている色んな技術とか、

色んな悔しい想いが込み上げてきて、
ちょっと泣きそうになりました(T^T)






あ、私....

本当は今までずっと我慢してきてたんやなって....。








とは言え....

こういう苦しい現状を作り上げてるのは全て自分自身。





皆からあまり知識がないと思われるような現状にしたのも私自身やし、





あえて日本人のいない環境で働く道を選んだのも私。





日本ではなくオーストラリアでお金を稼ごうと決めたのも私です。





なので全ては自分の行いによって出来上がっている現状なので、文句をいう事自体お門違いなんだと思いますが、





少しだけ、

本当の自分と見せ掛けの自分とのギャップに疲れてしまったようで....






思わず愚痴ってしまいました~(;´∀`)

長々とすいませんでした。。。






もちろん今までブログに書いてきたように、
日本との違いを楽しめる事も沢山あるんですが、
やっぱり辛い時もありますよね....(^_^;)







でも人生、辛い事があるからこそ、
人は成長出来るんだと思うので、

後々の自分がこの経験によって少しでも何か成長出来たと思えたらいいなと思います。







まぁそんな感じで、なんか全然楽しくない記事になってしまいましたが....





要は、

海外で働くのも色々と大変ですなぁ~!┐( ´∀`;)┌

っていうお話でした!







また明日から楽しいブログが書けるように頑張りまぁす~。










今日も読んでくれてありがとうございます。

最後に押してもらえると嬉しいです(^^)
↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


ブログランキングに参加しています!!
1日1回、上のバナーをクリックしていただくと、ポイントが入ってランキングが上がるシステムになっていますので、どうぞよろしくお願いします!!


コメントもお気軽にしていただけると嬉しいです(*^ω^*)

ご報告が遅れましたが.... - 2015.08.22 Sat

はて?





これは一体何でしょう??







黒くて、
そら豆形で、
素材はゴムっぽい感じです。




ヒント、

今私が働いている美容室で使われています。




おそらく日本の美容室で同じものを使っている店は、よっぽどマニアックな店じゃない限りないと思います。






って、もう分かっちゃいましたかね?







そうです。

正解は、、、








イヤーキャップです!!!



初めてこれを見た時、私の目が点になった事は言うまでもありません。




ご察しの通り、これをお客さんの耳に付けてカラーを塗る時は、もはや邪魔でしかありません。
邪魔するんやったら帰って!です。




嗚呼....可哀想なイヤーキャップ....(T^T)











そしてお次はパーマ液!




なにやら日本語で説明書きが書かれてあるのでよく読んでみると、、、











事前には良い仕事を鉄です。

....鉄?








そして更に、、、





加熱は9割ただまで(へ)。

(へ)。←爆








そして最後は、、、





火あぶりは造形を整理します!!!




こ....

怖すぎる!!!((((;゚Д゚))))




なんだかかなりヤバそうなパーマ液ですね!!
私は一度も使った事ありません。












あとは、カラーに関してなんですが、、、





普通日本ではカラー剤を作る時に、
1液と2液を1:1とか1:2とか、きっちり量って作るんですが、





なんとうちの店には、

量りがありません。





じゃ~どうするのかと言いますと、当然の如く!!




目分量です!!




大体これぐらいで1:1ぐらいかなぁ~?
みたいな感じで私は作ってたんですが、
なんと他のスタッフは、
そうではありませんでした!!





この事は最近になって初めて気付いたんですが、なんと彼らの2液の量を入れる基準は、、、





自分の塗りやすい硬さになるように入れてます!!((((;゚Д゚))))





あの....

美容師以外の人からしたら分からないかもしれませんが、2液の量によって仕上がりの明るさとか、明るくなるスピードとかって結構違ってくると思うんです。





でも、彼らはあまりそんな事気にしてないようで、

塗りやすい硬さになる事を第一に考えてます!!((((;゚Д゚))))




なんておめでたい話でしょう....。




今まで日本で1gも狂わないように必死でカラーを作っていたのはなんだったんだ...._| ̄|○ il||li




この事に気付いてしまった時は、なかなかの衝撃を受けた私なのでした....。











そんな、日本との違いが面白過ぎるオーストラリアでの美容師生活なんですが、、、






御報告が遅れてすみません。







なんと、、、








今後も働き続けれる事になりましたーー\(^o^)/





って、もちろん一生じゃないですよ!
ワーホリが終わるまでの期間って事です!!






というのも少し前の記事で、
オーストラリアのワーホリの規定で、
“同じ雇用主の元では6ヶ月以上働いてはいけない”
という規定があると書きました。




でも、もう既に今の美容室で働き始めて6ヶ月が経ってしまっている私。




本当ならもう辞めなければならなかったんですが、もうワーホリ期間もあと少しやし、今から新しい仕事を探すよりはこのままもう少しだけ働かせてもらいたいなぁ~。。。と思っていたら。。。







なんとかしてもらえました!!(;´∀`)






それは一体どういう事なのかと言うと、、、
ワーホリしてる人なら分かると思いますが、

そういう事です!!






いやぁ~、これは本当にありがたい!!






お陰さまで毎日ネットでパースの求人情報をチェックするという日課から無事卒業させてもらいました。






これにはオーナーのスコットには、本当に心から感謝です(T^T)






もちろんワーホリの私を6ヶ月以上働かせるという事は、オーナーのスコットにも少なからずリスクはあるはず。





それでも私の事を思って働かせてくれてるスコットの為にも!





残り数ヶ月、

一生懸命頑張りたいと思います!!!




もう一度初心に戻って気合いを入れ直すぞ!!




とりあえず、少し前にお別れしたはずのお客さんとまた会うのは気まずいな....(;´∀`)









今日も読んでくれてありがとうございます。

最後に押してもらえると嬉しいです(^^)
↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


ブログランキングに参加しています!!
1日1回、上のバナーをクリックしていただくと、ポイントが入ってランキングが上がるシステムになっていますので、どうぞよろしくお願いします!!


コメントもお気軽にしていただけると嬉しいです(*^ω^*)

どうなる!?私のワーホリ生活。 - 2015.08.07 Fri

こんにちは!






約3週間ぶりのブログ更新です!
お待たせしました!←?






いやいや、思ってたよりも空いてしまいましたね。





本当はもうちょっと早く更新しようかな?って思ってたんですが、なんせ前回の記事で、

更新止まります宣言を自ら発令してしまったので、あまりにも早く更新しちゃったら、

「いや、もう更新するんかぃッ!割と早かったな!」

って思われるんじゃないかと思って、逆に更新できませんでした(;´∀`)笑

え?気にしすぎ?






あと、前回ブログを更新した日は私の実姉の誕生日だったので、おめでとうついでに、

「お姉ちゃん最近も私のブログは読んでくれていますか?」

というメッセージを発信したんですが、
その後その事については一切なんの応答もなかったので....

しっかりと読んでくれていない!

ということが判明しました。
ご苦労様です。






それでもこの3週間、全く更新がないにも関わらず、毎日2、3人の人は必ずポチッとしてくれてたみたいなのでとても嬉しいです(*´ω`*)

お陰様でまだギリ100位以内には残れています!ありがとう!!

きっとその中の一人は私の実父ではないかと睨んでおります。








はいッ!

それでは3週間ぶりの近況報告いきますよ!!!
こうやって前置きが長くなるのが悪いクセ。








え~、最近の私はと言いますと、、、








着々と....

着々と....






確実に近付いて来ている....









無職になる日に怯えています!!( ´:ω:` )







と、言うのも....






オーストラリアでのワーキングホリデービザの規定には、

『同じ雇用主の元で6ヶ月以上は働いてはいけない!!』

という、厳しい決まりがあるんです!!







なのでどんなに仕事が出来ようが、
どんなにその会社を愛していようが、
どんなに泣いてあがこうが、

6ヶ月働いたら自動的に辞めなければなりません。





ねぇ....これ、なんのため....?










という訳で先日とうとう....



ジャパレスでの仕事が終了してしまいました!!!






毎日美容室が終わってから体力仕事のジャパレスに行くのは正直しんどかったし、
辞める前日までは一刻も早く辞めたいな....って思ってたけど、







いざ、最後の仕事を終えた瞬間は、、、

あれ....?ちょっとさみし....(/ _ ; )







ここでは、皿洗いもキッチンハンドもウェイトレスもキャッシャーもなんでもやらせてもらって、

最後には、もうそろそろ自分で店を開けるんではなかろうか?(←言い過ぎ)ってぐらい何でも出来るようになってたので、






完全に辞めてほしくなさそうやったな(* -∀-)(自意識)







なのでいつもは仕事終わりに賄いで何か一品持たせてくれるんですが、

最後は3品もくれました!!



チキンカツ丼とたこ焼きと枝豆。

最後の賄い。噛み締めていただきましたよ。
ありがとうございました。











そして、もう1つの美容室の方はと言うと、、、

20150801_131238_573.jpg

実はこちらも2日程前に、

6ヶ月が経っちゃいました!!(ノД`ll)





なので本当なら辞めなくてはいけないのですが、まだ私の代わりに働く新しいスタッフも見つかっていないので、今私に辞められちゃうと店的にも困るって感じで....

一応まだ働かせてもらってます。






でも、いつ新しい人が見つかって辞めなければならない日が訪れるかも分からないので、また新しい仕事を探さなくては....。






最近はお客さんとも、

あぁ....きっと今回でこの人の髪を切るのも最後やな....。

って思いながら接しています。






この6ヶ月間で、





本当に数回ですが私を指名して来てくださっていたマレーシア人の青年がいたり、






入店した当初は完全に私の事をバカにしていて嫌いだった中国人の男性とも、最近では笑って話せるようになって、実はその人が本当は日本が好きでよく日本に旅行に行くっていう事も知る事が出来たり、






私がヨニにバッサリ髪を切ってもらった時は、

「Ayuka!! did you cut your hair??」

と、沢山のお客さんに声を掛けてもらって、いつの間にか名前も覚えてくれていた人がいたり、







「アユカサン、ボクノコトオボエテマスカ??」

と、今、日本語を勉強中のシンガポール人の男の子と、カット中に日本語でお喋りし過ぎて、かなり時間がかかってしまい他のスタッフに怒られたり、







入店してすぐの時から何度も髪を切らせてくれて、

「コメディアンのボーイフレンドは元気か?」

と、いつも私の話したことを良く覚えてくれていて、優しく話し掛けてくれるオージーのオジサンには、

「初めの頃に比べてだいぶ英語が話せるようになったね。」

と褒めてもらえ、

「実はもうすぐこの店を辞めなければならないから、今日が最後だと思う。」

と言ったら、帰り際に

「Thank you!」

と言ってチップをくれました。
その瞬間に目頭が熱くなった私。









思えばこの6ヶ月間、色んな事があったな~。







初めの頃は本当に、

英語の壁にぶち当たり過ぎて、毎日仕事が辛くて一刻も早く辞めたい!って思ってたので、






まさか6ヶ月も続くとは思ってなかった....(-∀-`; )






それでもここまで頑張って続けて来れたのは、本当~~に、

周りで支えてくれていた他のスタッフのおかげ!!






って、、、

一応まだ辞めた訳ではないので、
スタッフへの感謝の気持ちを今ここで書くのはまだ止めておくことにしよう....。








そんな感じで、まだこの先どうなるのか分からない私のワーホリ生活。







って言っても、もう私のワーホリ生活もあと残り2、3ヶ月ぐらいなので、

正直もう....今から新しい仕事なんてしたくにゃい....。モチベーションのモの字も見当たりません....。





と言うかもう、ビザの残り期間的にも次の仕事が見付けられるのかも怪しいところ....。
最近パースは全然求人募集ないからね!
あったとしても、最低4ヶ月以上とか半年とか書いてるからね!







あわよくば、今の美容室であと数ヶ月だけズルズル働かせてもらえたらいいのになぁ~....

そんなに人生甘くないかなぁ~....








という訳でその辺はまた、何か進展があればご報告させていただきます!!







では!








今日も読んでくれてありがとうございます。

最後に押してもらえると嬉しいです(^^)
↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


ブログランキングに参加しています!!
1日1回、上のバナーをクリックしていただくと、ポイントが入ってランキングが上がるシステムになっていますので、どうぞよろしくお願いします!!


コメントもお気軽にしていただけると嬉しいです(*^ω^*)

日本の美容師制度ってどうなんや!? - 2015.07.08 Wed

おっと危ないっ!





私のブログ史上、最もゲスい下ネタ記事で更新を止めてしまっていました。。。





もしも私のブログを最近たまたま見つけて、初めて開いた人がいたとしたら、危うくブログに変な大人のオモチャばかり載せる下ネタ好きのヤバイ女と思われるところでした....(;´∀`)

危ない危ない....。








と、そんな願ってもいないイメージが付いてしまったら困るので、下ネタ記事の次は、

まぁまぁマジメな事を書こうと思います。

俗に言うギャップです。







とは言っても、今回は日本とオーストラリアの美容業界の違いについて書こうと思っているので、

きっと美容師以外の人にとってはなんの興味もない記事だと思います(;´∀`)





それに少々長くなりそうな気がするので、
別に美容業界のことについて興味無いわ!
って方は遠慮なくスルーしていただいて大丈夫です!

写真も一枚もないですよ~!
ダラダラと長~い文字地獄です!!
怖いですよ~!!









では、本題にいきますね。






前にも書きましたが、私がパースの美容室で働き出してから今で5ヶ月以上が経ちました。






その期間の間で、日本の美容室で働いていた時には気付かなかった、

日本の美容業界に対する疑問

をいくつか抱くようになったんです。






と言うのも、私自身が美容師という仕事をしているからか、パースの美容室で働いている日本人の美容師さんと知り合う機会が多々あります。






そしてその人達と話していて、必ずと言っていい程よく出る話題が、

「日本に帰ってからもまた美容師をするか?」

という事。







そしてほとんどの人が口を揃えて言うのが、






「一度オーストラリアの美容室で働いてしまうと、もう日本の美容室で再び働ける自信がない。」





たぶんもうこれは、4人中3人ぐらいの人は言ってると思います。

この言葉を聞く度に、なんだか少し悲しい気持ちになる私。





でも正直、その気持ちは私もよく分かるというのが事実です。





何故なら私も旅中によく、

「日本に帰ったらまた美容師するの?」

って聞かれた時はいつも、

「まだ分からん。」

って答えてました。






何故ならその時は、

美容師の仕事は好きやけど、あの労働条件にはあまり戻りたくない。

って思ってたから。







でもワーホリに来てからお金を稼ぐ為に美容師以外の仕事を色々してみたり、
そうかと思えばまた再び美容師の仕事に戻ってみたりと、色んな事を経験し感じたり気付いたりして、






今ではやっぱり、

私には美容師の仕事しかない。

って思っています。

日本に帰ってからも絶対また美容師をすると思います。







では何故そんなにもオーストラリアの美容室で働いている日本人の美容師が、日本に帰ってから再び日本の美容室で働ける自信がないのか?

何がそんなにオーストラリアの美容室と違うのか?と言うと、






それはまぁ、
厳しさだったりだとか、休憩時間が長いとか短いとか、休みが多い少ないとか、給料が多い少ないとか、色んな事があると思うのですが、

私が思うに一番は、、、




自分の時間が無さすぎる!!!

ってとこだと思います。







というのも日本の美容室では仕事が終わった後に、

夜遅くまでレッスンするのが当たり前!!

私も日本でアシスタントの頃は、基本的に毎日お店を出るのは夜の10時以降でした。
遅い時は11時とか12時とか....。





でもそのレッスンは自分の技術向上の為にやっているので、『残業』という括りには入りません。

いわゆる修行ってやつです。






でもそれをしない事にはお客さんに満足のいく技術を提供する事が出来ないし、
美容師にとってレッスンは絶対に必要で重要な事だという事も分かります。







でも少し前に、どこかのサロンのオーナーさんが、自分のサロンのスタッフが毎日夜遅くまで残ってレッスンしていて凄い!!みたいな事をFacebookに上げていました。




それを見て少しゾッ....としてしまった私。





いや、そりゃ凄いですよ!!!
そこまで高いモチベーションを持って頑張ってレッスンしているなんてめちゃくちゃ凄いし立派だと思います!!






でもこれをもしオーストラリアでアップすると、恐らく凄いという言葉よりも、

クレイジーだ!

と思われるんじゃないかと私は思います。








私は今までパースに来て色んな美容室を見ましたが、夜遅くまで残ってレッスンしている店を一度も見た事がありません。

むしろ仕事が終わったらさっさと帰って、自分のプライベートの時間を楽しみたいと思っている人がほとんどだと思います。






でも外国人の美容師と一緒に働いてみて、決して技術が日本人より劣っているとは感じません。
(技術にもよりますが。)






そこで、

“なんでこの国の美容師は、夜遅くまでレッスンしなくてもちゃんと技術が身についているんだろう?”

と、凄く疑問に思った私は今一緒に働いているマレーシア人の美容師全員に聞いてみました。

(彼らは全員オーストラリアの美容学校にも通い、オーストラリアでも技術を学んでいます。)







そこで分かったのが、オーストラリアでは、

美容学校を卒業した時点で、ある程度の技術が身についているから。





こっちの美容学校も、2年間は通わなくてはいけないそうなんですが、その間に色んな技術をある程度の所まで身につけてみんな卒業していくそうです。





でもその時点ではまだ、美容師としての経験値が足りないので、そこから美容室に就職して、2年ぐらいはアシスタントとして、実際にお客さんの頭に施術しながら経験値を伸ばしていくそうです。





なので毎日マネキンの頭でレッスンするのではなく、

実践で伸ばしていくというやり方みたいです。





でもその方法が出来るのも、
美容学校である程度の技術が身についているって事が前提だからだと思います。










私も日本で美容学校には2年間通いました。
オーストラリアと同じ期間です。





では卒業してすぐに、お客さんの髪を切れるだけの技術が身についていたかと言うと、、、




全くもって身についていませんでした!!!((((;゚Д゚))))





カットどころか、カラーもパーマも....
シャンプーすらも満足に出来ない状態....。






いや、あんた....
2年間も美容学校で一体何やってたんや....?
って聞かれると、、、







国家試験に受かる為に、毎日一生懸命その課題を練習していました!!!!








そう。

これこそが日本とオーストラリア(海外)との一番の違い!!!だと私は思っています!!!







オーストラリアでは、
美容師になる為に美容学校へ通いますが、






日本では、
国家試験に受かるために美容学校へ通っているようなもんだと思います!!!







もちろん日本では国家試験に受からなければ美容師になれないので、美容師になる為には必ず国家試験には受からないといけないのですが、






その国家試験の課題の内容と言ったら....






いつの時代のパーマ....?!(;´Д`)





みたいな....

なんかよく分からない謎のローションみたいな物を使って作るパーマスタイルが、私の時の課題でした。





当然、私がお店で働き出してから、その技術をお客さんに使った事は一度もありません。一度も!!!

そうです。全く実践的ではない技術です。





その全く実践的ではない技術の為に、
日本の美容学校では2年間掛けて、
200万円程の学費を掛けて、

毎日ひたすら....

ひたっすらそれを練習するんです!!!(;´∀`)





もちろんそれだけではなく、その他の技術も軽く教えてもらいましたよ。
でもそんなのカスった程度です。






2年間もの長い月日を掛けて、
そのまるで実用性のない物を練習して、

一体それに何の意味があるんでしょう?






もちろん美容学校としては、我が校の生徒をなんとしてでも国家試験に受からせなければならないので必死なのも分かります。






なので結局は何が言いたいのかと言うと、、、






もう少し日本の国家試験制度はどうにかならないものなのか!?





せめてもう少し時代に合った、
実践的な課題に変えてはもらえませんかね??





おかげ様でこっちは美容室で働き出してからも、毎日自分の時間を潰してレッスンに明け暮れる毎日ですよ。






それが嫌になって、せっかく美容の仕事は好きなのに、美容師を辞めてしまう人がたくさんいるのがもったいない!!






オーストラリアの美容師はみんな、
仕事だけじゃなくて自分のプライベートもしっかり楽しみながら、美容師の仕事も楽しんでやっています。





日本もいつかそうなればいいなぁ。






日本に帰ってから日本の美容室で再び働く自信がないなら辞めればいい。

と言われてしまえばそれでおしまいですが、私はそうは思いません。








とは言え、私の力で今まで代々伝わってきた日本の美容業界を変えることなんて出来ないので、





せめて将来私は、

仕事もプライベートも両方楽しめる美容室

を自分で作りたいなって、今は漠然と考えてます。





具体的な事はまだ今考え中なのであまり聞かないでください。笑






でもそうやって、将来自分がどんな美容室を作りたいのかっていうのが、オーストラリアの美容室で働いてから定まった気がするので、

ここで働いて本当に良かった~(*^^*)






その為にもまだまだこれからも頑張らなくては!!!







今日も読んでくれてありがとうございます。

最後に押してもらえると嬉しいです(^^)
↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


ブログランキングに参加しています!!
1日1回、上のバナーをクリックしていただくと、ポイントが入ってランキングが上がるシステムになっていますので、どうぞよろしくお願いします!!


コメントもお気軽にしていただけると嬉しいです(*^ω^*)









チップを渡す意味。 - 2015.06.25 Thu

海外を旅していると、
日本との文化の違いに戸惑う事が多々ありますが、



その一つが、
チップの習慣。



日本ではほとんどチップの習慣なんて浸透してないと思うので、




ホテルマンが荷物を部屋まで運んでくれた時や、
ハウスキーピングをしてくれた時。
レストランで食事をしたら初めからチップ代も含んで料金を請求された時等。





こういう場合いくらぐらいチップを払うのが相場なんやろう!?とか、

ヤバイ!小銭がなくてお札しか持ってない!!とか、

私も旅中何度か戸惑う事がありました。






というか、正直....

めっちゃ煩わしく思ってました(ーー;)

チップの制度なんてなくしてしまえよ!
みたいな....







ところが、

オーストラリアに来て、美容室で働くようになってから職業柄、

お客さんからチップをいただく事が多々あります。





オーストラリアもそこまでチップ文化が浸透している国ではないので、みんながみんなくれる訳ではないんですが、

ヨーロピアンやオージーの髪を切った時が特に、帰り際にチップをいただく事が多いです。




値段で言うと大体$5(約500円)ぐらい。
一番多かったので$15もらった事もありました。





今までの人生で、人からチップをもらった事なんて1度もなかったので、初めてもらった時はもう、

めちゃくちゃ嬉しかった!!





それは別に儲けた事が嬉しいんではなくて、

自分のした仕事にちゃんと満足してくれた証

だと思ったから嬉しかったんです。






大体のお客さんは、帰り際にThank you!と言って帰ってくれます。

でも内心はそのヘアスタイルが気に入ってるか気に入ってないかなんて私には分からない。





でもお支払の時に$30渡されて(私の店はカット代は$25です)、

「5 for you!」

と笑顔で言われたら、





あ、この人にはしっかりと満足してもらえたんだな(*´ω`*)

と、私自身にもしっかりと伝わります。




その気持ちが伝わるとその日1日happyな気分になれる事もあります。





そうやっていただいたチップは、
私は自分へのご褒美として、自分の為に使うようにしています。




いつもは安いインスタントコーヒーばかり飲んでるけど、今日はカフェでコーヒー飲んで帰ろうかな!とか、

ケーキでも食べちゃおうかな!とか、





お客さん的には軽い気持ちで渡したかもしれないチップですが、それは私に、

小さな幸せを与えてくれます。






今まではチップを払う事に煩わしさを感じていた私ですが、

実際に自分がもらってみて、

相手への感謝を一番分かりやすい方法で表せるのがチップだったんだな!

と、ちゃんと理解する事が出来ました。




なので今では、

とても素敵な文化だと思っています。









なので....

今思えば中国で東チベットを旅した時に、チャーターした車のドライバーのおっちゃんが凄くいい人で、

かなり道も険しいし、途中で予想外に道路が工事中で回り道しなければならなくて、かなり予定時間をオーバーしながらも、

私達の為に何度も景色の綺麗な所で車を停めて写真を撮らせてくれて、おっちゃんの仕事時間をかなり長引かせてしまいました。

それでも全く嫌な顔せずに最後まで笑顔で目的地まで送り届けてくれたのに、

私達は初めに言われてた料金しか払わなかった。

一緒にその車をシェアしていたオランダ人の青年達はちゃんと余分にチップを渡してた。

その時のおっちゃんの顔、めちゃくちゃ嬉しそうやったなぁ。

今ならその時のおっちゃんの気持ちが良く分かります。

なんであの時少しのチップも払わなかったんや!!( ´:ω:` )

と、今になって後悔しています。







特に旅中は自分も限られたお金で旅しているので、
どんな事でもいかに安く済ませれるか!
を優先させてしまっていて、大事な事が見えなくなっていたかもしれません。







なので、 今でも自分の本意ではない時に渡すチップは嫌ですが、

これからは、

自分に少しの幸せを与えてくれた相手には、少しの幸せを返す気持ちで

チップを渡していきたいなと思います。









今日も読んでくれてありがとうございます。

最後に押してもらえると嬉しいです(^^)
↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


ブログランキングに参加しています!!
1日1回、上のバナーをクリックしていただくと、ポイントが入ってランキングが上がるシステムになっていますので、どうぞよろしくお願いします!!


コメントもお気軽にしていただけると嬉しいです(*^ω^*)

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

AYUKA

Author:AYUKA
8年間の美容師経験を経て、2013年4月から夢の世界一周旅へ出発!!
各国の景色、食べ物、人などなどを見て回るのはもちろん、旅中に出会った人達のヘアデザインもしていけたらなと思ってます♪♪

ランキングバナー

ブログ村ランキングに参加しています!!

1日1回コチラのバナーをクリックしていただけると嬉しいです!!

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (12)
私について (16)
準備 (22)
国内旅行 (3)
バリ島 (9)
上海(トランジット) (1)
タイ (31)
ラオス (10)
中国 (20)
東チベット (8)
バングラデシュ (12)
インド (39)
スペイン (20)
フランス (7)
アイスランド (8)
イギリス (6)
ドイツ (12)
フィリピン(語学留学) (16)
シンガポール (1)
オーストラリア(ワーホリ) (154)
西オーストラリアラウンド (33)
仕事(ファーム編) (18)
仕事(美容室編) (24)
タイ(2回目) (7)
マレーシア (5)
アルゼンチン (16)
パタゴニア (20)
チリ (20)
ボリビア (17)
パラグアイ (23)
ブラジル (14)
ペルー (24)
エクアドル (23)
コロンビア (23)
パナマ (3)
コスタリカ (12)
ニカラグア (6)
ホンジュラス・エルサルバドル (1)
グアテマラ (23)
メキシコ (24)
キューバ (16)
アメリカ (48)
オランダ (7)
ベルギー (5)
ポルトガル (2)
モロッコ (20)
イタリア (19)
バチカン市国 (1)
クロアチア (2)
ボスニア・ヘルツェゴビナ (5)
セルビア (3)
ハンガリー (4)
ルーマニア (4)
ウクライナ (12)
ポーランド (4)
イスラエル (9)
パレスチナ (2)
エジプト (3)
タイ(3回目) (0)
カンボジア (0)
ベトナム (0)

ルートマップ

今までのルート!

My Twitter

良かったらフォローして下さいね!!

リアルタイムでつぶやき中!!

ブログ村ランキング

今日は何位かな??

1位目指して頑張ります!!

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR