topimage

2017-05

モロッコがウザさを発揮してきた! - 2017.05.26 Fri

リアルタイムでは、
4年間海外にいて初めて、


バックパックを丸洗いしました。


(これは相方さんの)



とにかく・・


全身が痒いのです!!(´θ`llll)


場所も分かっています。
モロッコのとある宿です。


ダニなのか南京虫なのかは分かりませんが、私も相方さんも体中とてもじゃありませんが人様に見せれる常態じゃないぐらい赤い点々だらけ・・。


今いる場所がビーチリゾート地ではない事だけが、せめてもの救いです。


やっぱりあまりにも日当たりの良くない宿は要注意ですね。


くそっ!モロッコのとある宿め!!


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村







ブログはまだモロッコ、マラケシュ。




マラケシュで泊まった宿がとっても居心地良かったので御紹介!

※ダニに咬まれたのは決してこの宿ではありません!


【Hotel Medina】

色んな人のブログでよく見かけていたので、
割と日本人御用達の宿なんだと思いますが、
値段が安いのでそれなりの宿なんだろうなぁ~と正直あまり期待せずに行ってみた私達。


ところがどっこい!







綺麗でオシャレな内装。


宿の壁にはゼリージュがあしらわれており、『リヤド』という噴水や木々のある中庭を取り囲むようにして造られたモロッコの伝統的な邸宅をモチーフにした造りになっています。




吹き抜けの天井を眺める顔がとてもマヌケな相方さん。



そして部屋に通してもらうと更にビックリ!





え・・部屋ももの凄いオシャレ!


掃除も行き届いているし、
部屋でWi-Fiもしっかり使える!


いい意味で、予想してたのと全然違う!!((((;゚Д゚))))



これでなんとダブルルーム2人で1泊120DH!(約1200円)



なんというコストパフォーマンスの良さなんでしょう!!
3週間のモロッコ滞在の中でもここが最安でしたよ!



その上宿の人は少し日本語も話せてめちゃくちゃ親切です!!


バス停への行き方とか、美味しくて安いレストランとか、アラビア語の挨拶の仕方など、どんな事でもとても親切に教えてくれましたよ!



フナ広場やスークなど、マラケシュの見所にも徒歩ですぐ行けて立地も良好!



この周辺の宿も色々回りましたが、
ここより安い宿は見つけれなかったので、
沢山の日本人の人がブログで紹介している通り、とてもオススメの宿ですよ~!!





そうして本日も当たり前のように晩ご飯を食べにフナ広場へと繰り出す私達。



昨日も今日も、おそらく明日も明後日も10年後もやっぱり賑やかなフナ広場。



何やら釣りゲームのような事が行われている一帯を発見したので覗いてみると、、、





ペットボトルのジュース釣り!


たかがペットボトルのジュース一本ですら、普通には買わせてくれないフナ広場。


一見地味な遊びに見えて、めちゃくちゃ大盛況なところが笑えます。




フナ広場のあちこちで、蛇使いの笛の音に合わせて踊らされている蛇たち。



蛇使いか・・。

なんか分かりませんがとてもそそられる響き。

蛇使い・・。




そうして今日のフナ広場での屋台飯メニュー一品目は、

ハリラスープ!



モロッコでは定番中の定番。
日本でいう“味噌汁的存在”のスープなんだそうです!


羊肉もしくは魚でダシを取っていて、
ひよこ豆やトマト他、沢山の野菜と一緒に煮込んでいるので栄養満点!
ラマダン(断食)明けにモロッコ人が最初に口にするのがこのハリラスープなんだそうですよ。


トマトベースに色んな食材の旨味が混ざり合っていて、確かに栄養が凄そうな味わい。


値段も5DH(約50円)と安いのですが、
これにパンも付いてくるのでそれだけでなかなかの満足感を味わえましたよ。





続いては、何の変哲もない串焼き盛り合わせ!(60DH、約600円)





これまでは様々なモロッコ料理に挑戦してきた私達ですが、ここに来てついに守りに入りました。


モロッコ料理はとても美味しいんです。
美味しいんですけどそろそろね、一旦リセットしときたい頃合だったんです。
そういう時、ありますよね?


味はもちろん、
鶏肉とか野菜に塩コショウやその他のスパイスを振りかけて焼いている感じなので、
皆さんが想像する通りの味でしたよ。
一寸の狂いもなく。




あと、この時ぐらいから薄々気付き初めていたのですが、全体的に物価の安いモロッコですが、

食事はそこまで安くない気がする・・。



その分、手間とかこだわりはとても感じるので仕方ないとも思いますが。





そうしてすっかりとお腹も満たされたので、さぁ宿へ帰ろうとフナ広場の屋台街の中を通って歩き出した私達。



しかし相変わらず物凄い活気に満ち溢れているフナ広場。



あちこちから屋台の勧誘のお兄さん達から「うちで食べて行って~!」と声を掛けられます。



これが軽い声掛けぐらいならまだいいんですが、かなりしつこくてとても強引!!



私は女だからかそこまで強引にされる事はありませんでしたが、
前を歩いていた相方さんはもう大変!!ヽ(´Д`;)ノ



鞄や服を引っ張られたり、
無理矢理肩を組まれてひたすら話し掛けられたり、
店に入るまで絶対に離れないとばかりにピッタリと横に付かれたりと、



ここを歩くだけでも揉みくちゃになります!!



フナ広場に来たのは2回目ですが、
1回目の時からこの勧誘のしつこさにはかなりうんざりとしていた私達。




「ごめんね。もうお腹いっぱいやから。」

と言って断ったりもしていましたが、もちろん一人一人の勧誘の相手などしていられないので、無言で足早に通り過ぎたりもしていると、



ある一人の勧誘の若い男が、
相方さんの横にピッタリとくっつき、
かなりしつこく話しかけてきました。



「ヘイヘイ!ちょっとそこの日本人のお兄さん!


うちの店の料理は安くて美味しいよ!


ねぇちょっとだけでも食べていってよ!


ねぇねぇ、ねぇってば!!


なんで何も返事してくれないんだよ!?


今俺は君と話してるんだよ!!


ねぇ、ちょっと待ってよ!!


おいっ!おいってば!!


聞いてんのか!?このfuck you!!




プチッ・・




プチッ・・?




その瞬間、確かに聴こえました。




相方さんのキレる音が!!




「おいこらテメェ!今なんて言ったんじゃこらぁ!?」




と、日本語でキレながらその男に立ち向かって行った相方さん!!




「ちょっとちょっと・・!」

と、慌てて彼の腕を掴んで止める私。




するとすかさずその男は、

「ソーリー!ソーリー!違うんだ!君に言ったんじゃないんだよ!!」



と言い訳をしながら、慌ててその場を離れて行きました。





なるほど。
これか。




モロッコが三大うざい国の一つになった所以は。



今までモロッコのどこがうざい国なんだろう?と思っていましたが、



フナ広場の勧誘の人達だけは、
マジでうざいです!!




おそらく彼らも他の店との競争とか、
なかなかお客が掴まら無いイライラとかなんやかんでかなりピリピリしているんだと思いますが、「fuck you」は言っちゃダメですよね。



ただ観光でここを訪れているだけで、
地元の人からそんな嫌な言葉を投げ掛けられて、とても嫌な気分になりましたよ。



この一件以来私達が、

二度とフナ広場へは立ち入らなくなったのは言うまでもありません。



その他のモロッコの人達は、とても優しくてフレンドリーでいい人達ばかりなんですけどね・・。





フナ広場の前でお土産用のタジン鍋を売っていたおじさん。







このおじさん曰くこのタジン鍋・・



全然売れないそうです。



それでも笑いながら、

「安い仕事だぜ~!」

と明るく話していたのがなんだか可愛くて和みました。





フナ広場の勧誘はとてもうざいけど、
それもフナ広場の一つの見所なのかもしれないな。



ま、私達はもう行きませんけどね。。






今日も読んでくれてありがとうございます。

ブログランキングに参加しています!

最後に応援クリック!
押してもらえると嬉しいです(^^)
↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

現在16位!


皆様からの応援クリックが、
ブログを書くモチベーションになっています!

1日1回、上のバナーをクリックしていただくと、ポイントが入ってランキングが上がるシステムになっていますので、どうぞよろしくお願いします!!

コメントもお気軽にしていただけると嬉しいです(*^ω^*)



スポンサーサイト

アルガンオイルの正体?もちろん知ってます。 - 2017.05.21 Sun

リアルタイムでは、


こんな私達ですがついに、
イタリアにいます!


街並みも美しく、
ファッショナブルで、
食べ物も美味しいイタリア(´▽`)



されど・・


Wi-Fi環境がすこぶる悪い!!(´θ`llll)



まさかでした・・
イタリアのWi-Fi環境が悪いなんて・・
一体誰が想像したでしょうか・・?



ただいまイタリア3泊目なのですが、
宿でまだ1度もまともにWi-Fiが使えた試しがありません。
明日泊まる宿すらも調べられない始末。



という訳で、しばらくブログの更新も滞る可能性ですが、
Wi-Fiの調子と自分のやる気と上手く相談しながらボチボチ更新していきたいなぁと思います。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村







ブログはまだモロッコ、マラケシュ。




マラケシュの朝は、フレッシュフルーツジュースで始まります。



というのもマラケシュきってのお祭り広場であるフナ広場では、
朝から沢山のフルーツジュース屋さんが立ち並ぶのです。


その場でミキサーを回して作ってくれるフルーツジュースは朝の乾いた身体に染み渡りますよ!


特にオレンジジュースは4DH(約40円)という嬉しい安さの割に、マジでマジで美味しいので必ず毎朝飲んでください!!(マジでを2回言いたくなるぐらい)




しかしこの日私がチャレンジしたのは、
てっぱんのオレンジジュースではなく、



モロッコ名物のアボカドジュース!(10DH、約100円)



え?アボカドなんてジュースにして美味しいんかいなって思ってる人?

「はい!」(←私)



それがですねぇ、
残念ながら、、、



美味しいんです!!



私が飲んだやつは、アボカドだけではなく勝手にオレンジジュースも混ぜられていたので、アボカドの濃厚さだけではなくそこにオレンジのスッキリさもプラスされて、とても飲みやすくて美味しかったですよ!


お試しあれあれ(´▽`)






そうしてアボカドジュース片手に、
フナ広場から歩いてすぐの所にある、

【クトゥビーヤ・モスク】にやって来ましたよ。



マラケシュで一番大きなモスクなんだそうですが、
イスラム教徒以外は中には入れないみたいなので仕方なく周囲だけぐるりと一周回ってそれなりの気分を味わいました。



モスクの周りには怪しげな、、、



ネズミ男が佇んでいました。


これはモロッコの伝統衣装で『ジェラバ』というそうです。


モロッコの街中では男女問わずこのジェラバを身に纏っている人を沢山見掛けるのですが、
やはりゲゲゲの鬼太郎を観て育ってきている日本人としては、ジェラバのネズミ男感をスルーする訳にはいきませんよね。


水木しげる先生!
リアルネズミ男はモロッコにいましたよ!





モロッコに来る前から私がモロッコに抱いていたイメージと言えば、


『お土産天国!!』


って事で楽しみにしていたマラケシュのスーク(市場)にもやって来ましたよ!





すると想像通り、、、



スークの中に一歩足を踏み入れれば、
所狭しと沢山のお土産屋さんが立ち並んでいます!!





真鍮でできたベルベルブレスレット。





タッセルとボンボリが可愛いポーチ。







モロッコに来たらなぜか無性に欲しくなるタジン鍋。

無駄にこれで煮込みたい。





ランプ。





これは何だろう?とよ~く見てみると、、、




ティースプーンでした!
ディスプレイの仕方がセンスありです。





ゼリージュのタイル。
私はやっぱりタイルが好き♡





革製品も有名なモロッコ。
渋い革のバッグも沢山売られていました。





最近よく聞くアルガンオイル。
モロッコはアルガンオイルの名産地でもあるんですよ。


ところでアルガンって・・
一体なんぞや・・?
よく聞くけど・・。
今更聞けやしない・・。



というそこのあなた!



アルガンとはズバリ、



こんなアーモンドみたいな実の事ですよ!


知ってました?
私は知りませんでしたよ。えぇ。


このアルガンオイルを体中好きな所に塗れば、その部分はとてもしっとりいい感じになるそうです!(ざっくり)


ちなみにたまたまこの時私達が使っていたシャンプーが、アルガンオイル配合を売りにしているアメリカで買ったシャンプーだったのですが、
洗い上がりがしっとりしていい感じだったのでとても気に入っていたんです。


なのでそれ以来、アルガンオイルへは絶大なる信頼を寄せていた私達。


モロッコではアルガンオイル配合のシャンプーもとても安くで買えるので、再びアルガンと名のつくシャンプーをモロッコで買い直した事は言うまでもありません。

アルガンシャンプー、マジでオススメ!





そんな数あるモロッコ土産の中でも、
やっぱり一番興味をそそられたのは、、、






モロッコ絨毯!


モロッコの絨毯は繊細な刺繍が施されていますがそこまで色合いも派手すぎず、
日本の家でも違和感なく使えそうな可愛い物が多いんです!!


私達のお友達ブロガー旅人『朝陽と夕陽』ご夫妻は、モロッコで絨毯に10万円も費やしたんだとか!


でもその気持ちも分かる~!!ってぐらい可愛い物がいっぱいある・・(´ー`)


そのつもりで来ている人であれば絨毯選びだけで1日楽しめそうな勢いですね。




ってか、スークの中をさ迷っていたはずが、いつの間にかメディナの中に迷い込んでいました。





一体どこからどこまでがスークで、
どこからどこまでがメディナなのか、
もはや自分達がどっちから来たのかすらも分からない。



モロッコの迷宮都市はフェズだと聞いていましたが、私にとってはマラケシュのメディナも充分過ぎるぐらいの迷宮都市。




そして2歩歩けば店先のモロッコ人から、

「ジャパーン!」

「コンニチワ~!」

「アリガトウ~!」

と知っている日本語を披露するかのようにひっきりなしに話し掛けられます。



中には、


「ナカタタナカ!」


と全く意味のない言葉を投げかけてくる人もいるかと思えば、


「アシタハアシタノ~?」


と、なんだか心に訴え掛けてくるような、深みのある言葉を突然投げ掛けてくる人までいます!



明日は明日の・・

風が吹く・・

か・・(´ー`)






それにしてもマラケシュでもやっぱり、
猫率が高いですね。





モロッコ人と同じくらい、そこら中に沢山いる猫達。


南米では野良犬を沢山見かけましたが、
こんなにも野良猫が沢山いる国は初めて見ました!


人と猫が完全に共存している感じ。


猫好きの私からしたらなかなかの天国だ♡



でもモロッコの猫は日本の猫とはちょっと違って、顔がシュッとしていて目がキリッとしている印象。(日本の猫の方が丸顔で可愛い)



ただこちらの店先にいた猫だけは、、、





美しすぎ!!


こんなにも美しき猫を見たことがないんですけど!!


まさかのマラケシュのメディナで、
猫界のエマワトソンと出逢うことが出きました。




はぁ~・・
マラケシュのスークとメディナを歩き回るだけで、一マラソン終えたぐらい疲れますね。



そんな後に飲むモロッコ名物のミントンティー。


疲れた体に甘さとミントの爽やかさが染み渡り、とても美味しゅうございます。







今日も読んでくれてありがとうございます。

ブログランキングに参加しています!

最後に応援クリック!
押してもらえると嬉しいです(^^)
↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

現在9位!

皆様からの応援クリックが、
ブログを書くモチベーションになっています!

1日1回、上のバナーをクリックしていただくと、ポイントが入ってランキングが上がるシステムになっていますので、どうぞよろしくお願いします!!

コメントもお気軽にしていただけると嬉しいです(*^ω^*)



これで私も一人前?inマラケシュ - 2017.05.17 Wed

ハッサン2世モスク以外に見所は皆無と言っても過言ではないぐらい何もなかったカサブランカに、


謎に3泊もした私達。


新しい国に来た時って、
浮かれて色んな所を歩き回ったりしがちですが、


その3日間、タジン鍋食べる以外はほぼ宿に引きこもっていました。


お陰様で、ハードだったヨーロッパ旅の疲れがようやく綺麗さっぱり吹き飛んでくれましたよ!


もう近頃1日ぐっすり寝た如きではなかなか疲れも取れてくれない私達。




という訳で続いては、

モロッコで一番弾けてるイメージのあの街、



マラケシュへと向かいます!!


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村








カサブランカからマラケシュへはバスで約3時間半ぐらい。(と聞いていたのですが私達の時は道が混んでて5時間ぐらい掛かりました。)



・CTMバス社
・カサブランカ12:00発→マラケシュ17:00着
・75DH(約750円)+荷物代5DH(約50円)




とても綺麗に舗装されている道路を、
ひたすら真っ直ぐ走っていくという感じだったのですが、



その周りを取り囲む景色がとても素敵でしたよ。





広大な自然の中に、ポツポツと建っている日干しレンガの家々。


暑い乾燥地帯の国ではよく見られる光景なのかもしれませんが、
そんな風景に馴染みのない私からしたら、
もはや立派な遺跡か何かのように見えてしまいます。
かっけ~!!




そうして外の景色に夢中になっているうちに、(嘘です。2時間強寝てました。)
気付いたらバスはマラケシュの街中へと差し掛かっていました。



おそらくまずはマラケシュの高級住宅街のような所の横を通り掛かったのですが、





マラケシュの豪邸はやはり、
日本の豪邸とは一味違う。



もはや宮殿。


アラジンみたいな人が住んでないと辻褄合いませんよ。




そんなマラケシュの街並はというと、、、



建ち並ぶ家々もピンク!

高級住宅街もピンク!

走っている市バスもピンク!




見渡す限り全ての物がピンク色という、

とんだピンクシティーでした!




前にインドの『ジャイプル』という、
ピンクシティーを売りにしている町に行った事がありますが、
そこよりもマラケシュの方が断然ピンクシティーだと感じました。


この勝負、マラケシュの勝ち~!





そうして早速行ってきましたよ!!
マラケシュと言えば!の、


フナ広場!!



まだ私が旅に出る前に、
色んな先輩旅ブロガーの方々のブログを読み漁る度に、タイのカオサンロードぐらいよく目にしていた印象のワードがこの、

『マラケシュ』『フナ広場』



なのでバックパッカーたるものは、
必然的にこの『マラケシュ』と『フナ広場』という地には足を運んで当然みたいな所なんだと、勝手に思い込んでいたように思います。



そんな世界遺産にも登録されているマラケシュのフナ広場では夜になると沢山の屋台が出店され、
毎日がお祭り騒ぎのようなとても活気に満ち溢れた場所なのです!




まず私達がやって来た屋台はこちら!



この絵、なんの絵だか分かりますか?



そうです!

なんとなんとの、、、





エスカルゴ!!(10DH、約100円)


どうやらモロッコでは、エスカルゴがなかなか有名な食べ物なんだそうですよ!!


って、あたし・・
今までの人生でエスカルゴなんて食べたことあったかしr・・


キャーーーーー!!



よく見るとなかなかのしっかりとしたカタツムリ感・・。


あまり深く生きてた時のことなどを考え過ぎたらダメなやつ・・


しかし勇気を振り絞り・・
爪楊枝で中身をほじくり出していただいてみると・・



う、うん!

美味しい!(思ってたよりは!)


まぁまた食べようとは特に思いませんが、
何と言うか、良い経験にはなりました!(;´∀`)


でもこのエスカルゴ、地元の人達からもとても人気のようで(特に女の人)、みんなカタツムリのダシがよく出た汁まで残さず綺麗に飲んでいましたよ。
なんなら汁だけお代わりまでする始末。


早く私も、エスカルゴを美味しくいただけるような大人の女へと成長したいものです。





そうして続いてやって来たのは、
マラケシュの郷土料理、タンジーヤの屋台です。(20DH、約200円)





牛肉とレモンを一緒にじっくりと煮込んでいるので、お肉がトロトロでめちゃくちゃ柔らかい!



ただ、私達が食べたお店は脂身が多くてちょっとだけしつこかったかな・・。



実はこの時のマラケシュでは大雨が降っていて、食べ終わった後も屋台から出れずに身動きが取れなかった私達。



そしたらここの屋台のおじさんが、
雨宿りをしている私達にサービスで追加のタンジーヤを出してくれました!


えっ・・ちょっと脂身が・・とは思いつつも、その気持ちがとても嬉しかったです(´▽`)


やっぱりモロッコ人・・ウザイどころかサービス精神が旺盛で優しい人が多いとしか思えない・・。

情報社会の波に踊らされてはいけませんね。





そうして本日最後にやって来た屋台は、

シーフードフライの屋台!





ここの屋台がもうめちゃくちゃ美味しかった!!


シーフードそのものが美味しいのはもちろんなんですが、備え付けのトマトとナスをすり潰して作ったソースを付けて食べると更に美味しいです!


自信があるのか、呼び込み勧誘地獄のフナ広場の屋台の中でも、ここの屋台だけは一切呼び込みをしている様子もありませんでしたよ!



ただ、途中から上の写真に写っているおじさんが、隣の屋台の男性とかなりのガチの喧嘩を始めたお陰で、一時辺り一帯騒然となりました。



なんかね、この先のモロッコ旅でも思いましたが、

モロッコの人はよく喧嘩をします。



言いたい事ははっきりと言い合って、
思いっきり喧嘩をしてスッキリとして、
次の日には仲良くなっているという文化なんだそうですよ。



後々モロッコに住んでいる日本人の方から、「日本人ほど人前で喧嘩を見せない人種はいない」という話も伺いました。



確かに日本人は「喧嘩すること=みっともないこと」みたいに思っている節があるように思いますが、
心にわだかまりを持ち続ける事って気持ちがスッキリしなくて疲れますもんね。



喧嘩を見せる文化の国モロッコ。


ふむふむ、なるほど。
面白いですね(´▽`)





そうしてフナ広場の屋台飯を思う存分満喫した後は、

世界遺産のフナ広場を、
上からも眺めたいと思います!






フナ広場の周りには屋上テラスのあるカフェがいくつかあるので、
コーラ一本20DH(約200円)というなかなかボッタ〇リな料金設定さえ目をつぶれば、、、

とても活気溢れるフナ広場の光景を眺める事ができますよ!











上から見てもエネルギーが凄い!!



いやぁ~いいですねこの弾けた雰囲気!



この景色を眺めたら、
あの頃人のブログを読みながら憧れ続けていた場所に、ついに自分もやっ来たんだなと、
なんだか感慨深い物がありましたよ。



これで私もまた一つ、
バックパッカーのレベルがアップしたとかしてないとか。







今日も読んでくれてありがとうございます。

ブログランキングに参加しています!

最後に応援クリック!
押してもらえると嬉しいです(^^)
↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

現在8位!

皆様からの応援クリックが、
ブログを書くモチベーションになっています!

1日1回、上のバナーをクリックしていただくと、ポイントが入ってランキングが上がるシステムになっていますので、どうぞよろしくお願いします!!

コメントもお気軽にしていただけると嬉しいです(*^ω^*)



モロッコが全くもってウザくない。 - 2017.05.16 Tue

平日の昼間からずーっとカフェでティーを飲みながらまったりしているモロッコ人達。



そして全員が全員、決まって椅子の向きは通行人側。


人間観察に勤しみながらティーを飲むのが好きな国民性なのかしら?


そんなことよりも、仕事に勤しまなくて大丈夫なのかが気になります。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村







朝、宿の近くのパン屋さんで朝食にパンを買って、あとはどこかのカフェでコーヒーをテイクアウト出来たら完璧だなと言いながら相方さんと歩いていました。



沢山のカフェが建ち並んでいるカサブランカの街。



しかしどうやらモロッコの人って、カフェでコーヒーやティーを飲むのが一般的みたいで、なかなかテイクアウト出来るお店なんて見当たりません。



「え~・・せっかく美味しそうなパンを買ったから、美味しいコーヒーと一緒に食べたかったなぁ~・・(´・_・`)」



そんな事を言いながら、ダメ元で一軒のカフェの店員さんに、コーヒーをテイクアウト出来ないか尋ねてみました。



するとその店員さんは私達が手に持っているパンを見るなり、



「君達そのパンをコーヒーと一緒にここで食べて行っても構わないよ。」



と言ってくれました!



「えっ!いいの?!」



日本で持ち込みOKなカフェなんてまずあり得ないので、まさかそんな事が許されるなんて夢にも思っていなかったのでビックリしました!



しかもその店員さんは私達が持っていたパンを、2人で半分こしやすい様に全て切り分けてくれ、綺麗にお皿に盛り付けて持ってきてくれました!!



凄い!!
頼んだ訳でもないのになんと気の利いた素晴らしいサービス!!




こんなちょっとした事ですが、
思いも寄らないおもてなしに感動する私と相方さん。



もちろん追加でお金を徴収される訳でもなく、コーヒーも美味しくて大満足!!



朝からとてもいい気分にさせてもらえました(*^^*)



なので進んでチップも払わせてもらいましたよ!
海外でこんなにも自らチップを払いたい!って思う事もなかなかなかったように思います。





って、あれ?

今のところ、モロッコが全然ウザくない・・(・∀・)





そう。

モロッコと言えば、インド、エジプトと並んで旅人達から、、、



『三大ウザい国』



の1つという不名誉な異名を持つ国として有名です。



なので来る前から多少覚悟を決めてやっ来たつもりだったのですが・・
むしろサービス精神旺盛で、
とても好印象でしかないんですけども?



でもまぁこれからどうなるか分からないな・・。




そんな事を思いながらも、
続いてカサブランカのメディナ(旧市街)の中を歩いてみた私達。







モロッコのメディナは細い路地の中に沢山のお土産屋さんが建ち並んでいるので、
きっとここではしつこい客引きの勧誘がウザいはz・・・



「ハロー!ジャパニーズ!」

「コンニチワー!!」

「ウェルカムトゥーモロッコ!!」

「ヨウコソ~!タノシンデネェ~!」




って、、、



全くもって勧誘してこない!!((((;゚Д゚))))



むしろ陽気に笑顔で声を掛けてきてくれて、ウザいどころか、、、



嬉しい・・(T^T)



何この国!!
めっちゃいい国やん!!

誰だ!?
モロッコがウザイ国とか言ったのは!?



ちなみに前を歩いていた相方さんは気付いてないと思いますが、女の私は何人ものモロッコ人男性から通りすがりにウィンクを飛ばされましたよ(・ω<)-☆



そのウィンクには一体なんの意味が込められているのか・・?
どきまぎする私なのでした。





そうしてメディナの中を通り抜け、
私達がたどり着いた本日1番の目的地は、、、


【ハッサン2世モスク】



モロッコ国内で最大級のモスクであり、
カサブランカ唯一の見所と言っても過言ではありません!



そう・・実はほとんど見所のないカサブランカ・・。
これさえ見とけばカサブランカ観光は完了です。




しかしここ3年ぐらいほとんどずーっとキリスト教の国にいた私達としては、
この久しぶりに見るイスラム建築の感じが、、、






とても新鮮!!



さすがモロッコ最大級のモスクと言うだけあって、

めちゃくちゃかっこいいです!!





そして美しい!!




このミナレットは高さ200mもあるんだそうですよ。


8年間もの歳月を費やして完成されたというこのモスク。


2015年にはミッション・インポッシブルの映画のロケ地としても使われたそうですよ。



やっぱりイスラム建築はこの幾何学模様が美しいですよね。





モロッコで用いられる幾何学模様の技法を『ゼリージュ』というそうです。



天井のゼリージュも細かくて素敵!







そしてやっぱりイスラム建築には、
イスラム女性の綺麗なスカーフ姿がよくお似合い。






実は私、今まであまり公にはしていませんでしたが、、、



イスラム建築がとても好きです!!



キリスト教の教会も綺麗ですが、
イスラム教のモスクの方が断然好き♡



あと、無宗教の私からしたら、
豚肉が食べれなかったりラマダンしたり、
自分とは全く違う思想や風習を持っているイスラム教という宗教自体もとても興味深い物がありますね。



かと言って旅に出る前に、一時期ひたすら宗教の本ばかり読んでいた時期があって、
その時は周りからかなりヤバイ奴みたいな目で見られたので、



人前での宗教本の読み漁りだけは要注意ですよ。





って事で、本日のタジン鍋~♪(←急に)



今日はチキンタジン(40DH、約400円)にしてみたのですが、


チキンと一緒にプルーンが煮込まれていました!



煮込みプルーンなんてどない!?Σ(・ω・ノ)ノ
って初めは思ったのですが、これが意外といけました!
これぞなかなか日本では体験することはないであろう組み合わせ。
世界は私に新しい扉を開いてくれます。




そして相方さんはと言うと、



すでにタジン鍋以外を注文してる辺り、
早くもタジンと距離を置き始めています。


もう?



とりあえず昨日はメニューに書いてある物も全く何が何だか分からなかったのですが、



『poulet』がチキンである事だけは学べました。


これだけでも大きく一歩前進です!








今日も読んでくれてありがとうございます。

ブログランキングに参加しています!

最後に応援クリック!
押してもらえると嬉しいです(^^)
↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

現在7位!

皆様からの応援クリックが、
ブログを書くモチベーションになっています!

1日1回、上のバナーをクリックしていただくと、ポイントが入ってランキングが上がるシステムになっていますので、どうぞよろしくお願いします!!

コメントもお気軽にしていただけると嬉しいです(*^ω^*)



初めましてアフリカ大陸! - 2017.05.14 Sun

空港の硬くて冷たい床の上で目が覚めました。



大きなガラス窓から外を眺めてみると、
渋めのオレンジ色をした大きな朝日が、
薄い雲如きでは隠せないよと言わんばかりにゆっくりと力強く顔を覗かせていました。



太陽からしてもうヨーロッパの雰囲気とは全然違う。


ただの私の偏見ですが、
先進国ではあそこまで何かを訴えかけてくるような物々しい太陽を見る事は出来ないよ。


ついにやって来ました。


私達にとっては初めての、


アフリカ大陸上陸!!


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村







昨日の夜の11時半ぐらいにリスボンから、
モロッコの【カサブランカ】へと到着した私達。



さすがに初めてのアフリカ大陸で、
早速夜中に宿探しに繰り出す勇気はないので、そのまま朝まで空港泊をしていました。



カサブランカのムハンマド5世国際空港。



ネーミングが気にならずにはいられませんが、意外とWi-Fiも飛んでたし、私達以外にも空港泊をしている人は結構いましたよ。




とりあえず歯を磨いて、
空港のカフェでコーヒーを飲んでから街中へ向かおうということになり、適当なカフェに入ってみると、、、



さすがイスラム教の国モロッコ。



空港のカフェで普通にビールが販売されていました。



って、おいっ!



早速緩いな。



まぁ空港はイスラム教以外の人も沢山訪れる場所ですからね。。。





ムハンマド5世国際空港からカサブランカ市内へは電車で行けると事前にネットで調べていたので、早速空港と直結している電車の駅へ向かいます。




すると、ザッと見渡しても一台しかない券売機の横で、いかにも私は駅の関係者だよと言わんばかりのプラカードを首からぶら下げた男性がしっかりとスタンバッていました。




男性「ハーイ!君達どこまで行きたいんだい?」

相方「えっと、casa-port駅まで」

男性「casa-port駅だね。じゃ~まずはここを押してそれから駅名を入力して、、、」





と、とても親切に(?)私達の代わりに券売機を操作して切符を購入してくれるその男性。



正直・・切符ぐらい自分達で買えるけどな・・とは思いつつも、されるがままにその男性に任せてみる事にしました。



男性「じゃ~1人43ディルハムなんで2人で86ディルハム(約860円)だよ」



なので100ディルハム札を手渡しそれを券売機に投入すると、
お釣りからしれっと2デイルハム(約20円)を抜いて残りを返されました。



そして、

「OK!これでパーフェクトだ!」

と言って優しい笑顔で出てきた切符を手渡してくるその男性。



なので普通に、

「サンキュー!」

と言ってそのままホームへと向かった私達。




まぁそんな事だろうとは初めから思ってたし、果たしてあの男性が本当に駅の人なのかどうかも怪しいところですが、
20円ぐらいで彼にちょっとの幸せが訪れるのなら安いものです。




ほとんど人気のない朝の空港駅のホーム。





壁に飾られたタイルが早速モロッコっぽいです。





ムハンマド5世国際空港からcasa-port駅への電車は1時間に一本、
8:00発、9:00発、10:00発、、、と、キリのいい時間帯に来るようでした。



そうして意外と時間通りピッタリにやって来た電車。





中も綺麗で意外と新しい。




乗車している人を見渡しても、
ほとんどかアラブ系の人達で、たまに白人っぽい人も乗っている。



正直、

アフリカに来たという気が全くしない。


どちらかというとモロッコはアラブ系の文化が色濃い国のようで、私達がイメージする“the アフリカ”という雰囲気とはまた全然違うようですね。




車窓から見渡すカサブランカの風景は、



窓が汚すぎて何一つ分かりませんでした。




そうして空港から大体40分ぐらい(?)でcasa-port駅へと到着。



えっ!



スタバあるんやモロッコ!(←失礼)



駅自体も綺麗で思ってた以上に近代的な造りでビックリしました。



それもそのはず。
カサブランカはモロッコ内だけではなく、
北アフリカ諸国の中でも最大の経済都市なんだそうですよ!



おそらく今回私達が訪れるモロッコの街の中でも一番都会なのかなと思われます。




そうして今回やって来たカサブランカの宿は、

【Hotel Touring】



・ダブルルーム一泊190ディルハム(約1900円)
・トイレ、シャワー共同(ホットシャワー熱々)
・wifi部屋でもサクサク
(※事前情報では部屋では使えないと書いていましたが、私達の時はサクサクでした)
・casa-port駅から徒歩10分
・宿の周りにレストランやカフェ多数あり
・清潔
・トイレットペーパーなし






モロッコの宿はイスラム教の人がお祈り前に手を洗ったりするからか、部屋に洗面台がある宿が多かったのが嬉しかったです。


ここは部屋にベランダも付いていたので洗濯物も干せるのも良かった。



ベランダからの景色。




やっぱりモロッコ一の都会と言っても、
道はボコボコやし、ゴミはいっぱい落ちてるし、夜になるとGはいるし、野良猫もいっぱいいるし、道を歩いてるとたまに変な臭いはするし、



アメリカとヨーロッパの後に来ると色々と「おぉ....」って思う事はありますね。



久しぶりやな。こういう感じ。



とりあえず宿にチェックインした後は、
ここ数日のハード過ぎたスケジュールの疲れが溜まっていたようで、私も相方さんも泥のように眠りました。




そうしてモロッコ初日は夜に、
念願のアレだけ食べに行きましたよ!



そう!モロッコの国民食、

タジン鍋!



牛肉のタジン。(35ディルハム、約350円)




とりあえずまず、、、

メニューがフランス語で書かれていて全く分からない!



あと店員さんも、

フランス語(もしくはアラビア語?)しか話せなくて全く分からない!



久しぶりに体感しました!
この全く言葉が通じない感じ!



てっきりモロッコって、観光大国なので割と誰でも英語が話せるのかと勝手に思っていたんですが、そうではなかったんですね!!



これはマズイ・・
頑張ってちょっとはフランス語を勉強しなくては・・。



でも一生懸命ジェスチャーを交えながら説明してくれたり、実際の食材を見せてくれたりと、めちゃくちゃ親切に伝えようとしてくれたので嬉しかったです。




そして肝心の初タジンの感想は、

肉が柔らかくてめっちゃ美味しかった!


煮込み料理って、どことなく日本の家庭料理を思わす感じでなんだか懐かしい気持ちになりましたよ。



これにサラダとパンはほとんど必ず付いてくるみたいでお腹いっぱいになれます。



タジン鍋にもまだまだ色んな種類があるみたいなので、これからのモロッコ旅で色んなタジンを試していきたいなぁ~♪







今日も読んでくれてありがとうございます。

ブログランキングに参加しています!

最後に応援クリック!
押してもらえると嬉しいです(^^)
↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

現在7位!

皆様からの応援クリックが、
ブログを書くモチベーションになっています!

1日1回、上のバナーをクリックしていただくと、ポイントが入ってランキングが上がるシステムになっていますので、どうぞよろしくお願いします!!

コメントもお気軽にしていただけると嬉しいです(*^ω^*)



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

AYUKA

Author:AYUKA
8年間の美容師経験を経て、2013年4月から夢の世界一周旅へ出発!!
各国の景色、食べ物、人などなどを見て回るのはもちろん、旅中に出会った人達のヘアデザインもしていけたらなと思ってます♪♪

ランキングバナー

ブログ村ランキングに参加しています!!

1日1回コチラのバナーをクリックしていただけると嬉しいです!!

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (7)
私について (16)
準備 (22)
国内旅行 (3)
バリ島 (9)
上海(トランジット) (1)
タイ (31)
ラオス (10)
中国 (20)
東チベット (8)
バングラデシュ (12)
インド (39)
スペイン (20)
フランス (7)
アイスランド (8)
イギリス (6)
ドイツ (12)
フィリピン(語学留学) (16)
シンガポール (1)
オーストラリア(ワーホリ) (154)
西オーストラリアラウンド (33)
仕事(ファーム編) (18)
仕事(美容室編) (24)
タイ(2回目) (7)
マレーシア (5)
アルゼンチン (16)
パタゴニア (20)
チリ (20)
ボリビア (17)
パラグアイ (23)
ブラジル (14)
ペルー (24)
エクアドル (23)
コロンビア (23)
パナマ (3)
コスタリカ (12)
ニカラグア (6)
ホンジュラス・エルサルバドル (1)
グアテマラ (23)
メキシコ (24)
キューバ (16)
アメリカ (48)
オランダ (7)
ベルギー (5)
ポルトガル (2)
モロッコ (5)

ルートマップ

今までのルート!

My Twitter

良かったらフォローして下さいね!!

リアルタイムでつぶやき中!!

ブログ村ランキング

今日は何位かな??

1位目指して頑張ります!!

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR