topimage

2017-09

他人事ではないチェルノブイリ原発事故。 - 2017.09.21 Thu

ウクライナ、キエフの北方約135kmに位置する町、


【チェルノブイリ】







この町の名前を聞いて思い浮かべるものは、
おそらく誰もが同じだと思います。




『チェルノブイリ原子力発電所事故』




1986年4月26日1時23分、
ソビエト連邦(現:ウクライナ)のチェルノブイリ原子力発電所4号炉で起きた原子力事故。


後に決められた国際原子力事象評価尺度(INES) において最悪のレベル7(深刻な事故)に分類された、


世界で最大の原子力発電所事故の一つである。(wikipediaより)


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村







原発の事故と言ったら、
日本人の私達からするともはやもう他人事ではありません。



キエフからは実際にチェルノブイリ原発へ行くツアーなども遂行されているのですが、
料金が100USドルぐらいと少々お高めだったので断念した私達。



しかしキエフの街の中心地にチェルノブイリ原発事故に関することが学べる博物館があるということで、
そちらの方には足を運んでまいりました。



【ウクライナ国立チェルノブイリ博物館】





チェルノブイリ原発事故から6周年に当たる1992年4月26日に開設されたこの博物館。

・入場料10フリブニャ(約40円)
・オーディオガイド50フリブニャ(約200円)





オーディオガイドは日本語もあって、
かなり詳しく説明を聞くことが出来ます。




博物館の中に入るとまず私達の目に飛び込んできたのが、

天井に吊るされた沢山の町の名前が書かれたプラカードと、その間を泳ぐように飾られた日本の鯉のぼり。









このプラカードの裏側を見ると、、、



赤い斜線で町の名前が消されています。



つまりこれは、チェルノブイリ原発事故によって人が住むことの出来なくなった町の名前



当然ながら事故から30年経った今現在もです。



想像していたよりもその数が多くて衝撃を受けた私。
これらの町に住んでいた人全員が故郷を失ったということなのですね。



そしてやはり2011年3月11日に起きた、
日本の福島原発事故へも思いをはせるような意味合いで、日本の鯉のぼりも飾られているんだと思います。




チェルノブイリ博物館は二階建てになっていて、原発事故に関する資料は主に二階に展示されています。



事故が起きた時刻、1時23分で止まったままの時計。



2階の展示室では、事故に関する様々な資料と共に、
沢山のの写真もびっしりと展示されています。



事故当時、そして事故後の応急処置や放射能の除染作業に携わった人々の写真。

原発作業員だけではなく、駆け付けた消防士、放射能を浴びた人々の処置を行った医師など、様々な人達が私の想像には及ばない程のその後の大変な作業に携わっていたそうです。



そしてその中でも写真に黄色と赤色のマークが付けられている人が沢山います。





これらの人達は、原発事故処理による重度の放射線障害によりその後亡くなられた人達。


こういった作業に従事された方々の半数以上は、その後亡くなられた、もしくは身体障害者となってしまったそうです。




こちらはチェルノブイリ原発事故の様子を再現した模型。



事故前。




爆発時。




事故後。



完成当時は“事故など絶対に起こるはずがない”と、国は自信に満ち溢れていたそうです。



しかしやっぱり、この世に絶対なんて事はないんだということですね。




私がこの博物館を訪れて一番衝撃だったのが、



事故が起きた後もしばらくは、
国がその詳細をほとんど国民に隠していたということ。



事故が起きた翌日のソ連の新聞。



オレンジ色で囲われたほんの小さなスペース。
新聞の一面でもおかしくないようなこんなに重大な事故の詳細が、この小さなスペースだけで報道されていたんだそうです。



なので事故が起こったその翌日でも、
その近辺で暮らしている人々に危機感はほとんどなかったんだとか。



事故が発生して3日が過ぎ、
ようやく30km圏内に住む住民十数万人に避難勧告が出され、トラックで他の街へと移送された人々。



その時もまだ、住民達はすぐに戻って来れると思っており、必要最低限の荷物しか持たずに出てきた人も沢山いたそうです。



しかしその人々が再び生まれ育った故郷で暮らせる日は、二度と戻ってはきませんでした。



原発事故での正確な被害者の数を測定する事は物理的に難しいそうなんですが、
この事故直後から甲状腺に異常を訴える人の数が急増しているそうです。



国や政府が早急に事態を国民に知らせていれば、被害はもう少し抑えることが出来たかもしれないのに・・。




植物は放射能を吸収しやすいそうで、
元々緑色だった葉が大量の放射能を吸収したことによって赤色に変色した木。





原発事故の後は奇形で生まれてくる動物も沢山いたそうです。



そしてそれは動物だけではなく、
人間も・・。




こちらの地図では、
世界中で今現在稼働している原子力発電所の位置が示されています。



こうやって見ると・・

日本の原発の多さに驚かされます!


そんなに大きな国ではないのに、
一国だけで何ヶ所原発があるんや((((;゚Д゚))))




原発を停止させておくのにも莫大な費用が掛かるという話も聞いたことがあるので、
「危ないからじゃ~すぐに停めよう」とかいう簡単な問題ではないのかもしれませんが、



やっぱりこの博物館を訪れて、
この惨事を目の当たりにすると心から原発に賛成することは難しいですよね・・。




旅中に出会った福島県出身の男の子は、
実際にチェルノブイリツアーにも参加したそうで、
廃墟と化した町並みを目にし、
未来の福島を見ているようで悲しくなったと言っていました。




博物館の一階部分は全て、
福島を追悼する展示物が飾られていました。








この博物館で見る物全てに、
日本で起こった出来事とリンクさせて見てしまいます。



初めは国民に詳細を隠していたソ連ですが、その6年後にはこうやって博物館を造り、過去の過ちを教訓に変えようしている。



福島の事故からも今年で丸6年が経ちました。



日本ではどれぐらいの情報が公開されているんだろうか?





今まで正直原発の事についても、
漠然としか意識を向けれていませんでしたが、



やっぱりここを訪れたことによって相方さんともかなりこのことについて話し合うことも出来たし、



同じ宿の日本人や外国人とも意見を交換する事が出来てとてもいいきっかけになったと思います。



過去の過ちをどう教訓に変えていけるのか。



もはや他人事ではなくなってしまったこの大変な出来事について、一人一人が考えてみる事がとても大事な事なのかなと思います。








今日も読んでくれてありがとうございます。

ブログランキングに参加しています!

最後に応援クリック!
押してもらえると嬉しいです(^^)
↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

現在7位!

皆様からの応援クリックが、
ブログを書くモチベーションになっています!

1日1回、上のバナーをクリックしていただくと、ポイントが入ってランキングが上がるシステムになっていますので、どうぞよろしくお願いします!!

コメントもお気軽にしていただけると嬉しいです(*^ω^*)



スポンサーサイト

キエフで食べたあれこれ。 - 2017.09.20 Wed

ウクライナ滞在中、
ハマりまくってしょっちゅうスーパーで購入していたレモンのお酒。

『GARAGE』



19フリブニャぐらい。(約76円)


ウクライナに来たらみんな飲んでー!!( ゚д゚)


東欧はどの国でもレモンのお酒が充実していて、スーパーで気軽にレモン酎ハイみたいなのが購入出来ます。


その中でもウクライナのこのお酒は、
いいぐらいの甘さとスッキリ具合でめっちゃ美味しかった!

超オススメ!!


さぁみんな飲んでー!!( ゚д゚)



にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村






と、そんな感じで今日は、
キエフで食べた“食べ物”にスポットを当てていきたいと思います!




まずは、以前にも書きましたが、
現在空前の寿司ブームが巻き起こっているウクライナ。

安くて美味しいお寿司が気軽に食べれる事で有名なのです。



しかし・・キエフ初日に何を血迷ったのか、間違って高級寿司店に行ってしまった私達・・。



その時の雪辱を晴らすべくやってきました!!


【Сушия 】



キエフの街中に沢山ある寿司チェーン店!
『Сушия 』と書いて『sushiya』と読むんだと思います。たぶんたぶん。



ここならあの時みたいにおどおどせずに気軽に美味しいお寿司を楽しめるはず!!



だったのですが・・



このお店にやって来てからというもの、終始不機嫌なこのお方・・。



↑このお方。



というのもこのお店のお寿司には、
ほとんど全部・・クリームチーズが挟まってる!!((((;゚Д゚))))


・サーモンロール、109フリブニャ(約436円)



この世でチーズとトマトと牛乳が最も嫌いな相方さん・・。



相方「寿司にチーズは邪道やろがこのボケカスがー!!(╬ಠ益ಠ)ゴルァ!!」



私「いやいや、海外のお寿司なんてそんなものなのよあなた・・落ち着いて・・( ノ´`)ノ」




なので仕方なく、
寿司屋なのにラーメン79フリブニャ(約316円)を注文した相方さん。



するとそのラーメンがまた・・



ちっこい・・。

お茶碗一杯分・・。




相方「こんなもんで腹が膨れるかこのボケカスがー!!(╬ಠ益ಠ)ゴルァ!!」



あと・・



相方「なんでお箸が輪ゴムで括られてるのか教えてくれこのボケカスがー!!(╬ಠ益ಠ)ゴルァ!!」



普段は仏のように心穏やかで優しい相方さんなんですが、食べ物に関する恨みだけは根深いようで、

この時ばかりはマジで殺されるかと思いました。



もう二度と、ウクライナの寿司屋にだけは彼と行くのはやめておこうと心に誓った私なのでした。






さて、続きましては色んな人のブログなどでかなり評判だったこのお店!

【Пузата Хата】



『Puzata Hata(プザタ・ハタ)』と読むそうです。


キエフの街を歩いていると、どこに行ってもそこら中でこの看板を見掛けるぐらい、
沢山店舗のあるチェーン店。

しかもどの店舗を覗いてもめちゃくちゃ流行っていて、ウクライナの地元の人達からも大人気のお店なのです!



ここはズラーっと並べられた数種類のおかずやドリンクの中から、自分の食べたい物を選んでトレーに乗せていくシステム!



一回目来た時は、、、



私:卵乗せグリルチキン、キエフ風カツレツ、ボルシチ(スープ)、キャベツとキュウリのサラダ、パン、アセロラジュース。




相方:キノコのハンバーグ、キエフ風カツレツ、ボルシチ、キュウリと玉子のサラダ、ピラフ、レモネード。



この時はまだ配分が分かっておらず、欲張ってちょっと取りすぎてしまいましたが、
これで1人400円ぐらい!


やっすー!!( ゚д゚)


しかもどれもめちゃくちゃ美味しい!!
ハズレなし!!
お腹いっぱい!!



2回目来た時は、



私:キノコのハンバーグ、ピラフ、トマトとキュウリのサラダ、レモネード。




相方:ボロネーゼ、グリルチキン、ピラフ、じゃがいもの冷製スープ、生ビール。



この時に至っては2人で560円ぐらい!!



やっすー!!( ゚д゚)



しかも相変わらずどれも美味しすぎ!!
コスパ良すぎ!!



いや、もうこれ、



毎日ここでいいやん。



間違いないやん。
冒険いらんやん。



とりあえず、これからウクライナへ行かれる方は何も迷わずこのお店に足を運んでおけば大丈夫です!
リヴィウにもあります。
下手にトリップアドバイザーとかを見るのだけはやめた方がいいです。





そして最後は!

キエフのスーパーマーケットで見つけたコレ!





まさかのウクライナでさきいかを発見してしまった私達!



コロンブスがアメリカ大陸を発見した時ぐらいの感動です!



海外でさきいかなんて滅多にお目にかかれる代物ではないですからね!



高ぶる気持ちを抑えながら宿へと帰り、
早速ビールと共にこの奇跡のさきいかを口にする私達!



すると、、、




泣けるぐらいマズイ・・(T^T)




なんだこれは・・?
ゴムかな・・?



誰だこのさきいかもどきを発明した奴は?
さきいかに謝れ。
というかイカに。



という訳で、ウクライナのスーパーで売られている“一見さきいかに見える物体”は、
ただのゴムですのでどうかお気を付けくださいね。。。





今日も読んでくれてありがとうございます。

ブログランキングに参加しています!

最後に応援クリック!
押してもらえると嬉しいです(^^)
↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

現在7位!

皆様からの応援クリックが、
ブログを書くモチベーションになっています!

1日1回、上のバナーをクリックしていただくと、ポイントが入ってランキングが上がるシステムになっていますので、どうぞよろしくお願いします!!

コメントもお気軽にしていただけると嬉しいです(*^ω^*)



80円で大人の階段登れるキエフ。 - 2017.09.19 Tue

ここ最近、2週間ぐらいの間で、


ドイツ人、
アメリカ人、
スイス人から、


「日本の働き過ぎな労働環境について日本人はどう思ってるんだ?」


という質問を立て続けにされました。



スイス人に至ってはつい最近日本に旅行に行ったそうで、
疲れた顔して電車に乗ってるサラリーマンの写真を沢山見せてくれ、


「This is Japan」


と言っていました。



いやいや・・
その全てが日本ではないんですけど・・。
外国人から見る日本の印象って一体・・。



でも、旅に出るまでは外国って不思議な事がいっぱい!って思ってましたが、



外に出てみると、いい部分も悪い部分もひっくるめて実は一番不思議な国って日本かもしれない・・って思うようになりました。



日本にいた時には、思ってもみなかったのにな。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村







さてさて今日は、
ウクライナの首都【キエフ】の観光名所を、


これでもか!!ってぐらいに歩き、
そして回ってみたいと思います。

あとたまに飛んだりも・・って、もういいか。




さすが首都というだけあって、
とても都会なキエフの街並み。





この世にZARAがない国はあるんだろうか?ってぐらいどこにでもいますねあなた。
世界中で愛されすぎ。




キエフ散歩はまずここから始めれば間違いないよ。

【独立広場】



キエフの見所は大体この周辺に固まっていますからね!

ザ・拠点!



こういう街の名前に扮したモニュメント!



私好きなんです(´ー`)



これの前で写真を撮ったら、

「この街に来たぜー!!」

って感じがしてテンション上がりませんか??



なので各街で見つける度に写真を撮りたくなるんですが、
相方さん的には結構どうでもいいみたいで、私が写真を撮りたがるといつも面倒くさそうにされます・・。



女子はこういうの絶対好きなはずー( ー̀εー́ )



こういう広場的な所には必ずと言っていい程いる胡散臭い着ぐるみを着た人達。



あなた達にはそろそろ「もういいよ。」と言ってあげたい。





続いては、独立広場から10分程歩いた所にある、

【聖ソフィア大聖堂】



・入場料一人20フリブニャ(約80円)
※展望台に登る場合は別途料金がかかります。



うぉーー!



デカーい!
ロシアっぽーい!
オモチャみたーい!





この玉ねぎ型の宮殿っぽい感じがなんともロシアっぽいですね!

え?ロシアですか?
ないです、行ったこと。



ズバリ、キエフの目玉的存在のこちらの大聖堂!



キエフ最古で最も名だたる大聖堂であるこちらの聖ソフィア大聖堂は、
ウクライナで一番初めに世界遺産にも認定されたそうですよ。



中にも入れたような気がしますが、
写真は撮ってはいけなかったような気がします。
もしかすると全部気のせいかもしれません。



当然建物も凄いのですが、





どうしてもこういうのに目がいっちゃう。

誰かこの石像について詳しい人はおりませんか?





そして続いては、これまた聖ソフィア大聖堂からすぐ近くにある、

【聖ミハイール黄金ドーム修道院】



・入場料無料






これまた鮮やかな青と金色のドームが美しい修道院。


あのですね、キエフの大聖堂とか修道院とか、巨大過ぎて写真に収まりきらない~ヽ(´Д`;)ノ


個人的にはこっちの方が聖ソフィア大聖堂よりも“ソフィアっぽいな”と感じました。
うん、そんなこと言われても・・。



リヴィウにいた時から思っていたんですが、ウクライナの人って結構厳格なキリスト教徒の人が多いのか、
バスに乗ってる途中に窓から教会が見えただけでも顔の前で十字架を作るジェスチャーをする人が多いんです。



こういう立派な教会に入る時でも女の人はみんなきちんとスカーフを被り、
何度もお辞儀をしたり祈りを捧げていたりとか。



異教徒の私が軽々しく立ち入ってもいいのか戸惑うぐらい教会の中は凄く神聖な空気が流れています。



今まで世界中でキリスト教の教会に何度も足を運んだ私達ですが、
やっぱり国によっても宗派によっても、
その教会によって全然違う空気を感じれるのが面白いですね。





続きまして、ここは他とは少し離れた場所にある、

【キエフ・ペチェールシク大修道院】



・入場料25フリブニャ(約100円)


ここも聖ソフィア大聖堂と一緒に世界遺産に認定されている修道院。



おわっ!




わわわわ!

めっちゃ綺麗ここー!!


うん!今まで見た中で一番装飾も美しくて繊細な感じで、私的には一番好きです!!


イメージ的にはマリーアントワネット系。



しかもこの修道院から見渡す景色がまた綺麗。



ここは他の観光地からはまぁまぁ離れてはいますが、是非とも訪れてほしい私のオススメスポットなのでぜひ!





と、ここまでは主に“教会系”ばかり行ってまいりましたが、他にもこんなのもあります。

【黄金の門】



何そのポーズ?怖っ。



古代キエフの街の境界線上にあったらしいこちらの黄金の門。
つまりここが昔、キエフの入り口だったそうですよ。



ただ、形が複雑過ぎて何処が門なのかいまいち分かりづらい・・。
別に黄金でもないし。



私はここだと思うのですが、




相方さんはここだと言い張ります。



正解は今も謎に包まれたままなのですが、
正直どっちでもいいですね(´ー`)雑




そして最後は、

【キエフオペラ座】



リヴィウでは起きとける自信がないと、
一度は諦めたオペラだったのですが、


実は聖ソフィア大聖堂に行った時に一人の日本人のおじさんと出会いまして、


その方から、


「今からオペラ座にオペラを観に行くんですよ。今までオペラなんて観に行ったことはなかったんですが、ここではチケットが一番安い席で20フリブニャ(約80円)で買えましたのでね。せっかくだから観てみようかなと思いまして。」


という話を伺った私達。



オペラが80円で観れるだと!?( ゚д゚)



しかもなんなら今日が、有名なオペラ歌手の方の最終公演の日なんだとか!



同じく今までの人生でオペラなど一度も観たことのなかった私達。



でも80円なら人生経験の一つとして観ておくには絶好すぎる値段かも!



って事で、



俄然オペラが観たくなった私達!!



オペラ~♪
オペラ~♪
ついに私もオペラデビュ~♪
大人の階段の~ぼる~♪



とルンルンで気付いたらオペラ座の前に来ていた私達。



そしていざチケット売り場へと向かうと、、、





『本日のチケットは売り切れました。』




・・・。



ですよね~(σ ´∀`)σ



ま、元々完全に起きとける自信なんてなかったしな。
私ら絶対オペラとか好きちゃうしな。



よし、帰ろうぜ~。






今日も読んでくれてありがとうございます。

ブログランキングに参加しています!

最後に応援クリック!
押してもらえると嬉しいです(^^)
↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

現在7位!

皆様からの応援クリックが、
ブログを書くモチベーションになっています!

1日1回、上のバナーをクリックしていただくと、ポイントが入ってランキングが上がるシステムになっていますので、どうぞよろしくお願いします!!

コメントもお気軽にしていただけると嬉しいです(*^ω^*)



真似しちゃいけないウクライナの楽しみ方。 - 2017.09.18 Mon

ウクライナで一番行きたかった愛のトンネルのおとぎの国感に大満足した私達!



蚊に刺されまくって大変な事になっている体を掻きむしりながらも続いて向かうのは、



ウクライナの首都、

【キエフ!】





にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村







リヴネからキエフへは、
電車よりも乗り合いバンで行くのが速くて楽に行けるみたいですよ!



ウクライナ語では『Київ』と書いて『キエフ』と読むみたい。

乗り場へ行けば『Київ』と書かれたバンが沢山停まっているのですぐに見つけれると思います。



〈リヴネからキエフへの乗り合いバン乗り場はここ!〉





私達が乗ったバンがたまたま良かったのか、
バンの中は意外と綺麗で座り心地も良し!!



・リヴネ→キエフ
・PM12:00発→PM16:00着(所要約4時間)
・1人200フリブニャ(約800円)
・キエフ駅近くのバスターミナルに到着します。


〈到着場所〉






キエフに到着してまず思ったのが、、、







沢山建ち並んでいるマンションがどこもかしこもメガ過ぎる!!



これら一棟毎のマンションに、
一体何人の人が住んでいるんだろうか!?



ヨーロッパの文化を強く受けた西側のリヴィウと、
社会主義国ロシアの影響を強く受けた東側のキエフでは、同じ国とは思えない程の全然違った街並み!



沢山の人が住めるような巨大なマンションをあちこちに造り、
人々が平等に生活出来ることを目指す、

THE 社会主義!

といった感じの街並みがそこにはありました。



いやぁ~、それにしても、
こんなにも巨大なマンション今まで見たこともないな( ゚д゚)
あんなところに住めるなんてある意味羨ましい。
夜景とか凄そう~!




そんな、あちこちに建ち並ぶ巨大マンションに圧倒されながらも、予約している宿へとやってきました!


【Light Life Hostel】



・8人部屋ドミトリー一泊一人165フリブニャ(約660円)
・トイレ、シャワー共同(ホットシャワー)
・キッチンあり
・Wi-Fi◎
・ランドリーサービスあり
・近くにスーパーマーケットあり

Booking.com
で予約しました!







キエフの中心地からは少し離れていますが、バスや地下鉄で移動しやすいので特に困ることはありませんでした。

とても綺麗でキッチンも使いやすく、
居心地のいい宿でしたよ。

宿の人は英語も話せてとても親切。
これからもっともっと日本人のお客さんに来てもらいたいと言っていました。




ただここで、同時期に泊まっていた超かまってちゃんなスウェーデン人のおじさんに気に入られてしまった私・・。



やたらと口を「チュパッ!」と鳴らしながら「アメージング!」と言うのが口癖のそのおじさん。



“アフリカは日本人が移住して作り替えた方がいいと本気で思っている!”という話を長々力説されたりと、少々面倒くさくもありましたが、



なぜか前髪以外の髪の毛は全て剃っており、残った前髪をいつもちょんまげのようにして括っているという個性派ヘアースタイルなところとか、なんか憎めない可愛いおじさんでした。



キエフ滞在中だけは私の右隣には相方さんではなく、気付いたらそのおじさんがいる事の方が多かったように思います。



あのおじさん、元気かな?





さてさて、宿に到着後は早速地下鉄に乗ってお出掛けしたいと思います。



キエフの地下鉄は切符の代わりにこんなちっこいコインを渡されるので、これを改札に投入します!


どこまで乗っても4フリブニャ(約16円)。
地下鉄も破格の安さですね。



あとキエフの地下鉄は、、、



とにかく深い!!



一体どこまで行くんだろうと思ったら、、、



↑これ×3ぐらいありました!!



というのも噂によると、
キエフは地下鉄が地下シェルターの役割も担っているんだとか!!





要は、いつ敵に攻撃されてもすぐに地下に逃げ込めるように。


この造りはロシアとか北朝鮮も全く同じようになっているそうですよ。


この作戦・・
最近の物騒なニュースを観ていると、
そろそろ日本も取り入れなければならなくなってきているかもしれませんね・・。




えーっと、私達が降りなければいけない駅はと・・?



うん、全くもって読めませんね。
なんだねこの可愛らしい文字は?



ウクライナで使われているキリル文字。





もはや絵文字でしかない。


私達が普段メールとかに使ってる絵文字って、実はこのキリル文字にお世話になっていたんですね!


( ゚д゚)←こんなんとか
(´>ω∂`)←こんなんとか





ところで実は今、地下に乗って私達が向かっている場所というのは、、、


お寿司屋さん!



なんとウクライナでは今現在、
空前のお寿司ブームが巻き起こっているそうで、



美味しいお寿司がお値打ち価格で食べれるんだそうです!



「キエフに行ったら美味しいお寿司を食べに行こう!」



と、とても楽しみにしていた私達!



普段旅の事とかはほとんど調べたりしない相方さんですが、こういう事に限っては一生懸命ネットで良さげなお店をリサーチしてくれるのです。



そうして相方さんが目をつけたキエフのお寿司屋さんへといざやってきましたよ!



その名も、

【Fujiwara Yoshi】


「いらっしゃいませ~!」



わわ!着物を着たウクライナ美女が日本語で出迎えてくれましたよ!

ただどうしても、左の女性のルージュの色味が気になります。






店内には、日本のお寿司屋さんにもよくありがちな大きめの水槽。




メニューはタッチパネルで注文するというハイテクさ。



ってか、あれ・・?



私的にはもっと、チープな感じで気軽に食べれるようなお寿司屋さんをイメージしてたんですが、



ここってもしかして・・



ガチ高級店やん!!Σ(-∀-ノ)ノ


見てくださいよこの豪華な舟盛!
それはそれは美味しゅうございましたよ。



ただ・・
これプラス焼きうどんとかのサイドメニューに、
2人でビールを2、3杯頼んで・・



5300円!!



いやいやいやいや!



バカなのか私達は!?



安くて美味しいお寿司を食べれるのがウクライナのいいところだというのに、
こんな高級なお寿司を食べてどうする!?



リヴィウでもなんかよく分からん高いレストランに入っちゃったし・・



キエフでも日本よりも高いんじゃないかと思うぐらい高級なお寿司を食べてしまうという・・。



これ、完全に私達・・



ウクライナの楽しみ方間違ってる~・・(T^T)



もしも願いが叶うなら、
とりあえずウクライナの入国スタンプを押してもらうとこからやり直したいところです・・。






今日も読んでくれてありがとうございます。

ブログランキングに参加しています!

最後に応援クリック!
押してもらえると嬉しいです(^^)
↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

現在6位!

皆様からの応援クリックが、
ブログを書くモチベーションになっています!

1日1回、上のバナーをクリックしていただくと、ポイントが入ってランキングが上がるシステムになっていますので、どうぞよろしくお願いします!!

コメントもお気軽にしていただけると嬉しいです(*^ω^*)



まさにおとぎ話の世界!愛のトンネル。 - 2017.09.17 Sun

初めて私がその写真を目にした時、


"この世にこんなにもおとぎ話みたいな場所があるのか!!"


と、とても感動させられたのを覚えています。



"恋人同士が手を繋ぎながら通ると願い事が叶う"というジンクスもある、
世界で一番ロマンチックなトンネル。



その名も、


愛のトンネル♡


ついに行っちゃう!


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村







愛のトンネルがあるのは私達が今いるリヴネから20㎞程離れた、
【クレヴァン(クレーヴェン)】という小さな町。





午後になると混雑するそうなので、
愛のトンネルへは午前中に行った方がいいんだとか。


ま、そこは私達。
余裕で昼から行きましたけどね。




まずはクレヴァン行きの乗り合いバンが出ているリヴネ駅前へ!



クレヴァン行きは4番乗り場、1404番のバンです。


・所要約40分ぐらい
・14フリブニャ(約56円)。


ドライバーさんに「トンネル!トンネル!」と言ったら分かってもらえて、
降りる時も教えてくれましたよ。


というか、到着直前ぐらいになると周りの人達がソワソワしだし、
何人もの人が「ここ、ここ!」って教えてくれました。


バンを降りた後も、窓越しに愛のトンネルの方向を指さし、
「あっちよ!」というジェスチャーを送ってくれるおばちゃん。


ウクライナの人も優しい(´∀`)




そうして降り立ったクレヴァンの町はというと、、、



のどか~。
静か~。





バンを降りた場所から愛のトンネルへは1.3㎞。
ひたすら真っすぐ突き進みます。





途中たまに羊とかヤギとかが「めぇ~」と鳴きながら前を横切りますので、
こちらも「めぇ~」と返します。



はいっ!



あの踏切が見えたらあと少しですよ!
あれを越えればもうすぐです!


心なしかだんだん周りの景色もそれっぽくなってきたようなきがする!
ドキドキ・・。




そして、、、

着きました~!!



愛のトンネル入り口!


このいかにも愛に溢れた雰囲気の看板の向こうには、
いよいよあの夢にまで見た光景が広がっているのですね!



早速トンネルの中に足を踏み入れてみると、、、



入り口付近の木には、たくさんのカラフルなリボンが括り付けられていましたよ。



よく見てみると、



おそらく恋人同士でここを訪れた人達の名前が書かれていたりと、
各々の愛の願いが込められていました。


皆さん愛が止まらない様子で大変です。




そうしてその先に見えた景色はと言うと、、、




わわ!!




凄い!!




写真で見た景色と一緒!!


実際に生で見てみても衰えることのない、
おとぎの国感!!


凄ーーーい!!
これは絶景だ!!


ぐるっと緑に囲まれたトンネルが、
見渡す限りどこまでもどこまでも続いています!!


いつ妖精が現れてもなんら不思議ではない。





という訳でこうなったら、、、


心ゆくまで撮影大会ヽ(´∀`)ノ


先に言っておきます。
今回の記事、自分達の写真多め・・(照)












すみませんね。
誰も得しない私達の自己満写真を見せつけてしまって・・。


でもこの後もまだ続きますんで覚悟していてください。
どうかページはそのままで・・!!(つД`)ノ




それはそうと・・・



かゆっ!!!

実はこの愛のトンネル、
夏場が一番葉っぱも多くて幻想的な景色が見られるんですが、



その分・・


めちゃくちゃ沢山蚊がいます!!



もうそれはそれは尋常ではないぐらい!!



噂では聞いていましたが、
その想像を遥かに超えてきましたよ・・。



しかも多いだけならまだしも、
ここの蚊はデカい!!



体だけではなく、飛ぶ音も!!
あとなぜか茶色い。



油断してたら足に100匹ぐらい纏わりついてくるので、
それに気づく度ゾッとします。。。



虫よけスプレーだって何度も塗り直してるのに、
「そんなもんは効かねえよ!」とばかりにGパンの上からも容赦なく刺してくる((((;゚Д゚))))



顔面だけでも瞬時に5か所は刺されましたよ!!



悪いことは言いません。
夏に愛のトンネルに行こうと考えている方。
どんなに暑かろうが必ず長袖長ズボンを着用は必須です!!


厚手のね!!(マジで!!)



あまりに凶暴な蚊の襲撃に、
一瞬これ以上進むことを躊躇いましたが・・



頑張ってまだまだ進みます!!



一見同じような景色がずっと続くように思いますが、


意外と場所によって葉っぱの多さとか、
光の入り方によって景色が変わるのです!





この辺りのジブリ感よ!!



こんなにも幻想的で美しいトンネルが、
全長3㎞にも及ぶっていうんだから驚きです!






かゆい・・・




かゆい・・・


とてもじゃないけど長時間同じポーズはキメてられねぇぜ・・。




思ったほど人は多くなかったけど、
チラホラ地元の観光客の人達も訪れていましたよ。





完全防備でね。

うん、それ正解。




実はこの愛のトンネルには、
今でも1日3本、貨物列車が走っているそうですよ。



この狭い木々の間をスレスレで電車が走ることによって、
こんな素敵なトンネルが出来上がったんだそうです。


電車が走ってるところも見たかったけど、
私達が訪れた時間帯には残念ながら現れてはくれませんでした。


「ギャ~~!!」って叫びながら電車に追っかけられたかったです。





正直蚊の襲撃には本当に参りましたが、
それを踏まえてでも本当に来てよかった!





ただ肝心の、



恋人同士で手を繋いで歩けば願い事が叶うというジンクスについては・・・



こっ恥ずかしくて相方さんには言い出せない私なのでした・・。






今日も読んでくれてありがとうございます。

ブログランキングに参加しています!

最後に応援クリック!
押してもらえると嬉しいです(^^)
↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

現在6位!

皆様からの応援クリックが、
ブログを書くモチベーションになっています!

1日1回、上のバナーをクリックしていただくと、ポイントが入ってランキングが上がるシステムになっていますので、どうぞよろしくお願いします!!

コメントもお気軽にしていただけると嬉しいです(*^ω^*)



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

AYUKA

Author:AYUKA
8年間の美容師経験を経て、2013年4月から夢の世界一周旅へ出発!!
各国の景色、食べ物、人などなどを見て回るのはもちろん、旅中に出会った人達のヘアデザインもしていけたらなと思ってます♪♪

ランキングバナー

ブログ村ランキングに参加しています!!

1日1回コチラのバナーをクリックしていただけると嬉しいです!!

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (8)
私について (16)
準備 (22)
国内旅行 (3)
バリ島 (9)
上海(トランジット) (1)
タイ (31)
ラオス (10)
中国 (20)
東チベット (8)
バングラデシュ (12)
インド (39)
スペイン (20)
フランス (7)
アイスランド (8)
イギリス (6)
ドイツ (12)
フィリピン(語学留学) (16)
シンガポール (1)
オーストラリア(ワーホリ) (154)
西オーストラリアラウンド (33)
仕事(ファーム編) (18)
仕事(美容室編) (24)
タイ(2回目) (7)
マレーシア (5)
アルゼンチン (16)
パタゴニア (20)
チリ (20)
ボリビア (17)
パラグアイ (23)
ブラジル (14)
ペルー (24)
エクアドル (23)
コロンビア (23)
パナマ (3)
コスタリカ (12)
ニカラグア (6)
ホンジュラス・エルサルバドル (1)
グアテマラ (23)
メキシコ (24)
キューバ (16)
アメリカ (48)
オランダ (7)
ベルギー (5)
ポルトガル (2)
モロッコ (20)
イタリア (19)
バチカン市国 (1)
クロアチア (2)
ボスニア・ヘルツェゴビナ (5)
セルビア (3)
ハンガリー (4)
ルーマニア (4)
ウクライナ (11)
ポーランド (0)
イスラエル (1)
エジプト (1)

ルートマップ

今までのルート!

My Twitter

良かったらフォローして下さいね!!

リアルタイムでつぶやき中!!

ブログ村ランキング

今日は何位かな??

1位目指して頑張ります!!

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR